<< どうなる火病(竹島の巻)(その2)【デモ編】 | home | どうなる毎日新聞(その5) >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
どうなる火病(竹島の巻)(その1)【駐日大使編】
竹島についての記述が結局どうなったのかは知りませんが、日本は相当譲歩したはずです。福田(敬称略)は、日本国民から相当な非難の目を浴びているはずですけれど、マスコミがきちんと報道しないから、福田(敬称略)も気がつかないだけでしょう。
北朝鮮の制裁解除問題の時は、さすがに舵を微調整したみたいですけれど。人に好かれようとして、結局双方から嫌われるのが福田(敬称略)の運命です。芯がないからですね。

それにしても、駐日(前?)韓国大使はなかなかのキャラクターのようですね。楽しませてくれますが、本人は必死のようです。

【召還】
外交通商省報道官は記者会見で、竹島を日本の領土と明記したことに強く抗議するとし、権哲賢・駐日韓国大使を一時帰国させると述べた。
・・喧嘩をしようという時に、窓口を閉めるとしたら、どこまでもやるという意思表示ですね。一方的な召還は戦争をも辞さないと理解されても仕方がない・・まあ、この責任は明博大統領の責任ですけれど。

【恐喝】
韓国の権哲賢駐日大使は15日、藪中三十二外務事務次官との竹島問題をめぐる会談後、「これにより日本は大事なものを失うと伝えた。強く抗議し、措置を要求した」と記者団に述べた。
・・いったい何を失うというのだろう。具体性のない脅しは朝鮮人のお得意。

【孤独】
16日から夏休みに入った福田康夫首相の態度を批判した。
権大使は「(日本側が)『大使が帰ってもすぐ戻ってくる。われわれは休みでも取ろう』という気分なら、さらに大きな災いを招く」と述べた。(2008/07/17-17:46)
・・最初から決まっていた休みなんですけれど。

【辞意】
一方、一時帰国した権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日大使は同日の記者会見で「もう(日本に)
戻りたくない。私のすべき仕事は全部なくなってしまった」と語った。
「冷静になれば何をすべきか見えるかもしれないが、今は興奮状態だ」とも語り、日本の対応を
繰り返し批判した。
・・私が堂々と戻れる条件をお膳立てしてくれという意味なんでしょうねえ。メンツを立てろと。辞意のわけがありません。

【吊り上げ】
過去に駐日大使が一時帰国した際、わずか1週間で日本に戻った前例について、「当時は政府がどのように対処していたのか調べる必要がある。そのような対応では無視されて笑いものになるだけだ。今度も日本はそうなるだろうと考えているようだが、今回はそのような愚かなことをしてはならない」と述べた。
・・ますます帰りにくくしていますね。

【焼け太り】
日本による対応としては「“こうすればよい”というものはないが、最も正確なことは解説書に明記された独島関連の記載を削除することであり、それ以外にも外務省ホームページの独島関連の内容の削除などもあるだろう」と説明した。
・・とにかく日本が譲るしかないというのが、韓国の国策なんですね。

さあ、この国との友好がどのようなものかを理解できたでしょうか。

BlogContest3



スポンサーサイト
固有の領土 | トラックバック(0) | コメント(1) |permalink
<< どうなる火病(竹島の巻)(その2)【デモ編】 | home | どうなる毎日新聞(その5) >>
コメント
ひまだぁー

どもです♪
暇な日は何してるんですかぁー?

バーゲンなのにお金なくて困ってます…↓↓
http://kapipara.net/o708/xl1l4/

2008/07/19 Sat| URL | 美穂
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。