| home | 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
太極旗を見ると気分が悪くなる日本人がいることを知ってほしい

絵に描いたようなヘイトスピーチが毎日新聞に掲載されていました。
旭日旗が気に食わないなんて言い出したのは最近だろう。次は日章旗の番。天皇陛下は去年でした。

-- (引用開始)(毎日新聞 2013年08月06日 東京朝刊) --
アジアと向き合う:戦後68年のニッポン/5 ヘイトスピーチと韓国留学生

韓国から留学中の金スルギさん。将来は日本にかかわる仕事がしたいと思っている 

◇未来のため歴史学ぶ

 「日本は核武装するぞ」。平和の祈りに包まれた町に、過激なシュプレヒコールが響いた。昨年8月6日午後、広島市内の商店街。韓国・高麗大の金スルギさん(24)は、在日コリアン排斥を掲げる団体のヘイトスピーチに見入った。韓国のテレビでも、同じ団体のデモを見た。激しい感情がどこから来るのか分からなかった。一緒にいた日本人学生は、謝るばかりだった。

 ヘイトスピーチが盛んだった大阪・鶴橋では、今春から地元の在日団体が「週末にデモを開催する」と申請し続けている。先に場所を押さえ、デモを封じ込めるためだ。

 それでも、ヘイトスピーチはなくならない。デモに反対する大阪市生野区出身の在日3世、申靖英(しんやすひで)さん(41)は、参加者に対話を呼び掛け、4人と酒を酌み交わした。やめてほしいと伝えたかったが、「愛国心」を理由に正当化された。

 高麗大の金さんは韓国の釜山で生まれ育った。学校で日本の侵略や植民地支配について教わり、級友と「日本はひどい国だね」と話した。家では日本のアニメ「セーラームーン」やドラマ「ごくせん」が楽しみだった。外国語高校で日本語を専攻。日本のバラエティー番組を見て言葉を覚えた。太宰治や村上春樹さんの小説に親しみ、日本にひかれていった。

 大学で日韓の高校の歴史教科書を読み比べた。韓国は日本を責めるばかりで、日本は加害の歴史を隠す。そんな印象を抱いた。

 広島でデモに遭遇した時、被爆してから祖国に戻った韓国人被爆者の問題や、日韓関係を議論する両国の学生のツアーに参加していた。平和記念式典や韓国人犠牲者の慰霊祭にも参列した。

 過激なデモをするのはごく一部の人だと分かっている。悲観はしていない。「歴史は誰かを責めるために学ぶのではない。過誤をもとにより良い未来を作るためだ」。ツアーの感想文にそう書いた。

 京都の大学に留学したこの春、清水寺を訪ねた。韓国や中国から来た多くの観光客とすれ違った。土産物屋の店頭で「神風」「特攻」と書かれた旭日旗(きょくじつき)が売られていた。韓国では、旭日旗は日本の植民地支配の象徴と受け止められる。驚いて足を止め、写真をフェイスブックに載せた。

 「韓国人にとって旭日旗が何を意味するのか、土産物店主は知らないと思う」。日本の友人に、そう言われた。知らないからといっても、韓国には不快な思いをする人がいる。そのことを、日本の人たちにも知ってほしい。

 6月に京都の呉服店で、祇園祭に着て行く浴衣を買った。黒地にアイボリーとピンクのボタンの花。ホストファミリーが「日本らしい」と勧めてくれた。

 植民地支配を体験した世代が少なくなる中で育った。自分たちの世代こそ、アジアの関係を変えていかなければならない。そのための答えを今、探している

-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
毎日新聞 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
北朝鮮応援団(その6)
やった者勝ちを堂々と認めているというのか、「日本よ、北朝鮮さまに膝まづけ」と言ってますね。戦後賠償はすでに南朝鮮が食べてしまっていますよ。

それと、もし北朝鮮と戦後賠償の話をしたら、日本がもらうことになるのではないかな。ずいぶんと投資して、戦後に接収されてしまいましたから。それらの設備が、その後の北朝鮮の原動力になった巣はずです。

