<< 今、韓国が熱い(8月9日編) | home | 今、韓国が熱い(ノージャンル編) >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
カウントダウン北京オリンピック・・当日
いよいよ今日です。今晩の中国時間夜八時八分、開会宣言がなされます。
なんか、中国から流れてくるニュースが少ない気がします。何でもかんでも情報封鎖なんてことはないのかな。記録のために、コピペしまくってますよ。既読はごめんなさい。

【北京五輪、あす夜開幕 史上最大の大会に人権問題で懸念消えず】
産経が書くとこうなります。
-- ( 引用開始 ) --
 【北京=矢板明夫】北京五輪は8日午後8時(日本時間午後9時)、開幕する。史上最大の205カ国と地域が参加し、24日までの17日間、28競技302種目で熱戦が繰り広げられる。
 開会式は“鳥の巣”との愛称を持つ北京市内の中国国家体育場で行われ、史上最大の80カ国以上の国家元首、政府首脳、王室の関係者が出席する。
 米国のブッシュ大統領、ロシアのプーチン首相ら約60人が7日までに北京入り。要人たちを迎えるため、北京市内の警備体制は強化され、同日早朝から市内各所で自動小銃を持つ警察官の姿は目立っている。
 史上初めて中国で行われる五輪について、中国当局は、改革開放30年の成果を世界に示す国威発揚の場とみなしており、大会の成功に国家の威信をかける。しかし、3月に起きたチベット騒乱などで、中国国内の人権問題が世界中の注目を集めた。北京五輪に反対する声も依然として強く、これまでとはやや様相の異なる五輪となる可能性もある。
 北京市中心部の天安門広場では7日、中国政府の人権弾圧を糾弾する記者会見を開こうとした米国の人権活動家3人が拘束された。
-- ( 引用終了 ) --


【「ウイグルの原爆被害を知ってもらいたい」】
産経2008.8.7 21:05からです。産経以外は記事にしないような内容です。
-- ( 引用開始 ) --
 広島と長崎の原爆忌に合わせて来日中のウイグル出身の外科医アニワル・トフティ氏が7日夜、北京五輪の開幕に先立ち都内で講演し、中国の核実験による汚染の実態を説明した。
 アニワル氏は、中国の核実験場があった新疆ウイグル自治区で、大脳未発達児が数多く生まれ、がんの発生率も高いことなどを指摘。「原爆の悲惨さを一番知っている日本人に、原爆の被害に苦しむウイグル人が大勢いることを知ってもらいたい」と訴えた。また「ウイグル人の生命や財産の犠牲の上に、北京五輪が開催される」と述べ、中国によるウイグル人への人権弾圧を批判した。
 アニワル氏は98年、英国テレビ局の番組で、中国に核実験による後遺症の実態を世界に向けて告発し、英国に亡命している。
-- ( 引用終了 ) --

【イスラム組織が五輪脅迫 新たにビデオ発表と米団体】
あらあら。でもどうせ北京ではできないんでしょう。
-- ( 引用開始 ) --
 【北京7日共同】AP通信によると、米国のテロ監視団体「インテルセンター」は7日、「トルキスタン・イスラム党」を名乗る組織が北京五輪でのテロを示唆する脅迫ビデオを新たにウェブサイト上で発表したと伝えた。
 ビデオは、中国西部のウイグル民族などが話すウイグル語の音声がかぶせられ、五輪マークが燃やされたり、五輪競技会場の1つで爆発が起きることを示す内容。
 中国雲南省昆明市で7月21日に起きたバス連続爆破事件では、同じ「トルキスタン・イスラム党」を名乗る組織がビデオによる犯行声明を発表。このビデオは「雲南省での聖戦」と題され、北京五輪を標的にした攻撃を行うとの脅迫声明を読み上げる人物が撮影されていた。声明では、同組織が再三にわたり、五輪中止を中国や国際社会に要求したが、中国側が無視したと非難。昆明の事件に加え、上海市で5月に発生した路線バスの火災にも関与したとしている。さらに、広州市などでの爆破事件へのかかわりを認めた。
-- ( 引用終了 ) --

