| home | 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
水の世紀、21世紀? 民営化の選択
21世紀は水の世紀だと主張するホーム・ページ、ブログを時々拝見する。確かにそうかもしれないが、その主張の中に次の二つをキーにしているところを見受ける。
(1)発展途上国における水の民営化
(2)バーチャル・ウォータ

バーチャル・ウォータについて感じるのは、二酸化炭素の排出権につながる胡散臭さである。今日はこのことについては書かない。

さて、ここで取り上げるのは「水の民営化」。私も、こんな事があって良いのかということで、びっくりして一冊の本を買い求めた。
世界の〈水道民営化〉の実態―新たな公共水道をめざして(amazon)

この本、スーザン・ジョージ女史の前書きが記されている。たぶん、日本語版に寄せて書かれたものだと思う。内容は各国の水道に関わる人たちによって執筆されている。スーザン・ジョージの本だと思った私は、だまされた馬鹿であったが、まあ良い。

極めて真摯な内容のために、頭痛を感じた私は「水の民営化は世界で否定」されるようになったという傾向を確かめて本を閉じた。民営化を悪魔の選択と思う方は、本書を開いてみることをお勧めする。

SAPIO 7/9号 P31, 32には、水の民営化についての記述があり、「2000年からの6年間で、世界の大都市の水道民営化計画の8割が反対運動によって取り消された」とある。安心して良いのかは不明ではあるが、民営化は否定的な流れと理解してよいだろう。

もしウェブの内容が民営化で世界は闇に包まれるかのように書いてあるものを見かけたら、ちょっと古い内容であるかを検証することをお勧めする。古いか、情報操作の可能性がある。

ただし、問題はそれで解決したわけではない。巨大水道会社(ヴィヴェンディ(現ヴェオリア)、スエズ、ベクテル)が引き上げると、各都市は水不足に悩み、インフラや投資が無くて苦しんだ、とSAPIOは言う。苦しんだから民営化という悪魔の選択肢ができたのであろうが。

つまり、世銀の開発援助は途上国を支援するものではなく、先進国が利益を得るための開発プロジェクトであるとSAPIOは言う。世界は腹黒く、どうにもならない事はあるということなんだろう。ただ単に、「民営化はありえない」とコメントするだけでは何も始まらないみたい。

これに類することとして(極めて私的連想)、日本の食糧自給率。したり顔して上げなくてはならないというのはどうかなと思う。これは、井沢元彦氏の本を読んでそう思うようになった。
逆説の日本史 15 近世改革編 (15) 官僚政治と吉宗の謎 (amazon)


BlogContest3



スポンサーサイト
経済 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
負担の分配
サンデー・プロジェクトで聞いた言葉です。うろ覚えです。

日本の政治の仕事は、
高度成長期の時は、「利益の分配」だった。
高齢化時代の現在は、「負担の分配」となった。

ここから先は、私の戯言です。

「お年よりは、今まで日本の国を築くために頑張ってこられたのだから、医療でも無料で面倒を見なくてはならない」という論調が出てきましたが、美しいですね。

しかし、現在の問題は、「世代間闘争」なんです。年寄りほど、後から来る人たちに依存している。五十代も、三十代や二十代の雇用の不安定な状況の世代と比べて、安易な高給をむさぼっている。

現役世代の幸せなしに、日本の将来はないのに。一面的な見方を捨てなければならない。まして、マスコミは恣意的な状況ばかりを強調していることに気をつける必要がある。

とは言うものの、私の両親も、寝たきりの祖父の介護で相当苦労したそうです。まあ、そういう幸せそうに見えない経験も、両親の責任を果たしたという誇りになっていることは確かですけれど。簡単にはいえる問題ではありませんね。


BlogContest3



経済 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
どうも電気自動車のほうが良いらしい

BlogContest3
いきなりですが、クリックしてください。

嘘か真か、電気自動車のランニング・コストはガソリン自動車よりも安いらしい。燃料電池ではなく、リチウム電池で行ける線が出てきたらしい。・・らしいの連発ですみません。

