<< 韓国2030 | home | カウントダウン北京オリンピック・・七日前 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
韓国2020
将来にはばたく韓国。日本と違いビジョンがあります。


【韓国、2020年に月探査衛星打ち上げへ】
そういえばロシアから資料をコピーしたようですから、うまく使えばできるのでしょう。
-- (引用開始) --
記事入力 : 2007/11/21 10:47:55
 韓国政府は20日、2020年に月探査衛星を、2025年に月面着陸船をそれぞれ打ち上げる構想を固めた。
 韓国科学技術部は20日、第4回宇宙開発振興実務委員会を開き、月探査衛星を含む「宇宙開発事業細部実践ロードマップ(行程表)」を採択した。同委は宇宙開発振興法に基づき、大統領直属の国家宇宙委員会の下部機関として、政府の宇宙開発計画の細部事項を審議、議決するために設置された。
 同ロードマップは、昨年6月に国家宇宙委員会がまとめた「宇宙開発振興基本計画」に従い作成されたもので、今後10年以上先までの宇宙開発事業の細部目標、目標年限、技術確保戦略などで構成されている。月探査計画以外では、来年にもロシアと共同開発中の「KSLV-1ロケット」(重さ170トン)を、2017年に独自開発の300トン級ロケットをそれぞれ打ち上げることを盛り込んだ。
 また、ロードマップに含まれた人工衛星開発計画によれば、2012年までに国内で商業衛星の完成品を生産し、2016年までに商業衛星の光学カメラ部品を含む中心部品の技術を国産化。2020年には昼間に雲が懸かっている場合や光学カメラによる地上撮影が不可能な夜間に使用するマイクロ波合成映像レーダー(SAR)衛星を開発するとしている。
チョ・ホジン記者
朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
-- (引用終了) --

【2020年に韓国は『軍事強国』に。遠洋作戦が可能になり、空中給油機も配備へ】
何のために遠洋作戦が必要になるのでしょうか。どこまで攻め込んでいくつもりでしょうか。
-- (引用開始) --
■建軍58周年 … 「戦作権」単独行使する国軍の未来像(2)
国防部が推進中の「国防改革2020」が完成する2020年ごろ、我が国は「軍事強国」の様相を備えることができる見込みだ。2020年までに現在約68万人の兵力を約50万人に削減するが、戦闘効率性が高い武器や装備で武装し、打撃能力(PGM)は大きく向上する、と軍関係者らは説明する。機動力と火力を備えたヘリコプターと遠距離作戦が可能な潜水艦を除いて、相当数の装備の保有数が減るが、戦力指数は現在より約2倍に増強されるということだ。<中略>
海軍は、既存の韓国型駆逐艦(KDX-I・KDX-II)に続くKDX-III(イージス艦)、次期護衛艦(FFX)などの水上艦約70隻と、中型級潜水艦(KSS級)、航空戦力約110機を備え、水上・水中・空中の立体戦力構造に改編されて朝鮮半島全海域の監視・打撃が可能になる。
これは遠洋作戦が可能な水準だ。例えばマラッカ海峡を通過する韓国籍の船舶が海賊やテロ勢力の脅威に遭遇した場合も、迅速で機動的な対応が可能だ。
海兵隊は現在の2個師団を維持する一方で旅団(1個)と延坪(ヨンピョン)部隊(大隊級)を解体し、UAV(無人機)と上陸用多連装砲、K-1改良戦車、大型輸送艦、上陸突撃装甲車、機動ヘリ戦力を補強して、迅速対応能力を確保できるようになる。
空軍は北部戦闘司令部を創設し、KF-16、F-15K、A-50、次期戦闘機(F-X)などHigh-Low級戦闘機約420機と空中給油機、早期警報統制機、次期誘導兵器(SAM-X)、短距離誘導兵器(M-SAM)を確保して、精密打撃能力が現在の平壌~元山以南地域から朝鮮半島全域へと拡がる。これによって、独島(訳注:竹島の韓国名)で軍事的紛争が発生した場合にも、従来では想像もできなかった、空軍の最新鋭F-15Kなどを利用した、空中給油なしでの迅速・円滑な作戦が可能になる。
また、現在38%レベルの志願兵の規模を2010年には50%、2015年には65%へ段階的に拡大して、2020年には80%で調整する計画だ。現在年間約22万人レベルの徴兵者数が兵力削減計画により2020年には約11万人に減る点を勘案すれば、このうち約8万人が志願兵で補充されることになる。
約3千人いる女性兵士も2020年までに約7千人に増やし、電算・経理・副官・教育・医療などの行政兵科に30~40%まで拡大充当する。
更に大部分の部隊が、戦闘体系と軍需支援・兵営福祉分野に最先端のIT新技術を適用した「ユビキタス部隊」に改編される。国防部は、モデル部隊を選定して2010年までに「u-Defenseシステム」を備えた「ユビキタス部隊」とし、2020年までに段階的に拡大する計画だ。「ユビキタス」とは、すべての物を知能化・ネットワーク化して、人と人、物と人の間でいつでもどこでも意思疎通が可能となるIT新技術のことだ。
ロボットセンターから遠隔操作され、重機関銃を装着して有事の際は敵との戦闘も可能な偵察・戦闘兼用ロボットも、旅団級歩兵部隊に配備される。無人戦車と類似の形態を持った、重戦闘・火力支援軍事ロボットも登場する。大口径砲や対戦車ミサイル、機関銃など重火器を搭載し、昼夜間映像センサーを備えて悪天候や夜間でも敵に火力を浴びせることができる。旅団級機械化部隊に配備されて任務を遂行することになる。
来年から 2020年までに、最新鋭戦力の確保と兵士の給与引き上げ、装備の運営維持費などで総額621兆ウォンの予算が必要だ。国防部は、2020年までの経常成長率が平均7.1%水準と見込まれることから国防費を年平均 6.2%水準で持続的に増額しても充分に確保可能だという立場だが、一部では軍の果敢な「贅肉落とし」努力を並行して進めねばならないとの指摘も出ている。
-- (引用終了) --