中埜まゆみさん、中埜雅富さんご夫婦の香ばしい応援も毎日ならではですね。夫婦の順番も良く考えられています。朝鮮新聞だから良いのですけれど。


毎日・北九州フォーラム:岸井成格・毎日新聞特別編集委員が講演 /福岡
-- (引用開始)(毎日新聞0528) --
 ◇「世界と日本は転換期」

 小倉北区のリーガロイヤルホテル小倉で27日に開かれた「第6回毎日・北九州フォーラム」(北九州地域懇話会、毎日新聞社主催)。演題は「混迷政治から読み解く世界と日本」で、毎日新聞の岸井成格(しげただ)特別編集委員(64)は、聴衆約700人を前に現在の政局や世界の動きを熱く語った。【長谷川容子、太田誠一】

 東京都出身の岸井氏は熊本支局を振り出しにワシントン特派員や政治部長、論説委員長などを経て現職。国内外の政治や外交に詳しく、各界の著名人で組織する「新しい日本をつくる国民会議」(通称・21世紀臨調)の運営委員やテレビのコメンテーターも務めている。

 岸井氏はまず、世界が注視する北朝鮮の核実験に言及。「北朝鮮の瀬戸際外交の本質は、核とミサイル開発のための時間稼ぎ。世界は今まで、核やミサイル開発をやめるよう要請してきたが、すでに持ったとなると次元が異なる」と指摘。目的は国威発揚や米国との直接交渉などが考えられるが、日本に対して「目覚めさせることを意図している」と話した。

 背景として岸井氏は「日本は北朝鮮と戦後処理をしていない。国交正常化して平和条約を結ぶと、(賠償金として)経済協力の形で、韓国に出しただけは払わなければならない。現在の額では1兆円」と説明した上で「日本を脅し『もうミサイルを撃たないでくれ』と言われて初めて交渉が成り立つという考え方。これを知らないと出方を読み切れない」と訴えた。

 また、岸井氏は日本や世界の今を「大きな転換期」と言い「政権交代が起きたら、政界再編という戦後政治の大きなページがめくられる」との見方を示した。解散総選挙の時期については「根拠はないが、解散する時には『70の法則』がある。内閣支持率と自民党支持率を足して最低限70なければ怖くて選挙はできないというもの。それを見ていてください」と締めくくった。

 講演終了後、小倉南区の中埜(の)まゆみさん(52)は「難しいテーマだと思ったが、興味深く聞けました」。夫の雅富さん(53)は「(岸井さんのように)政治の本質をよく知っている人がなぜ国を動かさないのかと思う」と話した。
-- (引用終了) --


BlogContest3



毎日新聞 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
カナダから、カルデロン一家擁護、第二弾
毎日新聞、いくらコラムを依頼したからといって、内容を吟味してはいけないということはないのですよ。きちんと査読してくださいよ。というよりも、都合の良い人を選んで、どんどん書かせているんでしょうけれど。

カナダ在住の弁護士っていうけれど、カナダ人ではないのですね。ガナパシさんというのでしょうか。時には帰されることもあるが、どういう結果になったかはわからないというのですね。どの程度の確率なのでしょうか。そりゃ、誤解もされますよね。今度もまた、誤解の種を蒔いたわけですね。

そもそも、日本はカナダと国の成り立ちが違うのです。日本は移民国家ではありません。
・・バンクーバーの3割が中国人になってしまい、彼らはそれまで住んでいた住民のルールを守らずに無法の限りをつくして大変な事になってる。
そのようなことになっても良いのでしょうか。

カナダがなんぼのもんだ。日本は日本だという気概もなく、都合のよいところを海外から引っ張ってくる。それも、本当かどうもかわからない。どうしてもカルデロン一家を日本にいさせたいようで。

まあ、毎日新聞が選んで載せるのですから、これくらいは平気で書きますね。

世界の子育て:カナダ~移民法の「人道主義と思いやり」 中込恵子さん
-- (引用開始)(毎日新聞2009年5月22日) --
 前回のコラム「日本に住みたい、カナダに住みたい」の中でカナダの移民政策について取り上げたが、断定的に書いてしまい、誤解を招く部分があった。読者からの指摘を受け、改めてカナダ在住の弁護士に話を聞いた。

