<< 浅草花火大会に思う | home | どうなる火病(竹島の巻)(その9)【領土拡張編】 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
信念の人、福島瑞穂
福島瑞穂は福島瑞穂。瑞穂の前に瑞穂なし、瑞穂の後に瑞穂なし。

2ちゃん【日韓】社民党の福島瑞穂党首が韓国SBSテレビに出演、日本政府による竹島領有権明記を批判 [07/25]
朝鮮語の記事なので、2ちゃんからの引用です。

■日本の進歩政治家:「独島波紋、愛国心強要が問題」

<アンカー>
日本の代表的な進歩政治である福島瑞穂・社民党党首が、最近の独島波紋は愛国心を強要する日本社会の右傾化と無関係ではないという立場を表明しました。福島党首に東京の尹チュンホ特
派員が会いました。

<レポーター>
日本の進歩的人権弁護士出身で、故・金学順ハルモニをはじめとする軍隊慰安婦や強制徴用被害者のために積極的に活動してきた福島社民党党首。福島党首は、最近の独島問題による韓日関係の悪化は残念だとしたうえで、日本政府はより慎重
である必要があると指摘しました。

<福島瑞穂・社民党党首>
「今この時期にどうして独島を指導要領解説書に明記しなければならなかったのか、疑問です。」(訳注:元の日本語は、「指導要領などに、この竹島問題を書くことの是非については、慎重であっても良い。何故いま書くのか、というふうに思います。」)
慰安婦ハルモニと会うために数十回も韓国を訪問したという福島党首は、独島問題の根本的なきっかけになった2006年日本の教育基本法改訂を、強い口調で批判しました。
教育基本法改訂は生徒に愛国心を強要し、ひいては憲法を改正して戦争が出来る国・日本を作ろうとする日本右派の策動だ、ということです。
<福島瑞穂・社民党党首>
「国民が国家権力を縛るのではなく、国家権力が個人に愛国心を強要して国家を守るように義務を課そうとするものです。」
<レポーター>
もちろん福島党首は、独島問題に関して韓国の肩を持ったわけではありません。ですが独島問題で両国の民族主義が衝突して関係が悪くなることは望ましくないとして、歴史教科書の共同研究などを通じて両国の認識の幅を広げてゆこうと提案しました。

-- ( 引用終了 ) --

ガチですね、福島瑞穂さん。日本より南朝鮮のことを思うのならば、帰化されたらどうでしょうか。


BlogContest3


スポンサーサイト
反日 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 浅草花火大会に思う | home | どうなる火病(竹島の巻)(その9)【領土拡張編】 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。