| home | 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
フランスのユーモア/エスプリはレイシズムに基づくのか

まあ、黄色いサルのいうことなんて聞いてらんねえということなんでしょうねえ。どこかの半島と同じような感じ。洒落も聞いていないし、フランスの凋落を如実に表しますねえ。いや、フランスってもともとたいしたことなかったんだと思いますよ。英語が嫌いなんじゃなくて、しゃべれないんだろうし。まあ、日本人が言うことでもないか、英語についてはw。

フランスのアルジェで行ったことは、半島の民がベトナムで行った事と同じくらいひどい事なんですけれどね。インドシナからフランスを追い出したのは日本だったかな。そりゃ恨みに思うわな。

フランスのユーモア

-- (引用開始)(AFP=時事 9月13日(金)8時37分配信) --
福島風刺の仏紙、「ユーモア感覚ない」と日本の批判を一蹴

【AFP=時事】福島第1原発事故の問題を抱える日本が2020年夏季五輪の開催地に選出されたことを風刺する漫画を掲載し、日本側からの怒りを買っている仏週刊紙「カナール・アンシェネ(Le Canard Enchaine)」は12日、「責任をもってこの風刺画を掲載した。いささかも良心に反するところはない」と述べ、日本人にはユーモアのセンスがないと嘆いた。

仏テレビ局、「4本腕の川島選手」問題で謝罪(2012年10月)

 問題の漫画の一つは、損壊した原発の前の土俵で3本の腕や脚がある力士が向かい合い、その横でスポーツ解説者が「すごい、福島のおかげで相撲がオリンピック競技になった」とコメントしているもの。もう一つは、プールの前で防護服を着用し放射線測定器を手にした2人が、ウオータースポーツ会場は福島に建設済みだ、と話している。

 これに反発した日本政府は、同紙に対して正式な抗議文書を送付すると表明している。

 日本政府は、福島での事故と汚染水の問題は制御できており、五輪には影響しないと繰り返し強調してきた。日本はこれまでにも、海外メディアで報道される意見に対しては敏感な対応を示し、大きな惨劇をもたらした災害が風刺の対象となることに対して怒りをあらわにしてきた。

 菅義偉(Yoshihide Suga)官房長官は記者会見で、「このような風刺画は、東日本大震災で被災した方々の気持ちを傷つける」と述べた上で、「汚染水問題について、誤った印象を与える不適切な報道」とも指摘、同紙に対し日本政府から正式に抗議する構えを明らかにした。

 これに対し、同紙のルイマリ・オロー(Louis-Marie Horeau)編集長は、「われわれには悪意のないように思える風刺画」に対する日本からの反応に「ただただ困惑している」として、「ユーモアを表現しているからといって、被災者の皆さんを侮辱していることにはならない。ここ(フランス)では、悲劇に対してはユーモアを持って立ち向かうものだが、どうやら日本ではそうではないようだ」と語った。【翻訳編集】 AFPBB News

-- (引用終了) --
フランスのユーモア


BlogContest3



スポンサーサイト
人権 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
黒人に道が開けた
大統領選挙の話ではありませんよ。まだ過去形では書けません。車のレース、F1の話です。ハミルトンという黒人のドライバがなんと、二年目の挑戦で、年間チャンピョンになったという。非白人がチャンピョンになったのは初めてだそうです。

ブラジル人だそうです。そういえば、アイルトン・セナもブラジル人でしたね。あの「音速の貴公子」は白人だったんですね、凄くハンサムでした。日本のF1人気も彼が支えていたような覚えがあります。その時にがんばっていたのが古舘一郎です。今ではニュース・キャスターになって、何か気が聞いた一言と思い、墓穴を掘っているようです。穴の色は限りなく赤いらしいです。

ブラジルといえば南米。中南米の原住民はインディオと呼ばれてますね。あんな広い地域の人々をインディオをひと括りにするすることは間違いだと思いますが、彼らは共通語としてスペイン語を話しますからね。ブラジルはポルトガル語なんですけれど。スペイン、ポルトガルの世界分割の結果ですね。

そのブラジルになんで黒人がというが、根の深そうなことです。私は良く知らないんですよ。労働力としては安く使える原住民がいたはずなんですけれどね。移民は数百年というスパンで問題を引き起こします。まして、肌の色が違うとなると数千年かもしれません。

白人ばかりのレースの世界に、風穴が開きました。日本のドライバは表彰台に上れば凄いことなんですけれど、実力が違いすぎますね、

さて、そろそろアメリカ大統領の投票が始まる頃合ですが、アメリカ人は黒人を大統領として担ぐ覚悟はできているのでしょうか。黒人が大統領になったとしても、人工的には黒人は第二勢力ではなく、ヒスパニック系に継ぐ第三勢力となっていますから、そんなに手放しには喜べないと思いますけれど。黒人が道を切り開き、ヒスパニックが果実を味わうことになるかな。白人はどうするのだろう。

オバマ対マケイン、こちらはアメリカを占う選択ですね。覚悟やいかに。

あ、忘れていました。過去の日本が、国際連盟に人種差別撤廃条項を提案していましたね。日本の新聞は伝えないのですけれど。それと、大東亜戦争で、日本はアジアの人々の独立を助けましたね。結果的にかも知れませんけれど。戦前、日本がどれだけアジアの人々に輝いていたかは、もう一度検証する必要があるかと思います。たぶん、胸を張ってよいことだと思います。ただし、私たちの親、おじいさんの世代ですけれどね。自分たちは、自分たちの栄光を求め続ける必要があります。