 カナダにはたくさんの国籍の人が滞在し、時には帰されることもある。それぞれのケースは事情が異なるために一つの方程式には当てはまらないという。弁護士ネーザン・ガナパシさんにうかがうと、カナダの移民法にある「人道主義と思いやり」(Humanitarian and compassionate grounds)は不法滞在を考慮したものではなく、それを奨励するものでもない。だが、不法滞在が発覚する前に自分から出頭した場合、人種・国籍などに関係なく、この「人道主義と思いやり」により、カナダに残れるという可能性があるそうだ。ただ、ほかの犯罪歴があれば該当しない。残留が可能かどうかは移民局大臣の判断によるが、法律的に大臣の判断が出た後でも裁判をすることができ、判決が最終決定になるという。

 「人道主義と思いやり」は、適用される場合とされない場合がある。例を挙げると、不法滞在の中国人男性がカナダ人女性と結婚し、移民申請をした際、不法滞在がわかってしまった。しかし、配偶者が妊娠していたため07年12月、大臣の判断で滞在が許可された。

 06年11月の別のケースでは、イラン人学生が自国から奨学金をもらってカナダに来た。子どももいた。卒業後に移民申請をした際、「卒業したら戻ること」という自国の奨学生の条件が問題になった。このケースでは、4年間、カナダで生活をしていた子どもの社会はカナダであり、残されるべきだという理由から、親もともにカナダに残るべきだとの大臣判断で滞在が許可された。

 インターネットサイト「thestar.com」に今年4月24日、韓国人の母親が不法滞在・就労をしていたため、カナダ国籍の子どもとともに韓国に帰国させられたというニュースがあった。この場合は、裁判に持っていく前に帰国したそうだ。子どもはカナダ国籍のため、後見人がいればカナダに残ることが出来たが、母親が帰国させられるために一緒に韓国に連れて帰ったという。

 この韓国人は不法就労が発覚する前に自ら出頭するべきで、逮捕されてしまえばカナダに残るのは難しいケースではあるが、ガナパシさんによると、裁判をしていたら、どんな判決になったかは分からないという。大臣の決定の後でも「人道主義と思いやり」が認められる可能性もあったということだ。

 一方、裁判でも認められなかったケースもある。06年11月の判例では、メキシコ人夫婦と子どもが難民申請を出したが認められなかった。「メキシコでは健康保険がない、仕事もない、子どもの教育も満足に出来ない」ということは、難民申請が認められる理由にはならなかった。

 この家族はその後、2度目の難民申請を提出した。「子どもが病気でメキシコでは治せず、カナダなら治療ができるために残りたい」という理由だったが、認められることはなかった。当局の判断は、子どもの病状は一度目の申請の時点から変わっておらず、新たな事情がないのに何度も難民申請を出してはならないということだった。難民申請をする理由は初回の申請時に明らかにする必要があるという。

 最近のカナダの移民政策は、以前に比べ、カナダが必要とする職業資格や経験を持つ外国人は入国しやすくなった面がある。一方で、投資移住に必要な投資金額が上がったり、資格を持たない外国人は移住が難しくなった面もある。また、難民・移民認定の担当官が減ったために、以前よりも審査に時間がかかるということもあるそうだ。

中込恵子(なかごみ けいこ)さんのプロフィル

 東京都出身。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業。筆記具メーカーや外資系化粧品会社勤務を経て、1989年カナダ移住。日本語系新聞社勤務後、フリーライターに。2001年よりウェブショップFromwestを設立し、子ども向け語学教材の輸出を開始。2002年よりカスタムメードのカナダ親子ステイ・アレンジ業務をはじめる。1995年&1996年生まれのボーイズのママ。
-- (引用終了) --


