| home | 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
日本仏教は何をしたか
胡錦濤の訪日も、四川大地震のためか、かなり忘却の彼方となりました。日本人は、聖火リレー、胡錦濤訪日の一連の行動で、何を知り、何を覚えているでしょうか。

善光寺さんは中国を受け入れませんでしたが、法隆寺と唐招提寺は胡錦濤を歓迎しました。その裏で、奈良十輪院はチベットで亡くなられた方々を思い法要を行いました。法隆寺十輪院への思いをアンケートした結果です。

お寺支持


法隆寺への不支持は83%でした。
唐招提寺は無視しました。

チベット犠牲者追悼で法要=十輪院
奈良市の真言宗寺院「十輪院」でチベット暴動の犠牲者追悼法要が10日開かれた。橋本純信住職(写真)は「チベットで住民虐殺や仏教弾圧が繰り返されたことは、同じ仏教徒として痛恨の念を禁じえない」と読み上げた 【時事通信社】

【関連スレッド】
胡錦濤訪日についての意識調査
法隆寺と善光寺さんの違い
胡錦濤訪日反対運動は国民の総意

BlogContest3



スポンサーサイト
仏教 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
法隆寺と善光寺さんの違い
まず、私の頭の中では、「善光寺」は存在せず、必ず「善光寺さん」なんです。ところが、法隆寺は法隆寺なんです。どこかで刷り込まれたんですね。

法隆寺が胡錦濤中国主席を受け入れたところで、罵倒するつもりはないが、善光寺とどう違うのだろう。胡錦濤が訪問するのは三日後だろうから、これから拒否するのは根性が要る。たぶん、受け入れることになるのだろう。「法隆寺は動かなかった」と思い続ける人たちがいるのだろうなあ。電話してみたけれど、まあ、電話応対の女性に、できれは止めていただきたいという気持ちを伝えただけ。

世間のお願いはこんなもんです。投票数が少なくてあてにはなりません。
法隆寺アンケート


しょせん、法隆寺、唐招提寺は、普通の人にとっては、修学旅行で行くお寺でしかなく、仏教の心を求めるところではないのだろう。また、私が関東人だから、法隆寺は遠い存在だということも影響しているかも。・・昔は定番だったが、今はどうなんだろう。奈良・京都は昔の話ですか。

唐招提寺に、胡錦濤が何しに行くのだろう。隋、唐、元、清は征服王朝だ。つまり、漢民族の王朝ではない。だから、唐招提寺に行くことは、故郷を訪ねることとはまったく違う。そもそも、胡錦濤が仏教に敬意を持ち合わせていないことは、チベットで立証済みなのに、なぜ寺院を訪ねるのだろう。・・なぜ受け入れるのだろう。

途中で、近所の亀山に行きたいと言い出しても、シャープが受け入れるはずもなし。

法隆寺は日本で最も有名なお寺のひとつなんですけれどね。その矜持は感じられません。

BlogContest3




仏教 | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
法隆寺、唐招提寺、お考えは変わりませんか
胡錦濤中国主席の件ですが、訪日は避けられない状況となりました。

どこまで真実かは知らないけれど、ブログのコメントでは、
-- (引用開始) --
法隆寺、唐招提寺には既にかなりの抗議が来ているみたいですね。
寺側は今のところ、胡錦濤が来るとも来ないとも明言はしていません。
胡錦濤が来ると言えば断る理由が無いと言ってましたが、場合によっては、辞退も検討するとニュースで言ってました。
もう一息です。法隆寺、唐招提寺にもっと抗議の電話をしましょう。

-- (引用終了) --

同じ仏教としての積極的な共感は感じられない。いろいろな立場があり、言いたくても言えないのかもしれないが、善光寺さんも一週間前には結論を出した。断るにも礼儀があり、このままだとズルズルいきそうだ。善光寺さんの決断のおかげで、仏教徒をやめないで済んだが、もう一度やめる事を考えなくてはならないようだ。やめて何が変わるかって、現状と大差はないのですけれどね。

BlogContest3




仏教 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。