<< 朝日新聞は壊れている | home | どうなる中国、北京オリンピック(その1) >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
どうなる中国、北京オリンピック(その2)
【マナー編】
愛国無罪だけではくくれない、何か奥深い文化の違いがあるそうです。ということで、海外からの観衆は中国人に唖然とさせられること多発間違いなし。中国で働いている日本人が、それを楽しみにしています。

【ハニートラップ編】
自業自得なんでしょうけれど、売春(買春とは呼ばない)の償いで、大変な罰金を取られるかもしれませんよ。踏み倒して逃げてくることもできません。中国のホテルでどんな事情があるにしろ、苗字の違う女性と一緒にいると危ないです。オリンピック特需と思っているでしょうから。(美人局編とも呼びます)

【ダフ屋編】
チケットをお持ちでなく特攻される方は、そこが日本で無いことを忘れませんように。どうしても無理して入手しようとすると、(1) 偽物をつかまされる。(2) めちゃくちゃ吹っかけられる。(3) つかまる。この三つの合わせ技を食うかもしれません。

わたくし、この美人局、ダフ屋のお巡りさんがらみの事後報告が続出することを心待ちにしています。もとい!!心配しています。

北京オリンピックは間違いなく開かれるでしょう。大地震で施設が崩れたりしない限り。ボイコットも無いです。開催反対の意見の方々もおられるでしょうけれど、現実性の無いことをいつまでも言うのは止めましょう。

BlogContest3




スポンサーサイト
北京オリンピック | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 朝日新聞は壊れている | home | どうなる中国、北京オリンピック(その1) >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。