| home | 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
イチロー、輸血までするな
イチロー、ついに3086安打はおめでとう。

その前日、張本の記録に並んだとき、輸血をして試合に臨んだという。しかし、輸血は元気増進剤ではないぞ。

献血は私の数少ない趣味である。なぜ献血を始めたかというと、かつての日本は、献血を元気増進剤のように使い、不足分を輸入に頼っていたという。そのようなために、他国の血を用いるのは言語道断である。世の中、お金で買ってよいものと、そうでないものがある。

「血の一滴」という言葉の重みを知らないのだろうか。こういうと九条教の人たちが「軍靴の音が聞こえる」なんて馬鹿を言い出すのが困るのだが。

それにしても、献血してまでも出場しなくてはならない試合なんてあるのだろうか。年間200安打の記録のためなんだろうが、相変わらずのイチローである。いろいろなところで叩かれる理由はあるのだろう。

ハッキリ言って、イチローは売春したのと同じだ。・・買春という言葉は嫌いなのです、私。

イチロー、輸血までして復活!劇的3085安打 (1/2ページ)
-- (引用開始)(サンスポ2009.4.17 05:05) --
 【シアトル(米ワシントン州)15日(日本時間16日)】胃潰瘍(かいよう)で戦列を離れていた米大リーグ、マリナーズのイチロー外野手(35)が15日、本拠地シアトルでのエンゼルス戦に「1番・右翼」で今季初出場した。輸血までして自身の“開幕”に臨んだ天才は、七回にこの日2安打目となる劇的な満塁弾で張本勲氏(68)の持つ日本プロ野球記録の3085安打に到達。16日、今度は“張本超え”を狙う。
-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
献血 | トラックバック(0) |permalink
サウジアラビア献血は満員御礼
応募者総数五千名以上、先着八百名、二日間の大イベントになったそうです。申し込んでも間に合わなかったです。応募者多数で良かったです。

ファイサル・トラッド駐日大使も「豊かな文化交流の場になった」と満足されたそうです(クリック)。私もうれしいです。

関連スレ(アクセス・カウンタが楽しいです)
サウジアラビアの献血の日
「油の一滴は血の一滴」

BlogContest3



⇒ 続きを読む
献血 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
サウジアラビアの献血の日
サウジアラビア大使館での献血ですが、どうなったのでしょうか。アクセスは落ち着いた模様。昨日調べたのがこれです。

SaudiAfter


それにしても、mixiの威力はすごかったのですね。mixiだけとは限りませんけれど。ちなみに私は、申し込みをしませんでした。いつもの所で献血します。

献血の6月14日は、地下鉄・親副都心線が開業の日です。池袋・渋谷間が地下鉄で結ばれます。明治通りの下を通ります。

BlogContest3



献血 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
献血・・数値がいいので沢山ください
本日は、ハーゲンダッツを食べに、献血に行ってまいりました。残念ながら品切れで、ドーナッツとなりました。

「数値が良いので沢山ください」と言われて、快諾する私。「年寄りでもいいの」って聞いてしまいました。どうも私は健康優良児のようです。献血はわたくしの趣味ですし、まだできることは喜びでもあります。

今日の献血は、中国から「四川大地震の被災者のために血をください」と言われた時のためにしてきました。まあ、それはないことだとは思うのですが、その時に断るのも日本の恥ですから。


妊婦は献血をできないと思うのですが、妊婦体型の方がいました。電車でうっかり席を譲ろうものならば、傷つきますね。譲った私は、人権擁護委員会から訴えられてしまいますね。

BlogContest3



献血 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
GWの献血
献血は私の趣味です。正義感とかそういうのは特にはありません。ただ、前回も書いたように、国内で賄うことが必要です。ということで、気楽に読んでやってください。

5/3-5/6は四連休。連休中は病院も連休体制となり、需要が減ります。いつもは血小板の成分献血を頼まれますが、今回は血漿(けっしょう)をよろしくと言われました。血小板は四日間有効なんだそうです。生ものです。違いのわからない私には、どちらでも言われるがままに提供するだけです。

私は、成分献血を選択しますが、なんとなく良いイメージがありますよね。でも、目的によるものなので、通常の400ccよりも大切ということではありません。私が成分を選ぶ主な理由は、次の献血までの間隔が短いからです。

GWの献血の特殊性がもう一点。ある年齢以上の方に関係します。一年以内の心電図の検査結果が必要なんです。4月に検査しましたが、結果がまだ出ていないと正直に申告しました。そうしたら、その場で心電図を取ってくれました。「心臓に毛が生えている」そうです。来年からは、ちょっとこの部分、ばっくれた申告をしてしまいそうです。そして、おいしくハーゲンダッツをいただくこととします。

今のところ、まだ私の血を受け入れてくれます。それは、ひとつの安心です。そのうちに断られる日が来るのでしょう。肩肘張らずにその日まで。

BlogContest3




献血 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。