<< 安政五年の大脱走 五十嵐貴久 | home | 美人は作られる >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
メイド・イン・ジャパン 城山三郎

先日お亡くなりになられた、城山三郎氏のものをひとつは読まねばならないと、直木賞受賞作の「総会屋錦城」を読んだ。その文庫に含まれていた、「メイド・イン・ジャパン」が、出色であった。頃は、まだ日本製品の評価が低い頃の話である。先人の苦労を思いつつ読めてよかった。最後の、「(人生に)負けるとは、どういうことだ」という問いに対する答えがすばらしい。 短編ではあるが、読書の醍醐味である。


ぜひお読みください。・・BlogContest3 

スポンサーサイト
読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 安政五年の大脱走 五十嵐貴久 | home | 美人は作られる >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。