| home | 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
沖縄では住民と在日米軍の関係が最悪
とある所からの拾い物。
ソースも何もないのに信じてはいけないってか。
沖縄の新聞とか、朝日、毎日よりも説得力あるぞ。
北海道のもダメだしな。


-- (引用開始)() --
>在日米軍と仲悪い?のなんて沖縄くらいじゃないかな?

正確には、沖縄に集合してる左翼や特ア人。
沖縄は本土復帰運動の頃に、大量のアカが入り込んじゃってね。
でも沖縄の一般県民と米軍の仲は良好だよ。
でも意図的に報道されないの。報道されるのは左翼の声ばっか。

ついでに言うと、沖縄の米軍人の性犯罪報道、あれ「本物」の事件は少ないよ。
大々的にニュースで騒がれて、でも「その後」はどうなったか報道しないでしょ?
何故なら、被害者女性の方が怪しいケースが多くて、結局起訴されないから。

米軍人さんが沖縄県民を助けた話とか、絶対報道しないんだよ沖縄紙は。
-- (引用終了) --

BlogContest3



スポンサーサイト
捏造 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
東京裁判をどう思いますか。
東京裁判と言う茶番劇をどうにも大事にしたい人達がいるようですけれど、日本人には戦犯は居ないはずですよ。

丸ごと引用で検証はしていませんが、もしこの内容が信頼できるものであったなら、東京裁判のいかがわしさが分かります。また、東京裁判を後生大事にする人のいかがわしさも。

日本は敗戦国ではありますが、犯罪国歌ではありません。戦争は外交の延長線上というのか、手段だったはずです。

「東京裁判・・・そのご」  国際問題
-- (引用開始)(手前ら、日本人なめるんじゃあねぇ 2009/8/11) --
1.インドのパール判事は、日本が戦争にふみきったのは「侵略のためではなく」独断的な政策をとった ・・・西洋諸国によって挑発された為であり、「東京裁判は正義の実現ではなく勝利者による復讐」であるとし、「日本は国際法に照らして無罪である」と主張したが、その主張を法廷で述べることを許されなかった・・・

2.米国のブレークニー弁護士「日本は原爆に対して報復する権利を持つ」とウエッブ裁判長に抗議・・・

3.豪州のウエップ裁判長  帰国後「東京裁判は誤りであった」と繰り返し表明・・・

4.オランダのレーリング判事は、裁判終了後に「東京裁判には法的手続きの不備と南京大虐殺のような事実誤認があったが、裁判中は箝口令がひかれていて言えなかった」と発言・・また、「私たちは国際法を擁護するために裁判をしていたはずなのに、連合国が国際法を徹底的に踏み躙ったことを、毎日見せ付けられていたからそれは酷いものだった。もちろん、勝者と敗者を一緒に裁くことは不可能だった・・・ まさに復讐劇だった」と述べた・・・

5.フランスのベルナール判事レーリング判事と同様な発言を裁判終了後に公にした・・・

6.アメリカのキーナン首席検事で、日本糾弾の旗頭キーナンですら裁判が終わった後に 「東京裁判は公正なものではなかった」と発言・・・

7.イギリスの国際法の権威ハンキー卿の『戦犯裁判の錯誤』という本の中で「日本無罪論のパール判事の主張は絶対に正しい」と明言・・・

8.イギリス法曹界の権威ビール氏『野蛮への接近』という著書のなかで「東京裁判は勝者が敗者に加えた野蛮きわまりない復讐行為である」と断言・・・裁判中は嘘をついていた人たちも裁判が終わった後に自分の行為を恥じ、法の概念そのものを冒涜した自分たちの判決の正反対の発言したのだ・・・ それほどまでにデタラメな裁判によって 日本は犯罪者に仕立てあげられてしまったのである。・・・

ちなみに戦後のアメリカの議事録によれば、アイゼンハワー共和党政権下の副大統領だったニクソンは占領時に憲法制定し日本に押しつけたことを日本の国会で公式に謝罪している・・・
-- (引用終了) --


BlogContest3



捏造 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
ありがたや、魏志倭人伝
中途半端に歴史を知っている方々、もう一度勉強しなおしましょうね。まあ、これは自分自身に一番当てはまるのですけれど。Wikipediaと宮崎正弘氏のメルメガを参考にしています。

素晴らしいことですよね、中国の正史に日本のことが記述されているなんて。魏志倭人伝としてわざわざ日本を取り上げているとは。・・・「東夷伝」の一部に「倭」、「倭人」の記述があるというだけのことで、高々二千字前後の記述なんだそうです。倭人「節」程度のことです。で、「倭」とはこびとの軽蔑語です。

基本的に魏志倭人伝は主観的で伝聞の類い、あれを史実と考えた近代歴史学者、中国史家が間違えた。必ずしも当時の日本の状況を正確に伝えているとは限らないこと、多様な解釈を可能とする記述がなされていることから、邪馬台国に関する論争の原因になっている。

まあそれでも、古代日本のことが書いてあるなんて、すばらしいですよね。・・・邪馬台国なんて、素晴らしい名前です。正邪の邪ですよ。馬もまた獣と言いたいのでしょう。

しかし、和が麗しの女王「卑弥呼」讃えてくれてますよね。倭国大乱を鎮めたと。・・卑しいですか。凄いですね。

まあ、卑弥呼は朝貢をしたようで、皇帝はこれを歓び、女王を親魏倭王と為し、金印紫綬を授け、銅鏡100枚を含む莫大な下賜品を与え・・あ、あれがあの金印ですね。学校でならないましたよ。金ですからね、ありがたいと思いました。私が習った頃には金の売買は不自由だったと思います。ですから、なおさら凄いと思いました。

その金福岡で江戸時代に発見された「金印」は偽物で、誰が作ったのかも特定されている。福岡藩の儒学者。日本でつくって、あたかも『魏志倭人伝』の中味が本当であるかのごとくに金印が『発見された』とする大がかりな歴史改竄。それが現代の定説だそうですが、「国宝」だそうです。

儒学というのは困ったもので、何事にも秩序が必要なようで、序列をつけないと気がすまない。それも、自分でなく事大主義で、支那を頂点に据えるために、捏造まで平気でする。世界に冠たる儒教国は中国、そして南北朝鮮。儒学というのは多分誤りで、儒教なんですね。

歴史をもう一度おさらいする必要がありそうです。逆説の日本史も面白いですね。むきになって否定する人も多いようですけれど。あれは、井沢元彦が問題提起のために書いているものであり、ひとつでも誤りがあれば否定されるべきものではありません。


BlogContest3



捏造 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
4月20日はKYの日です
平成元年4月20日、朝日新聞は捏造記事を飛ばしました。平成の記念碑です。

詳細はこちらからご覧ください。朝日珊瑚事件を語り継ぐサイト

アサヒは汚いことに、KYは「空気読めない」というキャンペーンを繰り広げています。珊瑚事件を知らない世代には、この洗脳は利いています。ですから、私たちは、この自作自演を風化させてはなりません。

BlogContest3



捏造 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
我慢する会津、逃げるTBS
TBSからの謝罪放送が4月8日にありました。ピンポンの直後でしたね。下をクリックしてください。

謝ってやったニダ TBS 謝罪放送(歴史王2008_会津若松)

菅家 一郎 会津市長の記者会談

会津松平家14代 松平保久様からのメッセージ

会津市長のブログ

不満足ながらも、ここで一応の解決をみたようです。大人の対応です。
TBSが、会津についての特集番組を組むことを期待します。観光ガイド番組で良いから。

TBSが何をやったかを、お忘れの方はこちらをお読みください

BlogContest3


捏造 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。