<< 信念の人、福島瑞穂 | home | どうなる毎日新聞(総集編) >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
どうなる火病(竹島の巻)(その9)【領土拡張編】
総集編はこちらです。
こちらです(クリック)。


【竹島編】
いつものことですから、これは無視しましょう。

【対馬編】
【動画】「竹島も対馬も韓国領土」 韓国の退役軍人が対馬で抗議行動
-- ( 部分引用開始 ) --
韓国の退役軍人ら21人が23日、対馬市役所前で、日本側に謝罪と撤回を求める抗議行動を展開した。これに反発する一部市民も駆け付け、現場は一時怒号が飛び交うなど騒然となった。
 韓国側は「竹島は慶尚北道に所属している」と主張しており、「大韓民国傷痍(しょうい)軍警会」の鄭政浩(チャン・ジョンホ)大邱支部長(63)や慶尚北道の会員らが21日から来島していた。
 抗議は午前10時から20分間、市役所前の歩道で実施。「独島は韓国領土 対馬も韓国領土」と主張する横断幕を掲げ、同様の主張を書いたTシャツを着用。日本に謝罪と撤回を求める声明書を呼み上げたり、拳を突き上げてシュプレヒコールを上げた。
・・
 一方、一部の市民が道路の反対側で日本国旗を掲げ、「韓国は間違っている」「対馬は日本領土だ」「帰れ」など抗議した。現場は報道陣が取り囲み、怒号が飛び交うなど騒然とした雰囲気に包まれた。
-- ( 引用終了 ) --

【沖縄編】
久しぶりに沖縄の領有宣言を聞きました。

痛いニュース【韓国】「沖縄は韓国人が開拓した国」~新羅・于山国が沖繩を670年間支配していた
ここでは領有は主張していないようですが、沖縄のルーツは韓国人であることを堂々と主張しております。

こちらですね。2ちゃんから翻訳をいただきました。
【韓国の大作】韓日仏教文化交流協議会智冠会長「対馬、沖縄も韓国領」
韓総理と智冠僧侶は独島(竹島)問題など懸案につても会話を交わした。智冠僧侶は「沖繩という島
も私たちのもので、対馬島も太宗以前に私たちが占有した。独島は言うまでもないが、沖繩と対馬島
も早く取り返えさなければならない」と語り、韓総理はこれに対して「対馬島がひとときうちの領土
だった事があるが、その話を今することはむしろ…。」と言葉を濁した。

【島根編】
ピョ・マヌン(小説家)という人の記事が載ったそうです。
中央日報(韓国語)[特別寄稿]独島、対馬島、九州、島根県も私たちの地だ
中央日報、最初から逃げを打ってますね。
◇外部寄稿は本紙の編集方向と違う場合があります。


【東京編】
これは、変な歌手のたわけた歌詞だった気がします。
「竹島が日本領ならば、東京は韓国領だ」・・全く論理を超越した素晴らしい展開です。


BlogContest3


韓昇洙(ハン・スンス)国務総理が22日、曹渓宗総務院長である智冠(ジグァン)僧侶を訪問して「宗教偏向と関連、そんな事が絶対ないようにする」と明らかにしたが、智冠僧侶は「別に申し上げるお話はない」と短く返事して、李明博政府と仏教系の間の大きな間隙がそのまま現われた。

 韓総理はこの日午後5時頃、ソウル曹渓寺を尋ねて「これまでいろいろと政府が元老に心配をかけた。我が国は宗教が多元化された国家で特定の宗教偏向や差別を絶対しない」と明らかにし「これから何か用事ができれば智冠僧侶が私に直接連絡してほしい」と語った。(中略)韓総理と智冠僧侶は独島(竹島)問題など懸案につても会話を交わした。智冠僧侶は「沖繩という島も私たちのもので、対馬島も太宗以前に私たちが占有した。独島は言うまでもないが、沖繩と対馬島も早く取り返えさなければならない」と語り、韓総理はこれに対して「対馬島がひとときうちの領土だった事があるが、その話を今することはむしろ…。」と言葉を濁した。

 韓総理は「未来に韓国と日本が一緒に進まなければならないのに反目してはいけない。私たちは用意ができているのに、独島領有権問題で中学校社会科教科書学習指導要領解説書を作るのを見れば、日本の政治家たちは、もっと進まなければならない」と指摘し、智冠僧侶はこれに対して「そうすればいいのに、その人たちがそうしないから…。信じていてはいけない」と返事した。(中略)韓総理と智冠僧侶の今回の会見はキャンドルデモが盛んだった今月1日、一部の仏教系信徒らが李明博政府の宗教偏向を問題視して反発し、接見が流れてから21日後だ。




