| home | 
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
買い物籠はいつ無くなった
近頃はエコバッグという名称で復活しているようですが、昔は買い物籠を下げて買い物に行くのが当たり前でしたね。いわゆるレジ袋など有りませんでしたから。スーパーが普及したのは昭和四十年代(?)でしょうか。その頃から徐々に(?)か一気に(?)か無くなってしまったようです。それ以前は、八百屋、果物屋などでは、新聞紙でくるむことはあっても、籠持参で行くのが当たり前でした。

レジ袋はゴミ捨てに便利だったのですけれど、十何年か前、燃やすと有害ガスが出るということで、地方自治体推奨の大きな袋に変えられたような記憶があります。私の友人は、推奨の袋は珪酸カルシウムが入っており、燃やしてもゴミが増えると怒っておりました。化学に疎いので分からないのですけれど。

レジ袋は有害という事で、石油化学業界の一部で工夫をしたと思います。コンビニのレジ袋に「焼却しても・・・有害ガスは発生しません」と書いてあったりします。それでも、ごみ収集のシステムとか、いろいろな絡みで以前のような脚光を浴びることにはならなかったかな。で、エコロジーというイデオロギーが幅を利かしてきた最近では、レジ袋はすぐに捨てられるものであり、自然に優しくない、使うべきでないという考えが出てきました。使用量抑制のために、スーパーでも有料化をするという手段を取るようになりました。何らかの態度を示さないと、祭りになってしまうような「ファッショ」なのはイデオロギーたる所以でしょう。

では、レジ袋を止めるとどうなるのでしょうか。資源の有効活用になるのでしょうか。どうもそうでも無さそうというのこの問題の根の深さです。レジ袋の原料の大元は原油です。原油の中から、必要な成分を取り出します。取り出すといっても、ガソリンが欲しいから、全部ガソリンにするわけにはいきません。いろいろな成分を抜き取っていき、最後には残渣という形になります。つまり、利用価値の無い成分が残るわけです。レジ袋は、以前は残渣と言われていた成分を利用して作られているという
のです。つまり、資源の有効利用にレジ袋は貢献しているのです。

この構造は「割り箸」によく似ています。割り箸は無駄でしょうか。間伐材を用いて割り箸を作れば、資源の有効活用となります。また、森林を育てる人に資金が還流する良い手段です。太い木材が欲しいから、太い木材だけを採るとバランスが崩れます。それこそエコロジー(生態系)を知らない人の、机上の空論です。ですから、割り箸も、レジ袋も、もうイデオロギーです。信念(思い込み)に基づいた行動ですから、冷静な判断が出来なくなります。それに反対することには、議論さえ許さない風潮を作り出します。学生運動が盛んな頃には「ナンセンス」と連呼すれば簡単に言論を封じ込めた頃とダブります。

議論さえ許さないテーマというのは他にもあります。牛乳の紙パックです。資源利用の最もシンボリックなものですね。再利用をするのは良い事です。ここで疑問に思ったことは、紙パックを回収前に水で内部をすすぐかどうかです。気持ちとして、綺麗にしたいですね。コーラ、お茶のペットボトルもすすいで再利用に回しています。ただ、牛乳は油脂分を含んでおり、その油脂を下水に流してよいかという問題があります。その質問に、回収推進派は、とにかくすすいでくださいとしか答えていなかった記憶があります。それ以上の議論は許さないのです。分からない事を分からないと言わないのです。

良く考えると、再利用する場合は熱をかけるなりしますから、すすぐこと自体にはたいした意味は無いと思います。空き瓶回収の場合、空き瓶の中は良く洗いますよね。中が綺麗であるということは期待できないからです。・・まあ、牛乳パックの場合、複雑な計算をしたのかもしれませんけれどね。

最近、私が聞かなくなった言葉として、「ダイオキシン」、「環境ホルモン」というのがありますが、お聞きになりますか。


BlogContest3



スポンサーサイト
息抜き | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
産経新聞、六四事変
産経新聞が今日は26ページある。いつもより2ページ多い。どうしたのだろうということで、六四事変と呼んでみたりした。