【北京オリンピック、別の視点で観戦したい。】
中国ウォッチャーの第一人者である宮崎正弘氏のメルマガからです。
中国のバブル崩壊は別として、政治体制の内部崩壊という見方は、日本で特に取り上げられている話題のようです。さあ、どちらが正しいのでしょうか。
-- ( 引用開始 ) --
「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成20年(2008年)8月7日(木曜日)通巻第2279号  
 いよいよ明日、北京五輪は準戦争状態で開幕
  民を防衛体制の先兵に配置して、北京政府の思惑は奈辺に有りや
*******************
北京オリンピック、別の視点で観戦したい。
(1)戦争状態として見ると各地の警備態勢は「内乱対応型」ではないか?
 各地の厳戒態勢の中味は、ボランティアという「民防」「自警団」の再組織化に成功している。
 競技会周辺の警官は荷物を開けさせる権利を付与されている。過剰防衛という声は庶民からは上がらず、外国メディアが異常を伝えるのみ。
 主要な競技会会場周辺ではX線検査と、ボディチェックがある。ライター、液体、横断幕などが回収される。これはひょっとして未来に予想される少数民族の反乱、内乱のための予行演習?
(2)民間の情報協力態勢も敷かれた
瀋陽ではタクシー運転手に「重要治安情報を提供すれば、最高50万元(約750万円)の報奨金」制度が通告された。市内だけで2万台もあるタクシー(瀋陽は700万都市)が、いきなり“パトカー”に早変わり(しかし以前からタクシーは密告制度を強要されており、北京では多くのタクシーに録音機が内蔵されているとの情報もある。合肥などのタクシーも半分は公安と連絡があるという話を聞いた)。
(3)監視カメラはオーエル『1984年』を思い出させる
 北京市内で新設された防犯カメラ、実に22万台(合計30万台という)。 北京のみならず上海も青島も公共の路線バスには制服警官のほかに私服も乗り込む措置が取られている。
 以前から目的地によって乗客全員をヴィデオ撮影していた(とくに深セン向けの長距離バスに乗ると身分証明書の提示も求められた。今回は北京へ向かう長距離バスの全てで実行された)。
(4)学徒動員態勢も組めた
北京市内のボランティアは10万人とも22万人ともいう。空港だけでも2200人の大学生ボランティアがいる。これは「学徒動員」さながらである。週刊朝日(8月15日号)でも小生は指摘しておいたが、空港のボランティアはヒンズー語、アラブ語など語学研修の学生が主体で空港内で外国人の案内役を買って出ている。会場周辺も殆どが学生のボランティアで成り立っているが、ちょうど夏休み故に、この態勢が組めた。また青藻異常発生の青島では徐去作業に軍、市職員のほか、地元大学に通う大学生一万余を動員した。
(5)ホテルに電流を流し、予防戦争のごとし
サッカー会場の上海の「上海体育場」と隣接のホテル「華亭賓館」はフェンスで囲まれ、「電流注意」の表示。ほかのホテルも警備員のほうが客数より多いところがある。上海体育場の敷地内には公園もあり、レストランもあるが、一般の立ち入りが禁止され、武装警察が50メートルおきに立つ。これだけで1万5000人の軍隊が配置されている。サッカーは警察国家のもとで行われる。一番警戒を要するからだ。老舗ホテル「華亭賓館」は五輪関係者用だけしか宿泊出来ない。地下鉄駅では検査。路線バス計1600台には監視カメラが設置、下水道もカメラによる監視体制が敷かれる。
げんに上海では5月、通勤ラッシュの路線バスで可燃物が炎上、3人が死亡、12人が負傷した。7月にはナイフ男が警察署を襲撃、警官ら11人を殺傷する事件が起きた。
(6)人釘人(レンティンレン)の五人組監視制度が復活?
 人釘人という懐かしいフレーズ、文革の時に毛沢東は五人組制度を強要し、密告させて連帯責任を取らせた。いま北京、上海などの胡同では住民がさながら「自警団」。大きな赤い「治安巡回」という腕章を蒔いている。余所者を極力排除し、外部からの闖入も目を光らせている。直訴村にいた多省からの貧困層を強制的に北京から追い出した。
(7)戦争は「農村から都市へ!」と毛沢東は呼号した
 70年代までの革命路線輸出時代には『都市ゲリラ』が合い言葉だった。その都市ゲリラ対策を、毛沢東の後継政権が腐心するようになるとは、歴史のイロニーである。

