<< どうなる火病(竹島の巻)(その3)【宣戦布告編】 | home | どうなる火病(竹島の巻)(その1)【駐日大使編】 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
どうなる火病(竹島の巻)(その2)【デモ編】
韓国、やってはいけない事をやってしまいましたね。人の道を外れた行いです。まあ、韓国内では当然の行為ですし、日本人から見れば獣のやる事です。
日本の外務省からは、韓国注意のお知らせです。

【天皇陛下】
韓国では日王と称しているらしいです。大統領府では天皇ですけれど。
天皇陛下のお写真を燃やしてしまったらしいです。
「日本王アキヒトを大韓民国国民の名において厳重膺懲し、火に投じて裁く」とのたまわったそうである。
・・日本の右翼が騒ぎ出しませんねえ。なぜって、騒ぎ出すような凱旋右翼の3割は在日と言われていますからね。歓迎しているのでしょう。

キジ
日本の国鳥のキジを血祭りにすることが、日本対する制裁のシンボルとして、キジ9羽を鈍器で殴り殺すパフォーマンスを行なった。キジの腹を割いて内臓を取り出し、その場で内臓を喰らう姿も一緒に公開され、ネチズンたちは衝撃を受けた様子だ。
・・中国の伝統が脈々と。敵を殺し、その肉、臓器を食らうというやつですよ。
「かえって韓国のイメージが悪くなる結果になるのでは」と心配している。・・火病で理性を失った対応全般を反省してください。たとえば、思い通りにならないと大使を召還するとか。
(YouTube) http://jp.youtube.com/watch?v=isNiMhNMHU8

天皇陛下のお写真を燃やしてしまった行為は、世界に対して誇れるというわけですね。

10万人、キャンドル・パーティーはまだですかー。

さあ、この国との友好がどのようなものかを理解できたでしょうか。

BlogContest3


スポンサーサイト
固有の領土 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< どうなる火病(竹島の巻)(その3)【宣戦布告編】 | home | どうなる火病(竹島の巻)(その1)【駐日大使編】 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。