そういえば、二十年前にも中国で何かあったようだ。天安門? 六月四日? うーん、産経新聞を読んでみよう。


BlogContest3



大虐殺 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
すみません、文句垂れますよ、産経さん
ちょっとごめんよ、どいたどいた。謝りながら人を押しのけるわけですが、何か問題ありますか。

ろくに謝るということを知らない韓国人に、文句付けられて恐れ入る産経人もいるのかと驚いた次第。「すみません」と"I'm sorry."を同じだと考えているのかな。"Excuse me."と"I'm sorry."は言い間違えてはいけませんね。でも、日本語の「すみません」は英語"I'm sorry."には対応しないと言い切って欲しかった。「ごめんなさい」もそうだ。

日本語の用法を、なぜに外国人のために狭めなくてはならない。そりゃ、韓国人、中国人は「すみません」、「ごめんなさい」とは言いたくないだろう。

厳格な使い方をしなくてはならない、公の時もあるだろうが、杯を受け取る時に両手で受け取るなり、いろいろと態度は示せるものである。ことばでは「どうも」ですませるということは、そういうことなのだと思うが。

産経新聞、いまひとつ信じられない時があるんだな。まあ、いろいろな社員がいて成り立つのが会社だから、仕方がないのだが。"from Editor"には、リベラルなものがしばしば載る気がする。この場合のリベラルとは鳩山兄が大好きなリベラルという意味であるが。

【from Editor】どうも、すみません
-- (引用開始)(産経新聞2009.6.3 08:13) --
 5月4日付の「談話室」に、韓国から日本語の勉強にきている学生の投稿が載っていた。日本人は迷惑をかけたときも、ありがたいと思うときも、さらには相手のミスのときでさえも「すみません」と言うが、「ごめんなさい」「ありがとう」などと、状況に合った言葉を使う方がいいとの趣旨だった。これには大阪の読者からも、「すみません」は謝るために用いるのが正しいと思うと、賛意が寄せられている(18日付同欄)。

 「すみません」の多用は確かに、外国の人には不思議な言葉遣いに映るだろう。日本人の間でも議論はあるが、国語学者の金田一春彦は「謝ることをよしとする日本人の心の美しさ」ととらえた。席を譲られたとき、「ありがとう」ではなく「すみません」と言う人が多いのも、「私のせいで、あなたが立たなければならなくなった。済まない」という気持ちが表れているというのである。

 目の前で落とし物をした人を呼び止めるのにも「すみません」と“謝って”しまうことがある。これも「声をかけ驚かして済まない」の気持ちがあるからだろう。

 「どうも」も、同じように多用される挨拶(あいさつ)語の一つだ。会ったときも別れるときも、お礼も謝罪も、すべて「どうも」で事足りる。そこで坪内逍遥(しょうよう)は、酒のもてなしにあずかった客が「コリャどうも」と言ったきり、会釈して杯を受け取ったことをこう批判する。「交際は挨拶より成る。挨拶を倹約するは、交際を倹約すると同じことなり。交際を倹約して世を渡るは、どうやら人間の名に背(そむ)くかと思はる」(当世書生気質(かたぎ))

 何とも手厳しいが、ときには「どうも」で済ませた方が適切な場合もあるから、日本語は実に複雑である。例えば通夜などで、故人とはあまり親しくない人が長々と、それもいかにも慣れた口調でお悔やみを述べたのでは、遺族がかえって困惑しよう。「このたびはどうも」の後はモゴモゴと口ごもっておいた方が、よほど気が利いているというものである。

 ただしそれとて万能というわけではない。挨拶語は、大阪の読者も指摘するような厳格な使い方をせねばならないときも当然ある。日本語を学びにきた学生さんには、せっかくの機会だからぜひ、いわく言い難い日本語の妙を知り、言葉ににじむ日本人の心にも触れていただきたい-そう願って、老婆心ながら一言書かせていただいた次第である。

 どうも、すみません。(校閲部長 清湖口敏)
-- (引用終了) --


BlogContest3



未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
九条の会はやっぱり
大江健三郎ってすごいですね。朝日も大喜びで載せてます。そりゃ、殴られようが、強奪されようが抵抗されなければ、信頼されますよね。都合の良い財布だって。こういう人の発言を利用して朝日が頑張るわけですよ。