【2020年には釜山へ…夏季五輪誘致祈願、100万人署名運動】
日本と同じことばかりやりたがりますね。サッカーの件でもう韓国には回ってこなくなりましたよ。まさか、東京・釜山共催なんて考えていないですよね。
-- (引用開始) --
釜山の経済界、学界、市民団体で構成された2020五輪誘致市民支援協議会が16日、釜山西面ロッテ百貨店前で夏季五輪釜山誘致宣言イベントをした。釜山出身五輪テコンドー金メダルリストであるムン・デソン選手とバレーボール元国家代表選手だったユン・ジョンへ、ソ・ヘスクさん(左から)らが2020夏季五輪誘致成功を誓い合っている。
釜山市民たちが2020年、夏五輪誘致に積極的に立ち上がった。
釜山地域150の市民・社会団体で構成された「2020五輪誘致汎市民支援協議会が7月末に構成され、本格的な活動に入った。
2002年アジア大会、2005年アジア太平洋経済協力体(APEC)首脳会議など大きな国際行事を成功裏に終えた自信をもとに五輪誘致に挑戦状を出したのだ。
協議会は2020夏季五輪が釜山で開かれるよう政府が積極的に誘致運動を広げてほしいという建議文を最近、文化観光部長官に送った。
協議会は16日には西面(ソミョン)ロッテホテルの前でチョ・ヤンファン釜山市議会副議長、イ・ジャンホ釜山銀行頭取、パク・インホ釜山経済再生常任共同代表、ムン・デソンアテネ五輪金メダルリストらが参加した中、五輪誘致宣言および署名行事を行い、100万人市民署名運動に入った。
釜山市も誘致運動を積極的に支援に出た。市はまず今月末に五輪誘致妥当性用役を発注する計画だ。結果が出る来年、大会開催計画書を文化観光部に提出する計画だ。2020年大会を誘致するための政府承認は2011年まで受けてもいいが早期承認を受けることで他の市、道との競合を避けながら国民的関心と支持を高めることができる上、十分な準備期間が開催効果を極大化できるという判断からだ。
釜山市は来年8月の北京五輪と来年9月、釜山世界社会体育大会など国際スポーツイベントに参加する国際体育界高位関係者に会って釜山誘致の当為性などを広報する計画だ。
釜山市は特に平昌(ピョンチャン)が2014年、冬季五輪誘致に失敗した上、中国(長春)が2018年冬季五輪を誘致するという立場を明らかにしていることから、韓国が冬季五輪より夏季五輪を誘致するのが経済的波及効果も高く、国民の同意を得られやすいと見ている。
釜山市はまたアジア大会競技場と隣近金海(キムヘ)、梁山(ヤンサン)、蔚山(ウルサン)にある施設を活用することができ、最小限の費用で大会を開催することができる点も長所としている。
釜山市はAPEC首脳会議が開かれた2005年11月15日、ホ・ナムシク市長が2020年五輪釜山誘致推進を公式宣言した後、2006年2月IOC委員たちに釜山市長の手紙と広報物を送るなど五輪誘致運動を展開してきた。
ホ・ナムシク釜山市長は「釜山はワールドカップ組抽選と本選競技、アジア大会など大型国際行事を成功させ、アジアのスポーツ交流中心都市として浮上した」とし「国際行事に参加した人的支援とボランティアたちが多く、五輪を開催する十分な力を揃えている」と話した。
ホ市長はまた「釜山が世界的な競争力を揃えた先進都市にジャンプするために五輪誘致は必要」だとし「2020年は都心循環道路と新国際空港、東釜山観光団地が揃うなど五輪を開催するに劣らない文化観光都市に跳躍することができる」と付け加えた。
-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
韓国 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 韓国2030 | home | カウントダウン北京オリンピック・・七日前 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。