田母神俊雄航空幕僚長の言われたことは、大筋において正しいと私は信じています。アジアは中国と韓国、朝鮮だけではありません。


BlogContest3



人権 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
桑港のチャイナタウンでルームランナー
さて、パリの次はサンフランシスコ。

サンフランシスコ近辺のドライブ・マナーは素晴らしいですよ。信号の無い横断歩道脇に立っていると、車が勝手に止まってくれます。本当に申し訳ないくらいです。ハリウッド映画を見慣れていますと、信じられないですね。あれ、坂道のカーチェイスといえば、サンフランシスコですね。何でかな。あれって映画の嘘だと思います。

その、穏やかな街、サンフランシスコが喧騒に包まれそうです。自由、独立にちょっとうるさいアメリカ人たちが、チベット支援の抗議を行うでしょう。聖火リレーがどうなるか、楽しみですね。妨害が目的ではなく、中国政府に自分たちの意思表示です。現在行われているチベットでの大虐殺を許さないという意思です。

アメリカ政府は、どうも中国に対して弱腰といわれているそうです。それというのも、中国は世界のお金「ダラー」を大量に持っています。アメリカがもっと元気な時でしたら、へこたれないのでしょうが、今はサブプライム問題でのた打ち回っています。あの、シティ・バンクが潰れてもおかしくない状態。あの銀行1991年?にも倒産の危機だったのに、「大きすぎて潰せない(Too big Too fail)」という事で生き残りました。

ですから、ブッシュ大統領は開会式を楽しみにしているどころか、出なくてはならないと思っているのでしょう。相手は中国です、甘ちゃんの日本ではありません。ドル崩壊が現実的かどうかは分かりませんが、それは困るので、とりあえずアメリカ政府の別働隊の民間に頑張ってもらいましょう。

さて、聖火は中華街を出ることが出来るのでしょうか。中華街を練り歩き(そんなには広くなかった気がしますよ)、インタビューも中華街だけ。そうやって世界に発信するのでしょうか。間に合いませんが、ルームランナーを寄付しましょう。

さて、アメリカは心配ないんです。彼らは、自分たちの意思を示すことが出来ますが、日本はどうでしょうか。どうも警察に押さえ込まれるような気がします。しかし、意思表示が目的であることを忘れ、妨害に走ると、逮捕者が続出してしまいます。逮捕されると、人生が変わってしまう場合が多いので、過激な行動は控えていただきたいと思います。

それでも、何千の人間が道を埋めれば、なかなか通ることは出来ません。通ったところで、その図を世界に放送することとなれば十分です。チベットの国旗なども写るでしょう。

そもそも、福田(敬称略)が、しっかりと発言してくれれば問題は無いのですが、情けない老醜をさらしているので、日本全体が世界から疑われてしまいます。日本は「虐殺をしない国家」です

フリーチベット、チャイナフリー、福田フリー。

BlogContest3




人権 | トラックバック(0) | コメント(1) |permalink
パリは燃えているか・・鎮火しました
中国のチベットへの侵略、弾圧、人権侵害に対する、フランスにおける抗議は素晴らしかったようです。まさに、パリは燃えているか(クリック注意。音楽が鳴り響きます。)です。

TorchRelay.jpg
 こんな警護体制でした。画像クリックで拡大します。

こんなに強固な布陣だったようですが、どうやって突破したのでしょうか。実は警護するほうも、便衣兵ならぬ、便衣警官だったのでは??

【仏・聖火リレー】 聖火、少なくとも“3度”消される…チベットコール&猛抗議の中、バスでたいまつ移動

日本人の中にも、「何で人の嫌がることをやるか」とか、「オリンピックと政治は別」とかいう意見をいう人も多いですが、チベットで起きていることを認めますか??

何もしないことは、チベットでの人権侵害、いや起きていることは「大虐殺」を承認することです。日本の人権団体がチベットのことについて、動かないのはなぜでしょうか。「赤い虐殺は良い虐殺」なのでしょうか。それとも「お金にならない」からでしょうか。

日本で何が起るでしょうか。あまり期待はできないですね。目茶苦茶にすることは目的ではありません。大虐殺に対する強い意志を示すことが目的です。

そういえば、朝ズバッのコメンテーターは、オリンピック中止(ボイコット?)を主張している人たちとかいう意味の発言をしていました。現状に於いては、開会式のボイコットは主張されていますが、オリンピック自体のボイコットは一部の人の主張でしかないと思いますが、どうでしょうか。

フリーチベット、チベットでの虐殺を許すな。日本の意志を示せ。


BlogContest3



人権 | トラックバック(0) | コメント(1) |permalink
人権って、何ですか?
人権擁護というと絶対真理に思えますが、これは日本人を守るための法律ではありません。逆に日本人弾圧の法律となります。
有りもしない差別を言い立てることで、そこに利権を生み出し寄生する、そんな道具になることは手にとるように分かります。
日本人同士でやるならまだ笑い話ですが、他国に利用されて自分を縛り付けるだけです。

ですから人権擁護法案反対


BlogContest3
よろしかったら、クリックしてください。



アクセス解析出会い


人権 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。