「九条の会」発足5年記念、大江健三郎さんが講演
-- (引用開始)(朝日新聞2009年6月2日23時0分) --
 憲法を守ろうと活動する「九条の会」が2日、発足から丸5年となったことを記念して東京都千代田区の日比谷公会堂で講演会を開いた。呼びかけ人の一人で、昨年末に亡くなった加藤周一さんの志を受け継ごうと、壇上には加藤さんの写真が掲げられた。

 講演した作家の大江健三郎さんは「核保有国と非核保有国との間に信頼関係がなければ、核廃絶は始まらない」という加藤さんの指摘を紹介。「そんな信頼関係などあるものかと笑いを浮かべた人もいるでしょう。例えば北朝鮮との間に。でも私は日本としてのやり方はあると思う。私たちが不戦の憲法を守り通す態度を貫くなら、信頼を作り出す大きな条件となるのではないか」と語った。
-- (引用終了) --


BlogContest3



サヨク | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
九条の会は北朝鮮にどう対応するのか
高邁な理想を掲げる九条の会ですが、北朝鮮にどう働きかけているのでしょうか。

オフィシャルサイトのURLを示しますので、興味のある方はたどってください。
http://www.9-jo.jp/

そのサイトから、呼びかけ人のプロフィールだけは紹介しておきましょう。

「九条の会」呼びかけ人・9人のプロフィール
井上 ひさし
1934年生まれ。
劇作、小説の両方で大活躍。日本ペンクラブ会長。

梅原 猛
1925年生まれ。
古代史や万葉集の研究から築いた「梅原日本学」で著名。

大江 健三郎
1935年生まれ。
核時代や民衆の歴史を想像力を駆使して小説で描いてきた。ノーベル文学賞受賞。

奥平 康弘
1929年生まれ。
「表現の自由」研究の第一人者。東京大学名誉教授。

小田 実
1932年生まれ。
ベトナム反戦などで活躍。地元・兵庫で震災被災者の個人補償求め運動。

加藤 周一
1919年生まれ。
東西文化に通じた旺盛な評論活動を展開。医師でもある。

澤地 久枝
1930年生まれ。
戦争による女性の悲劇を次々発掘。エッセーも。

鶴見 俊輔
1922年生まれ。
『思想の科学』を主導。日常性に依拠した柔軟な思想を展開。

三木 睦子
1917年生まれ。
故三木武夫元首相夫人。アジア婦人友好会会長を務めるなど国際交流活動で活躍。




BlogContest3



サヨク | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
六四
六四といってもお湯割ではありません。

産経新聞の記事が、結構力入れてあるなと思っている次第です。
何と言っても、明後日の六月四日が、天安門大虐殺二十周年ですからね。別に二十も十九も同じといえば同じですが。

産経の世界移行期、第二部 遥かなる天安門 7、本日付、ウェブ掲載はたぶん一日遅れ
の記事を読んで、「おお」っと思ったのだけれど、・・同時に「本当かぁ」と思ったことが次のこと。

「天安門事件の虐殺が無ければ、その半年後に冷戦崩壊が起きることもなかった。ハンガリー動乱では平氏が発砲をためらわなかったのに、東ドイツの平氏はベルリンの壁に押し寄せる人々に向けて引き金を引けなかったではないか。天安門事件の光景が兵士にそうさせたのだ。」

この因果論が「本当かぁ」の世界なのです。というのは、東ドイツの兵隊が、天安門を知っていたかです。動画や記事でで見ていたのかという疑問です。見ていたとしたら、誰が見せたのでしょうか。東ドイツ政府ですか、軍隊ですか。日本人だって、朝日新聞などの工作のために、天安門を大虐殺だと認識していない人が未だに多いのです。だから、厳氏の立場を補正せずに、平気で載せた記者は??と思う次第。