BlogContest3



毎日新聞 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
カナダだったらきっと別の形で
「今回のことはカナダだったらきっと別の形で終結したに違いない」で有名になった中込恵子(なかごみ けいこ)さんですが、その別の形とはどういうことだったのかをもう一度確認したいと。

対象となった犯罪者家族は韓国人だそうですが、親子ともども追放です。そのようなことは当然ですが、中込さんや毎日新聞が報道しなかった事実があります。これを書かなかったことは、まさに情報操作を白状するようなことです。


-- (引用開始)(東亜備忘録2009年05月09日) --
 その結果、バンクーバーの3割が中国人になってしまい、彼らはそれまで住んでいた住民のルールを守らずに無法の限りをつくして大変な事になってる。
 日本をバンクーバーみたいにしたくないから追い返すんだよ。
 その事実を報道しないなんて、この記事は事実上の捏造報道と同じだよ。
 ホントに日本のメディアはどうしてこう捏造記事ばっかりなのかね。
-- (引用終了) --

もう一件、同じ所から。

-- (引用開始)(東亜備忘録2009年05月09日) --
35 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日:2009/05/08(金) 15:42:49 jJLIIUj0
【カナダ】韓国人の強制追放急増…1年間で2倍に増加[04/23]
http://takeshima.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1240456281/
カナダから強制追放される韓国人たちが最近急増した。
22日(現地時間)カナダ・トロント総領事館集計によれば今年1/4分期カナダから強制追放された韓国人は48人で、去年同期(20人)に比べて2倍以上増加した。
これは連邦国境サービス局(CBSA)の取り締まり活動が強化されたことによる結果と見えると領事館関係者は分析した。しかし入国拒否者はただ一人もいなかった。同期間トロント総領事館管轄地域では計8人の国外逃避事犯が検挙された。この中4人はカナダで、4人は韓国で逮捕された。手配内訳は詐欺7件、自動車管理法1件などだ。
-- (引用終了) --

ヨーロッパでも移民は大変な問題となっています。そのことも新聞は書き立てないですね。テレビでも華麗にスルーしてますね。

増して日本は移民国家ではない。アメリカは素晴らしいと誉めたたえる人よ、国家の成り立ちを理解しないで論じるな。アメリカ人になれば良いではないか。世界は一様ではない。


BlogContest3



毎日新聞 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
売国川柳
毎日新聞ですが、記事、コラム、そして川柳まで総力で売国工作の総力戦です。

日本は孤立しているという論調は、特定アジアの好きな言葉です。日本人の不安を煽って、もっと自分たちの面倒を見て欲しいという要求のことなんですね。

この首題の川柳以外にも、ずいぶんと下品なものが選択されています。まあ、これくらいのことで書いてしまう私もなんですけれどね。

万能川柳:北よりも日本が孤立してないか
-- (引用開始)(毎日新聞 2009年5月9日 0時13分) --

北よりも日本が孤立してないか 大村 川端柳

女優さん認知症でも映されて 横須賀 おたふく

中川さん草なぎクンを弁護して 岡山 水野貴志子

与野党の駆け引きもういい政治して 一宮 雷神

漢検は国営にしてもうけよう 西宮 岡村こずえ

長門さん奥様そっとしてあげて 東村山 早とちり

全裸でも罪にはならぬ銭湯は 横浜 銀蠅

アナログのたたりじゃないか剛くん さいたま 影無

人民も将軍様もやつれけり 舞鶴 捨神拾男

本籍地自民 千葉県仮住居 佐倉 佐倉総合

週刊誌名前変えます「慎重」に 貝塚 土生肇

放送を見れば機嫌がわかる国 鳥羽 パーる

女房が5回もまたぐ5連休 旭川 砂蘭部

砂浜を走りごまかす森田知事 神戸 安川修司

エコなんてうそうそド派手ライトアップ 富山 和田雄二郎

カイヨウのイチローが持つ缶ビール 岩沼 イカの骨

ストレスと酒が羊を大虎に 磐田 饂飩粉

入選句ほめてけなして朝ごはん 幸手 まりちゃん
-- (引用終了) --


BlogContest3



毎日新聞 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。