<< どうなる毎日新聞(その1) | home | 変態毎日新聞、2ちゃんで炎上。 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
どうなる中国、北京オリンピック(その4)
【藻編】
藻と言われても困りますよね。オリンピック競技には海上で行うものも含まれています。その海上に藻類が大量発生だそうです。
藻類の大量発生で五輪ピンチ、人海戦術で撤去―青島

海だったら赤潮と相場は決まっていると思っていました。藻は湖での発生で問題になるのが普通。大きな中国なんでもありますね。

北京オリンピックは行われると信じて疑っていませんが、競技によっては中止もありえそうな状況。今回のクリーニングは間に合うでしょうけれど、また何かあったらどうなんでしょうか。ボート競技は閉鎖されていますから、薬品で綺麗にできそうですね。しかし、選手が沈したら命に関わる可能性も・・あるわけ無いね。

BlogContest3




http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0630&f=national_0630_010.shtml

藻類の大量発生で五輪ピンチ、人海戦術で撤去―青島

 29日付中国新聞社電によると、8月に北京五輪大会のセーリング競技が行なわれる山東省青島市の周辺海域で、緑藻類が大発生し、当局は懸命に撤去作業を進めている。海岸に漂着したアオサの取り除き作業では市民数万人も動員された。

関連写真:そのほかの環境破壊の写真

  青島市沖合いで緑藻類の発生が確認されたのは5月末ごろ。面積は最大で1.3万平方キロメートルで、特に大量に発生している海域は約400平方キロメートル。6月14日には大量の緑藻類が海岸に漂着しはじめた。

  五輪大会のセーリング競技が行なわれる予定の海域は49.15平方キロメートルだが、約38%に相当する15.86平方メートルで緑藻類が繁殖している。

  このため当局は船舶約1000隻を出動させ、海から緑藻類を取り除く作業を続けている。また、海岸では重機に加えて市民数万人による「人海戦術」で撤去作業を続けている。

  中国新聞社によると、撤去作業は7月15日に終わり、五輪大会そのものに影響は出ない見通し。ただし、事前の練習には悪影響が出るとの見方がある。

  写真は同市海岸での緑藻類の撤去作業。中国新聞社が29日付で配信。(編集担当:如月隼人)
スポンサーサイト
北京オリンピック | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< どうなる毎日新聞(その1) | home | 変態毎日新聞、2ちゃんで炎上。 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。