<< グリーンピースと鯨肉の件・・続報 | home | サウジアラビアの献血の日 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
台湾、日本に宣戦布告か
少し古い記事ですが、これって一昔前だったら「宣戦布告」と取られても仕方が無かったのではないですか。
「戦争も排除せず」尖閣問題で台湾行政院長

上海旅行はあきらめたのですが(2005年)、台湾旅行も計画から取り除きました。日本・台湾のいざこざは中共政府の望むところなんですけれどね。

台湾も頭が変わって反日になりました。日本も頭が福田になって反日になりました。


BlogContest3



http://sankei.jp.msn.com/world/china/080613/chn0806132028016-n1.htm

「戦争も排除せず」尖閣問題で台湾行政院長
2008.6.13 20:27

【台北支局】尖閣諸島・魚釣島近海の日本領海内で10日、日本の巡視船と台湾の遊漁船が接触した事故で、台湾の劉兆玄行政院長(首相)は13日の立法院(国会)答弁で、日本との領有権をめぐる争いでは、問題解決の最終手段として「開戦の可能性を排除しない」という強硬姿勢を示した。

 中央通信によると、日台の主権が絡む尖閣をめぐる問題で、開戦は最終手段になると発言した劉院長に対し、中国国民党選出の立法委員(国会議員)が開戦の可能性があるかと確認したところ、院長はこれを肯定した。真意は対話による平和解決を前提としたものとみられるが、台湾では事故をきっかけに反日的な報道が過熱している。

 一方、欧鴻錬外交部長(外相)もこの日、日本側に拘留された遊漁船の船長が同日中に釈放されない場合、許世楷駐日代表(日本大使に相当)を台湾に召還すると言明した。

 船長は発言直後に釈放されて帰台したため、結果的に駐日代表の召還は見送られるとみられるが、5月に政権復帰した国民党は、「一つの中国は中華民国」という虚構を抱え、沖縄県は「琉球」と表記して「自国領土」とみなし、尖閣への領有権を主張している。台湾では12日に総統府が「釣魚台(尖閣の中国語名)は中華民国の領土だ」とする声明を発表したが、台湾海軍の艦船が18日、立法委員らを乗せて尖閣海域に展開し、台湾側の主張を訴える計画もある。
スポンサーサイト
中国 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< グリーンピースと鯨肉の件・・続報 | home | サウジアラビアの献血の日 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。