この説は、天安門事件で故国を追われた社会科学者、厳家其氏の言ですね。何か、安易な引用、論理の展開のようで、かなり残念に思います。一般大衆が天安門を見たために、ベルリンの壁に押し寄せたという論理なら、もう少し賛意を表したいと思いますが。・・この学者の論理展開だと、一般大衆は天安門虐殺があったから、ベルリンの壁に近づくことが出来なかった・・となると思うわけですよ。

もうひとつの「本当かぁ」の視点は、東ドイツと中共との人間に対する感覚の違いです。支那では人命というのは多分軽いのです。天安門を見ていなくても、やはり撃てなかったのではないかと思うのです。もちろん、撃てたかもしれません。ただ、その時の指揮官は撃たせなかったということだと思うのです。

中共からの(中国という表記は避けています)日本への合法、違法渡航者にまず教えなくてはならないのは、「日本というのはお国と違って人名が大切な国なのだから、人殺しをしないように」ということだと喝破した人がいます。あー、なるほどなと思いました。日本人は衣食足りて(最低限の)礼節を知っているのです。

いくら、共産国家の東ドイツでも、そうではないだろうと思った次第です。スターリン時代のソ連ならば、なぎ倒したでしょう。ハンガリー動乱、プラハの春を押しつぶした、五十年代、六十年代も同じです。時代が熟成してきたのです。その中で、命が安く、共産党独裁の中共という国だから、大虐殺が起こったのでしょう。


BlogContest3



大虐殺 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
日本人の歴史教科書
これが噂の本ですね。中身は随分とカラフルです。思えば新聞もカラーになったのですから、教科書も当然賑やかなものになりますね。

日本人の歴史教科書


国民が待望した歴史教科書、ついに刊行!
-- (引用開始)(「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」通巻第2604号 (5月22日発行)) --

『日本人の歴史教科書』(自由社)
@@@@@@@@@@@@@@@

 自由社版の『新編 新しい歴史教科書』を全文完全収録しての市販本です。
 特別寄稿は三笠宮寛仁親王殿下が寄せられ、つづけて「日本を読み解く15の視座」として櫻井よしこ、加地伸行、加瀬英明、村松英子、石平、田久保忠衛、宮崎正弘、高山正之、黄文雄、宮脇淳子、川口マーン惠美、西尾幹二、堤堯、井尻千男、中西輝政の十五人が書き下ろしの新稿で総合的に真実の歴史を立体化している。
 カラー写真が豊富に用いられているのも爽快である。


 ▲「搾取」とか「原始共産制」とか左翼イデオロギーの配列と無縁

 二日がかりで『新しい教科書』を読んで「嗚呼、ようやく日本人の手になる本物に近い歴史の叙述がある」と率直に感動した。
神話も仏像も、神社仏閣とともに、水墨画や日本の仏教美術の粋が、カラーでふんだんに配されているのも特色だが、敗戦後の日本の精神を萎縮させてきた、自虐的姿勢が払拭されている。
 これを読めば、日本の若者はなんとか祖国への自信が持てる。採択する学校が増えることを祈りたい。
 
 以下、通読していくつか気になったことを書く。
 第一は日本の矜恃の回復に努めていること。
冒頭に「旧石器時代」が日本にあったことを特筆している。原始社会は原始共産主義制度だったとして、左翼歴史学が否定してきたものだ。高松塚とキトラ古墳、出雲大社が大書されて、各チャプターの扉には弥勒菩薩、月光菩薩、阿修羅像など世界に誇るべき日本の美が紹介される。反戦的な、風刺的な、歴史を斜に構えてみる意図がない。左翼教科書への正面からの反撃である。

 第二に日本の歴史の古さと素晴らしさを、図解を多用して説明風よりもヴィジュアルな効果を上げていること。
縄文式遺構や古代の住居の再現、吉野の里遺跡の詳述がある。
 魏志倭人伝も取り上げるが「不正確な内容も多く」と注釈があり、金印が朝貢の証拠とする従来の主張から「日本は、こうした中国の皇帝を中心とする東アジアのきびしい国際関係の中に組み込まれていた」と「考えられる」と保留条件をつけている。「神武東征」に関してコラムで一ページが割かれる。
 「搾取」だとか「上からの徴税」だとか、へんな表現は一切ない。


