<< どうなる毎日新聞(その4) | home | どうなる毎日新聞(その3) >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
どうなる中国、北京オリンピック(その7)
【閑古鳥編】
日本がほしかった入場券16万枚を7万枚に減らしたアル。日本人、焦って金額を釣り上げてくるアル、大儲けアル。・・裏目に出ましたね。

公平を期して、毎日新聞から
<北京五輪>チケット100円投げ売りも 観戦ツアー不振

ホテルがどうも予約スカスカという状況でしたね。チケット持ってなければいかないですね。偽チケットも多い事実は皆さん理解しています。で、ここ半年の中国のごたごたがありますから。

こうなると、テレビで放送される競技はもちろん、ヒマネタ競技にも人海戦術が取られそうです。がらがらの競技場は共産党政府の威信にかけても見せられません。カメラ、ビデオが情報発信しますから。しかし、マナーにかけては定評のある中国人です。しかも見たくもないものに動員された時、どういうことになるでしょうか。

【帰路編】
昼間の競技だとよいのでしょうけれど、夜に終わる競技は帰り道を考えておく必要があります。日本のように歩くわけにもいかないでしょう。タクシーがつかまるでしょうか。日本人であることがばれて囲まれたりしたら大変です。愛国無罪の国です。もし、観客がつまらないからといって、日本人に興味を持ったとしたら・・・。
さいわい、準決勝以上はアメリカのテレビ時間帯に合わされそうですから、昼間に終わるようです。よかったですね。

BlogContest3



スポンサーサイト
北京オリンピック | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< どうなる毎日新聞(その4) | home | どうなる毎日新聞(その3) >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。