<< 環境テロリスト??・・・グリーンピース | home | ハリウッド映画がつまらない >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
【馬鹿ネタ】邦画が元気な理由
前回、ハリウッド映画がつまらないと書きましたが、最近は邦画なんだそうですね。確かに面白いものが増えてきました、ここ十年ほどで。月並みなところをあげますと、監督ならば三谷幸喜、周防正行あたりが。監督はあまり知らないんですよ。男優で言えば、役所広司、真田広之あたりが良いですね。
あ、映画をあまり知らないことがばれてしまいましたね。そうです、映画って監督とか、シナリオとかどうでも良いんです。綺麗なお姉さんに二時間くらいお会いできれば。

産経新聞が邦画が元気な理由を分析してくれました。
映画字幕で業界が四苦八苦 若者の知的レベル低下が背景か?

早い話が、(1)字幕を読み終えるよりも、消えてしまうほうが早い、(2)知っていて当然の言葉の意味が分からない、この二点のようです。

画像を眺めながら、瞬時に字幕を読む技術を身につけてもらいたいものです、母国語なんですから。

いやー、本当にネタが尽きたというのか、文字通り「馬鹿」ですね。

BlogContest3



http://sankei.jp.msn.com/entertainments/entertainers/080510/tnr0805101825007-n1.htm

【産経新聞】

映画字幕で業界が四苦八苦 若者の知的レベル低下が背景か?
2008.5.10 18:26

 若者の活字離れが進む中、映画会社が洋画の字幕づくりに苦慮(くりよ)している。文字数を減らすだけでなく、漢字の使用を最小限にし、極力ふりがなをふる気の遣いよう。「読み」だけでなく、中学生レベルの歴史的事実すら知らないというケースも。こうした事情を反映し、アニメだけでなく、実写映画でも吹き替え版が急増。映画業界では「若者の知的レベルがこれほど下がっているとは…」と驚いている。(岡田敏一)

 日本初の字幕映画は昭和6(1931)年公開の米作品「モロッコ」。吹き替え作業の設備などが不十分で字幕という苦肉の策をとったが、この作品の大ヒットで字幕が定着した。

 映画各社によると、戦前の字幕はスクリーンの右端にひとつのせりふで最大縦13字で3行だったが、戦後は10字2行とやや少なめに。人間が1秒に読めるのは4文字程度というのが理由だった。文字数が再び増えるのが1980年代半ば。ビデオレンタルが普及するにつれ、テレビでも見やすいように、とスクリーンの中央下に最大横13字で2行の形式が定着した。

 しかし、ここ数年、13字の字幕を読み切れないという若者が増加。映画離れを食い止めようと、製作、配給会社では苦肉の対応を余儀なくされている。字幕づくりの現場では、10字前後で区切って行数を増やしたり、漢字を省いたり…。さらに、字幕を必要としない吹き替え版へシフトする動きもある。

 東宝東和では8月から10月の3カ月間で計3本のハリウッド大作を公開するが「吹き替え版を過去最大級の手厚さで用意する」と話す。ワーナー・ブラザーズ映画も「ハリー・ポッターシリーズの場合、吹き替えが6割で字幕版を上回っている。その他の作品でも吹き替えの比率は年々高まっている」と説明する。

 字幕以前の問題も。ある映画会社の製作担当者は「スパイ系作品の試写会後『ソ連って何ですか?』、『ナチスって何ですか?』との感想が寄せられ、本当に驚いた」と打ち明ける。

 「スパイダーマン」シリーズなど計約1000本の映画の字幕づくりを担当したこの道約30年のベテラン、菊池浩司さん(60)は「知っていて当然の日本語を知らない若者が増えているようだ」と話している。
スポンサーサイト
どさくさ | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 環境テロリスト??・・・グリーンピース | home | ハリウッド映画がつまらない >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。