<< どうなる火病(竹島の巻)(その5)【国際政治編】 | home | どうなる火病(竹島の巻)(その3)【宣戦布告編】 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
どうなる火病(竹島の巻)(その4)【経済戦争編】
韓国はなかなか戦略的で、日本のように貝に閉じこもることをしません。あの手この手を打ってきます。経済での仕掛けをしてきました。

日本製品不買
聯合ニュース日本製品の不買運動、インターネット中心に広がる

「日本に打撃を与えられるのは日本製品不買運動だ」と主張した。インターネットコミュニティやブログでは日本製品不買リストが出回っており、電子や化粧品、たばこ、自動車、衣類などのブランドが挙げられている。
・・電子製品ですか、サムソン、LGを守りたいだけですね。自動車ですか、怖いですよね日本の自動車。どちらも日本進出していますが、ほとんど売れていませんね。テレビなどは、ビジネス・ホテルなどで見かけることができるそうです。今年の自動車販売は千台に届くのでしょうか。

日本の対応策としては、「輸出を止める」ことです。韓国経済は一週間もすれば音をあげて降参します。日本からの部品輸入がなければやっていけない経済システムです。それを我慢してやっていける体力はありません。歯をくいしばって頑張れるようだったら、韓国はもっとまともな国になっていたはずです。

【不払い】
日本の権利に対する支払い拒否です。たとえばイチゴです。種子にも特許があるんですね。日本に対する支払いをとにかく拒否することです。・・あれ、これって竹島には関係なく、以前からの問題ですけれど。

日本製品排除】
日本製品を買うからいけないのであって、同等のものを自前で作ればよいわけです。かっぱえびせんを食べたければ、同じものを作ればいいのです。とにかく、日本製品をパクれば問題ないです。・・あれ、これって竹島には関係なく、以前からの問題ですけれど。




さあ、この国との友好がどのようなものかを理解できたでしょうか。

BlogContest3


日本製品不買運動、インターネット中心に広がる


【ソウル18日聯合】日本政府が中学校の新学習指導要領解説書に独島領有権表記を決めたことに反日感情が高まり、インターネット上では日本製品不買運動が広がる気配を見せている。

 ネイバーやダウムなどポータルサイトの討論コーナーの掲示板やコミュニティ、ブログでは、日本製品不買運動を促す書き込みが数百件上がっている。あるネットユーザーは「独島問題で韓国を圧迫する日本をこれ以上見てばかりいられない。日本に打撃を与えられるのは日本製品不買運動だ」と主張した。ネイバーの知識検索サービスには「日本製品不買運動」というテーマに、普段接している日本の食品や生活必需品リストを知りたいという質問とこれに対する答えが寄せられている。インターネットコミュニティやブログでは日本製品不買リストが出回っており、電子や化粧品、たばこ、自動車、衣類などのブランドが挙げられている。

 不買運動はオフラインにも広がり、釜山では17日に市民団体がデパート前で記者会見を開き、日本輸入車の不買運動と追放運動に乗り出すとしながら市民に賛同を呼びかけた。

 これに対し関連業界では直ちに目立った反応はないとしているが、不買運動がオフラインでも現実となる可能性には神経をとがらせ、今後の推移を見守る姿勢だ。日本車業界の場合、ネットユーザーを中心とする不買運動が営業に支障をもたらすのではないかと懸念しながらも、事態の早期収束を待つ雰囲気となっている。ある日本車国内販売法人の関係者は「独島イシューは政治的な問題のため、マーケティングを修正したり別途に対応策を講じてはいない」と、営業に直結させることは警戒するようすを示した。

 IT業界は「国籍を超えたグローバル企業」という点を強調し、独島をめぐる韓日のこじれが深まることについては言及を避けている。ある関係者は不買運動はまだ具体化していないとの見方を示し、また別の関係者も「最近、ある国内電子メーカーが『国籍のないマーケティング会社』をめざすと打ち出したが、日本系のグローバル企業も同様だ」と述べた。

 化粧品業界の関係者は、前にも不買運動はあったが売り上げに大きな影響はなかったとし、現在のところ特に懸念する水準ではないと話す。
スポンサーサイト
固有の領土 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< どうなる火病(竹島の巻)(その5)【国際政治編】 | home | どうなる火病(竹島の巻)(その3)【宣戦布告編】 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。