<< 東京地裁に行ったアル(その一) | home | 【馬鹿ネタ】六四、それは六月四日。 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
待ったなし
本日は、渋谷にて、行進をしてきました。

面白いですね。デモ行進中に、一生懸命撮影をして回っている人この人には日本人としての信条は無く、単にコレクタなんですね。私も、携帯で撮り返しましたが、本人は笑っていました。ですから、層化とかその類の回し者ではないのでしょうが、・・不愉快でした。

日章旗とチベットの国旗をたくさん並べての行進でした。チベット国旗が無かったら、たぶん沿道の人たちも振り返らなかったでしょうが、かなりの反響はあったようです。ロイターの写真屋さんもがんばっており、世界に流れて欲しいです。

ただ、チベット問題はもう大問題ではありません。本当の問題は五星紅旗で埋め尽くされた長野で、治外法権が一時的にしろ生じたことです。これについては、長野県警は国民に対して陳謝し、総辞職すべきです。そうでないならば、福田(敬称略)が、彼らを更迭することです。もちろん害無省は、中国大使を呼び出し、一時的に国外退去を命じるべきです。コキントウが来日しても、大使はいないという状況が必要です。

これは、私の4月22日のブログからです
4月26日、長野にひるがえるのは五星紅旗。その下に、中国人が歓声を上げる。わがもの顔に振舞う彼らを見て、日本人は何を思うだろう。この日を境に、何かが変わるだろう。
--(以上)

私の予想が的中したのが悲しいです。本日の行進中、フリー・チベットを私は唱えませんでした。もはや、チベット問題ではありません


BlogContest3




スポンサーサイト
中国 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 東京地裁に行ったアル(その一) | home | 【馬鹿ネタ】六四、それは六月四日。 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。