2ちゃんから、翻訳したものを参照します。中央日報(韓国語)[特別寄稿]独島、対馬島、九州、島根県も私たちの地だ

島根県の昔の名前が出雲だ。神話で飾られているが、その場所にあった出雲という国は大和政権を立てた今の天皇家に滅亡させられたことになっている。この出雲大社に祭られている神さまがまさにその滅亡したイズモ国の支配者だ。それでは出雲に国を建てた民族は誰だろう?
もちろんずいぶん前に定着した先住民もいたが、大部分は紀元1世紀以後に韓半島の慶尚道地方から潮流を利用して命をかけて日本列島に渡った韓半島の人々だ。韓半島に三国が成立された後の話だ。
東海と対馬島海峡は夏季と冬季に風と潮流が入れ替わる所だ。夏季には南西風と平行してフィリピン群島側から上って来る黒潮が対馬島海峡を通って東海に北上し、冬季になれば強烈な北風といっしょに南下する北太平洋寒流の一分岐が東海から対馬島海峡を抜ける。
以前、日本の北沿岸一帯には韓国語が書かれた浮遊物が漂着するという日本環境学者が書いた報告書を読んだ記憶がある。韓国で捨てたごみが日本の白い砂浜に上陸しているのだ。それもそのはずなのが、北太平洋寒流に乗って江原道と慶尚北道北端から船を浮かべれば、主に新渇県と山形県に到着し、慶州浦項地域と慶尚南道海岸から出発すれば島根県へ流れ着く。
慶尚南道海岸から船を浮かべて黒潮と南西風を利用すれば日本の九州地方に到着するようになっている。だから出雲に国を建てた人々は、主に慶尚道から船を浮かべた人々だと言える。日本の歴史書である古事記や日本書紀を書いた人々がこの事実を神話として偽装したが、それでも日本にも良心ある歴史学者たちがおり、その神話の真実が一つずつ明かされているようだ。
その成果が慶尚北道と島根県の姉妹提携に現われている。扶余市と九州の熊本市が姉妹提携を結んだことも同じな脈絡だと言えるだろう。このごろは任那は日本が統治した領土と負け惜しみを言う日本の歴史学者も見られなくなったが、洛東江河口を中心にして任那という地名があったのは事実だ。もちろん伽耶王国の時の話だ。
紀元1世紀から何百年の間、九州は伽耶人によって統治されて来た土地だった。4世紀に入って伽耶が滅亡すると百済が勢力を確張して奈良に都し、百済系の大和政権が立ちあがり、任那の日本支配説は8世紀に百済系だった人士によって編纂された日本の歴史書である古事記に任那の日本支配説が現われるものの、これはまさに伽耶の九州統治説を陰から裏付けているのだ。
伽耶連合王国は洛東江のまわりに点在していた。その中で金海を拠点にキム・スロ王の支配した金官伽耶が一番力の強い王国だった。そして鉄衣の産地だった。彼らは早くから鉄器を使っていたし、騎馬民族である彼らが九州を征服するようになったことは当たり前の帰結だと言えるだろう。
もちろん伽耶の征服以前に定着していた原住民がいたのは事実だ。しかし、アメリカやカナダのインディアン原住民がアメリカやカナダに自分たちの地だと主張できないように、伽耶と百済が征服した日本の地は実は韓国の地であるということだ。
はがゆいのは韓国政府だ。韓国政府も気付くだけではなく、李承晩ラインのような力強い対応策を行使して、歴史的な事実を突き付け、九州も島根県も私たちの土地と言って対馬島も私たちの地だと主張してはいけないのか?

ピョ・マヌン(小説家)
http://www.joongang.ca/data/file/T1001/1077645336_80162deb_C7A5B8B8BFF5.gif
◇外部寄稿は本紙の編集方向と違う場合があります。

ソース:中央日報(韓国語)[特別寄稿]独島、対馬島、九州、島根県も私たちの地だ
http://www.joongang.ca/bbs/board.php?bo_table=T1001&wr_id=3006


2 :蚯蚓φ ★:2008/07/26(土) 10:15:17 ID:???
>>1の中略部分

対馬島もそうだ。対馬島は古代から洛東江地域と九州の間にある飛び石みたいな存在だった。最短距離でもあったこの航路はたとえ200kmしかにならなくとも、その頃は一気に行くことができる距離ではなかった。潮流と風に合わせなければならなかった。日本に渡ろうとすると北東風と寒流が南下する秋期まで待たなければならなかったし、反対に日本から来る航路は黒潮と偏西風が吹く春期と夏季を利用しなければならなかった。
その中間地点である対馬島は、古代から韓半島人の拠点になるしかなかった。両方を往き来した人は日本の原住民ではなく、伽耶や百済人だったから対馬島は伽耶や百済に属していた地だったし、現在居住している島民たちはその子孫だと言っても過言ではないだろう。
実は対馬島は、豊臣秀吉が朝鮮侵略の野望を抱くまでは、関心の外に置かれた島に過ぎなかった。彼らは朝鮮王朝が送ってくれる糧食に寄り掛かっていたと言うし、領主は朝鮮王朝の官職まで得ていた境遇だった。だから、対馬島はわれらの領土だと主張することができる根拠が充分にあるのだ。
スポンサーサイト
固有の領土 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 信念の人、福島瑞穂 | home | どうなる毎日新聞(総集編) >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。