 ▲日本が中国文明から抜けでて独自の文化圏を築いた過程を浮き彫りに

 第三に古代から中世にかけ、徐々に日本が中国の影響圏を抜け出し、独自の文明と文化を築き上げていく過程が要領よく説明される。
和同開珎は「中国についで二番目の貨幣」。「大宝律令は」は中国の法的体系が基礎にあっても、「令」は日本独自のものだった、という説明や、長安をまねた奈良も平安京も中国のような「城壁」がないという日本独自の構造。聖徳太子以来の平和をのぞむ国民性がそれとなく示される。東大寺の大仏開眼、シルクロードと仏教文化など世界的展望の同時性も重視されている。
西安の兵馬!)を見て圧倒される西欧人が多いが、ならば三十三間堂の千体仏は?

 第四に武士の興隆、鎌倉幕府の意義がまじめに説かれる。建武の中興が「建武の新政」と表現されるのは文部科学省とのぎりぎりの妥協だろう。しかし南北朝の解釈も客観的である。
 「勘合貿易が停止すると倭寇がふたたび盛んになったが、その構成員は、殆どが中国人だった」という重要な記述も、従来の倭寇=悪=日本人説を覆す。

 第五に戦国乱世から国家統一のプロセスを「世界を二分割するスペインとポルトガルの野望」を前段にみて、応仁の乱からキリスト教の伝来、信長と順を追うので、これまでの歴史解釈のように信長がキリシタンの布教を認めたのが正義という印象は希釈されている。
 ただし秀吉の朝鮮出兵については明の野望に対する予防戦争という側面が記述されていないのは不満が残った。

 第六に近代から現代という、もっとも論争が繰り返される箇所だが、明治維新から近代国家への衣替えも、左翼史家が得意だったブルジョワ革命、フランス革命との比較がなく、淡々と事実をのべ、幕府派と薩長のパワーバランスと改革への熱情を述べる。
 歴史を予見にみちた「解釈」ではなく、イデオロギー的ないし宗教的予断を極力排斥して、人間の流れの中に捉え直しているのだ。

 ▲大東亜戦争と正面から近代史を捉えている。

大東亜戦争の記述にも注目したが「大東亜戦争(太平洋戦争)」、また「日中戦争(シナ事変)」と、このあたりの名称の付け方はまだまだ文部省との闘いの跡が鮮烈に見て取れる。とはいえ他の左翼教科書は米国の司令した「太平洋戦争」史観で塗りつぶされている。
本書は「大東亜会議」にきちんと言及し、また「日本を解放軍として迎えたインドネシアの人々」という、これまでの左翼教科書には出てこない事実が書かれている。
 東京裁判史観も、「平和に対する罪」など事後法による非合理性、国際法違反という側面に触れ、パル判事が無罪を主張した経過、戦後GHQの思想改造など、説明がなされている。
 南京大虐殺の嘘に関しては記述がないが、満州成立過程も前段にヒトラーとスターリンという二つの全体主義、中国の作為的な排日運動、満州事変から廬講橋事件へと至る因果関係の説明に重きが置かれており、局所的に切り取って関東軍の横暴だとかの誤った記述がない。
満州事変の詳述は、やや平坦で日本軍の評価に冷淡なきらいも残るが、大きな流れのなかで当時の日本の安全保障がかかっていたことが了解できる。

 第七に巻末付録だが、台湾にダムをつくって貢献した八田與一、トルコ船の難破を助けたエルトゥールル号事件へのトルコ国民の感謝など、従来一切の記述がない歴史的功績が顕らかに掲載されている。
 
 総じて前向き、日本の歴史の良さを積極的に評価して、世界貢献に尽くそうとする日本人の使命感を湧かせる。一部の記述には依然として文科省との妥協の足跡も見られるが、いま一番大事なことは、この立派な教科書を、全国でどれだけの教育委員会に採択させるかという主要敵=日教組との闘いである。

 この市販本は全国の書店で来週から販売され、すでに数万部の予約があるという。ひとり数冊買ってまわりに贈ろうという運動も始まっている。
-- (引用終了) --


BlogContest3



日の丸 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。