| home | 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
橋本 紡って・・・

日本名を名乗っていますがどこの国の人なのでしょうか。
自分が思うことは他人も思うという、ブーメラン好きの、鏡を持たない国の人たちに思えます。

小説家だそうです。日本語が不自由な小説家であることはすぐにわかりますよね。「不快です。ただ、ただ、不快です。気持ち悪いよ」。外人名で書いてあれば気にしませんが。

-- (引用開始) --
橋本紡 「娘を秋葉原に連れてくと娘の脚を見てくる奴がいます。吐き気がします。6歳ですよ。ふざけんな」

僕はPCの自作をやるので、たまに秋葉原に行きます。娘さんを連れていったりもします。彼女はワンピースが好きです。細い脚が伸びています。秋葉原ではその脚を「確かめていく奴」がたくさんいます。吐き気がします。六歳ですよ。僕の娘を、そんな目で見るな。ふざけんな。
tsumugu_h 2013-08-14 14:17:07

秋葉原だけじゃなくて、あちこちで、僕の娘の脚を見ていく奴らがいる。新宿とか池袋とか。日本橋はオバサマが多いので、イクメンは褒められますが。僕の娘、六歳ですよ。背なんて一メートルちょっとしかない。やせっぽちさんなので、脚は確かにきれいです。髪は長いです。
tsumugu_h 2013-08-14 14:43:41

娘さんは無邪気に跳ねまわってるけれど、僕はそのたび、じっとしてなさいと言わなきゃいけない。
だって、娘さんが跳ねるたび、覗き込もうとする奴がいるから。
tsumugu_h 2013-08-14 14:45:31

不快です。ただ、ただ、不快です。気持ち悪いよ。そんな社会で、子育てをしたくない。
tsumugu_h 2013-08-14 14:46:21

同じようなことは、二歳になった息子にもあります。ものすごく気持ち悪いです。中央区は、それぞれの公園にシニアのおっちゃんが来てくれてるので大丈夫ですが、練馬とか柏に住んでたころは望遠レンズをつけたカメラ持ちの奴らがいました。
tsumugu_h 2013-08-14 14:50:35

僕は黙っていられない。なんでそこにいるのか。なんで望遠つけてるのか。いちいち確かめにいきました。なにしてるのって。みんな、声をかけたら逃げていく。それってありですか。僕は声をかけないほうがよかったんですか。
tsumugu_h 2013-08-14 14:52:34
-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
どさくさ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
自民党の自殺だろう
きちんとやれば、来年の参院選挙で揺り戻しも期待できたのでしょうが、もう本当にどうしようもないね。負けっぷりが悪すぎる。それなりの肩書きがあって、影響力の無い人を選んだのだろうなあ。75才か。

麻生さんだって、首班指名が終わるまで、辞任を伸ばしているんだから。さっさと辞めたがっていると思うよ。

自民“総裁”役に若林両院議員会長 首相指名で
-- (引用開始)(産経新聞2009.9.8 16:31) --
若林正俊元農水相 自民党は8日午後、党本部で開いた両院議員総会で、特別国会の首相指名選挙に元農水相で両院議員総会長の若林正俊参院議員(75)に投票することを決めた。
-- (引用終了) --

BlogContest3



どさくさ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
やっぱり絶対デカ目じゃなきゃ!!
佐々木希さんですか、とっても綺麗ですね。昨日、ネカフェで見かけた雑誌です。手に取ることは出来ませんでした。

やっぱり絶対デカ目じゃなきゃ!!

分かるような気がします。


佐々木希さん


この方じゃ駄目ですか。

沢口靖子さん



BlogContest3



どさくさ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
消費者行政構想の崩壊
内閣府特命担当大臣 (科学技術政策 食品安全) 消費者行政推進担当 野田聖子がめちゃくちゃなことをやっている。

こんにゃくゼリーを製造・販売中止に追い込んだ。記憶によると、命令は出していないから、業者が勝手に自粛したことで、国は関与していないようだ。ただし、口先介入をしている。

安全な食べ物である、こんにゃくゼリーであることは、以下を見ると分かる。
のどに詰まって死亡した件数が多い危険な食べ物ベスト10は以下の通り
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20081001_chissoku/
1位:もち(168例、「こんにゃく入りゼリー」の84倍危険)
2位:パン(90例、「こんにゃく入りゼリー」の45倍危険)
3位:ご飯(89例、「こんにゃく入りゼリー」の44.5倍危険)
4位:すし(41例、「こんにゃく入りゼリー」の20.5倍危険)
5位:あめ(28例、「こんにゃく入りゼリー」の14倍危険)
6位:だんご(23例、「こんにゃく入りゼリー」の11.5倍危険)
7位:おかゆ(22例、「こんにゃく入りゼリー」の11倍危険)
8位:流動食(21例、「こんにゃく入りゼリー」の10.5倍危険)
9位:カップ入りゼリー(11例、「こんにゃく入りゼリー」の5.5倍危険)
10位:ゼリー&しらたき(それぞれ4例、「こんにゃく入りゼリー」の2倍危険)

野田聖子は米作の禁止を提案するのだろうか。パン給食の即時中止を命令するのだろうか。

そして、消費者が一番気にしている、中国からの食品輸入禁止に踏み込まないという、政策の矛盾を説明できるのだろうか。

野田聖子は大臣を辞任すべきであるし、議員も辞めてはどうだろうか。野田聖子のために、女は政治ができないというイメージを確立してしまうのだろうか。そういえば、福島瑞穂もこんにゃくゼリーを追いこんでいたはず。

中国食品に手を出さないのならば、政府の消費者行政はまがいものである。


BlogContest3



どさくさ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
【馬鹿ネタ】邦画が元気な理由
前回、ハリウッド映画がつまらないと書きましたが、最近は邦画なんだそうですね。確かに面白いものが増えてきました、ここ十年ほどで。月並みなところをあげますと、監督ならば三谷幸喜、周防正行あたりが。監督はあまり知らないんですよ。男優で言えば、役所広司、真田広之あたりが良いですね。
あ、映画をあまり知らないことがばれてしまいましたね。そうです、映画って監督とか、シナリオとかどうでも良いんです。綺麗なお姉さんに二時間くらいお会いできれば。

産経新聞が邦画が元気な理由を分析してくれました。
映画字幕で業界が四苦八苦 若者の知的レベル低下が背景か?

早い話が、(1)字幕を読み終えるよりも、消えてしまうほうが早い、(2)知っていて当然の言葉の意味が分からない、この二点のようです。

画像を眺めながら、瞬時に字幕を読む技術を身につけてもらいたいものです、母国語なんですから。

いやー、本当にネタが尽きたというのか、文字通り「馬鹿」ですね。

BlogContest3



⇒ 続きを読む
どさくさ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。