<< カウントダウン北京オリンピック・・二日前 | home | カウントダウン北京オリンピック・・三日前 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
どうなる火病(竹島の巻)(その12)【降伏編×帰任編○】
帰任編です。

まず、この件について三社の報道の仕方をごらんあれ。そして最後に黒田勝弘さんの総括を。
それにしても、韓国大使の「やることは無くなった、戻ってきたくない」という発言はどこに行ったのでしょうか。

【竹島問題:一時帰国の駐日韓国大使、きょう帰任へ】
毎日新聞です。悔しさがにじみ出ているのと、面子を保つので精一杯ですね。
-- ( 引用開始 ) --
 【ソウル中島哲夫】韓国の外交通商省報道官は4日、日本の中学校の新学習指導要領解説書への竹島(韓国名・独島)領有権記述に抗議する形で一時帰国していた権哲賢(クォンチョルヒョン)駐日韓国大使が5日、帰任する予定だと発表した。
 権大使は7月15日の帰国以来、日本を強く非難。個人的見解としながらも、今後の李明博(イミョンバク)大統領訪日や6カ国協議での日韓協力に悲観的な発言をし、韓国内でも批判の声が出ていた。
 同報道官によると、権大使は帰任後、【未来志向の日韓関係のために、「日本政府がもう少し誠意ある措置をとること」を強く要請する。
 韓国メディアは権大使の一時帰国を「事実上の大使召還」と報道した。
 1965年の日韓国交正常化以来、この種の措置は4回目で、帰国期間は最長記録となった。
-- ( 引用終了 ) --

【竹島巡り帰国の駐日韓国大使、5日に日本帰任】
朝日です。抑えてますね。
-- ( 引用開始 ) --
 【ソウル=牧野愛博】中学校の学習指導要領解説書への竹島(韓国名・独島)の記述を巡る問題で、韓国に一時帰国していた権哲賢(クォン・チョルヒョン)駐日韓国大使が5日、日本に戻ることになった。韓国外交通商省が4日、発表した。
 韓国政府は竹島問題に反発し、先月15日に大使を韓国に呼び戻した。帰国の理由については、外交上の摩擦を小さくするため、召還ではなく「業務上の協議」と説明。大使は帰国中に李明博(イ・ミョンバク)大統領や韓昇洙(ハン・スンス)首相らと会い、今後の対応策を協議していた。
 韓国政府関係者は「国内で十分な協議を終えたため、現地で指揮を執ってもらうことになった」と説明した。
-- ( 引用終了 ) --

【韓国大使帰任を歓迎=藪中外務次官】
時事通信です。頭冷やせって言うことですね。
-- ( 引用開始 ) --
 外務省の藪中三十二事務次官は4日の記者会見で、竹島(韓国名・独島)問題をめぐって一時帰国していた韓国の権哲賢駐日大使が5日に帰任すると発表されたことについて「東アジア地域全体を考えても、日韓が協力関係を進めていくことは非常に大事だ。そういう方向で進んでいくのであれば結構なことだ」と歓迎する意向を示した。
 また、「両国の政府関係者が冷静な話し合いをしていくことが目的に資する」と語り、韓国側に改めて冷静な対応を呼び掛けた。(2008/08/04-18:02)
-- ( 引用終了 ) --

【から(韓)くに便り・黒田勝弘・ソウル支局長 夏がくれば思い出す】
産経です。終息宣言と総括を行っているように見受けられます。
-- ( 一部引用開始 ) --
 今回の韓国社会の“独島・愛国シンドローム(症候群)”も3週間を過ぎ沈静化しつつある。反日・愛国をあおってきたマスコミにも「日本の挑発、野欲に対しては感情的対応より冷静で着実な外交努力を」などと、冷静さを訴える論調が増えている。
 “マッチポンプ”的な感じだが、マスコミがまず興奮するのだから「事態をたきつける前にこの冷静論を主張してくれればいいのに」といつも思う。
 日韓関係が悪化した際、韓国におけるその収拾策はいつも自己批判と自助努力の強調だ。たとえば「孫子の兵法」的に、敵(日本)に勝つにはまず敵をよく知ることといった知日論や、「やはり力がないから」といった国力培養論などもそうだ。
 今回も「克日」がいわれている。1980年代初め教科書問題の際、登場した言葉だが、日本支配から解放されてから63周年のこの夏、韓国はまだ「日本に打ち克つ」ことに懸命である。
-- ( 引用終了 ) --

総集編はこちらです。
こちらです(クリック)。


BlogContest3



スポンサーサイト
固有の領土 | トラックバック(0) | コメント(1) |permalink
<< カウントダウン北京オリンピック・・二日前 | home | カウントダウン北京オリンピック・・三日前 >>
コメント
書き込み失礼します。
私はブログを書いております横山と申します。

http://www.oyazisaru.com/

もし、宜しければ相互リンクしていただけないでしょうか?
検討宜しくお願いいたします。
2008/08/05 Tue| URL | 横山
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。