リチウム電池というと、ソニーの電池で大量リコールが生じたもので、いわく付のものである。簡単そうに見えてもそれなりに難しいようですね。携帯電話のリチウム電気でさえ、火を噴いたなどという話も聞きます。

電気自動車にしたといっても、その電気をどう発電するかという問題はあるが、夜間発電の余剰電力利用することが出来る。もちろん、電気自動車が普及したら、余剰電力ではなくなるけれども。

しかし、石油の大切なところは、エネルギーよりも、素材としての価値である。自動車を動かすために使うのは、鯨の油を不凍液として利用しただけのアメリカの愚を、世界中が犯すことに他ならない。

電気自動車の場合、燃費だけでなく、インフラの整備にお金がかからないことが利点でもある。ただし、一番の問題はパラダイム・シフト。ルールの変更は、今まで必要だったものを、無用の長物としてしまうことである。戦国時代から平和な時代になった時に、何が起こったのだろう。棄兵である。戦争しか出来ない人々は、邪魔になる。元寇は、滅亡した宋の兵隊を捨てるために行ったという説もある。勝てばよし、負けても良しの、一石二鳥である。

つまり、裾野の広い自動車の部品産業の構造がガラッと変わる可能性がある。モーターはエンジンよりも単純である・・と思う。エンジニアの終焉で、モータリストが取って代わるか。・・モータリストは乗る人のことですけれど。。。。

この構造変化は、アナログからデジタルへの移行と同じ意味合いを持つ。つまり、経験が少なくてもできるということである。基本的な要素を買ってきて、組み立てれば良くなると言う事。もちろん、基本技術は必要ではあるが。難しいのは車体くらいではないか??それでも、エンジンの震動が極端に少なくなるわけであるし・・・。 発展途上国でも出来る可能性がある。

そして、成功体験のある会社ほど、変化が難しいということである。トヨタ、ホンダが素直に移り変わることが出来るだろうか。経営陣が決断できるかという話である。社内にも、社外にも抱えているものが大きい。そして、二十世紀の雄である、オイル・メジャーの策略もありそうである。

キーポイントは知らされてはいないが、思いのほか電気自動車は経済的だということ。今すぐではないが、そういう時代が来るという話は理解しておいたほうが良いでしょう。



アクセス解析出会い



経済 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
大丈夫か、日本経済??
日本経済、ちょっと大変な数字が数ヵ月後に表れてきます。理由は株安と円高です。

私は、経済にはとんと疎いので、そのまま信じないでください。しかし、そんな私でも、危ないと思う状況がでてきました。

株安は、金融不安、つまりサブ・プライム問題から始まっているかもしれません。中国株の下落から始まっているのかもしれません。1万8千円台であった日経平均が、1万2千円を切ってしまいました。ということは、全体の時価総額が2/3になってしまったわけです。こうなると、含み益も含み損となります。企業の決算書は、二ヶ月、三ヵ月後に出てくるでしょうけれど、含み損がバランスを悪くしているでしょう。

株を抱えている会社ってあまり無いのかな。だったら、そう問題は無いんだけれど。海の向こうでは、巨大ファンドがのた打ち回っているという話を聞きますね。サブ・プライムと株安のせいかな。シティバンクも潰れておかしくないし。

円高ですが、輸出企業には悪影響です。現在の日本は、輸出に過度に依存する大してではないので、100円台は居心地が良かったでしょうけれど、少し行き過ぎているかもしれません。繰り返しますが、昔は円高は悪だといわれましたが、今は違います。

株安の時に、円高というのは良い傾向かもしれません。円安も同時進行だと、外資の進出が気になります。日本は、外資の受け入れが過度に少なくて、機会損失をしているといわれますが、本当でしょうか。私は、やはり、国富は日本国内に蓄積したいという「古典派?」です。

さて、輸入品は安くなるのでしょうか。数ヵ月後に分かりますね。今は、円安レートで仕入れたもの場かりなので、もう少し我慢。

それから、円高というよりもドル安ですから、欧州産の品物はあまり期待できません。


BlogContest3
よろしかったら、クリックしてください。



アクセス解析出会い


経済 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。