 以上のような視点から北京五輪を観察するのも一興。
-- ( 引用終了 ) --

【中国、評価に過剰反応 海外メディア「監視されてるようだ」】
あーあ、産経、書いちゃったよ。この記事が中国当局に報告されて産経は取材しにくくなる。まあ、産経は最初からマークされてますけれどね。
-- ( 引用開始 ) --
北京五輪では、ホスト国の中国が外国メディアの報道に異常なまでに細心の注意を払い、五輪の評価に過剰反応していることが特徴の一つだ。一方、海外メディアの方は取材の不自由さを感じているようだ。
「プレスセンターの食堂の値段が高いと文句を言ったら、翌日から大幅に値下げされた。こんなことは初めてだ」と驚きの表情で語るのは、英国系大手通信社のベテラン男性記者だ。しかし「五輪があす開幕するというのに、われわれは中国人選手をまだ一人として取材できずにいる」と不満を漏らす。
米国の女性記者も同様だ。「生活環境面では配慮してくれているが、私たちに中国を褒める記事を書かせようとして必死に(中国当局が)アプローチしてくるのはうっとうしい。私はスポーツ記者だ。中国の改革開放の成果などに興味はない」と言い放つ。
北京五輪を取材するため訪れる外国人記者は、史上最大規模の2万人以上だとされる。北京市内にはプレスセンターが2カ所設けられ、記者たちのために取材ツアーや映画の上映会など多くのイベントも用意されている。
「一番驚いたのはプレスセンター内のボランティアスタッフの多さだ。トイレの前にも必ず立っており、どこにいても監視されているようだ」と語るフランスの男性記者もいた。
外国メディアの報道について、中国のメディアは逐一反論するなど、こちらも神経をとがらせている。たとえば、中国の農民工の人権問題や北京の大気汚染問題などを批判する欧米メディアの報道に対し、中国メディアは細かいデータを引っ張り出し、必死に否定する。
一方、6日付の国際情報紙「環球時報」は1面トップで「北京を絶賛する声が急増した」と報じた。米紙ワシントン・ポストや英国のBBC放送など複数のメディアが最近、北京五輪を好意的に紹介した報道を取り上げたものだ。
そうした報道について環球時報の記事は「外国の選手や観光客が大挙して北京に入り、中国の実態を知ったためだ」と分析し、「外国メディアは中国を歪曲(わいきょく)できなくなった」としている。しかし、BBC放送の関係者は「われわれは今までと同様の報道をしただけにすぎない」と首をかしげた。(矢板明夫)
-- ( 引用終了 ) --


【何かが起きる8・8!どうなる五輪開会式】
報知新聞、ネットからネタを拾ってきましたね。ずいぶん前のネタですが、ちょうど探していたところ。ありがとう。
-- ( 引用開始 ) --
2008年8月8日、午後8時8分。いよいよ北京五輪が開幕する。「8並び」の日時にスタートする北京五輪の開会式。「8」という数字は、日本でも「末広がり」といわれるが、中国では特に縁起のいい数字として好まれている。
広東語の発音で「8」と「発」が似ており、「金持ちになる」という意味の「発財」に通じると考えられているのがその理由。03年には、「8」が8個並んだ電話番号「8888―8888」が競売にかけられ、四川航空が約3400万円で落札したほどだ。
しかし今年に入って、ラッキーナンバーだったはずの「8」に関連し、不吉なジンクスがささやかれている。
1月25日(1+2+5=8)には、中国南部に大寒波が到来。五十数年ぶりの大雪となり、100人以上が死亡、約150万人が避難することとなった。豪雪による経済被害は、約1兆7000億円とされている。
3月14日(3+1+4=8)には、中国チベット自治区の首都ラサで大規模暴動が起き、以後、「チベット騒乱」が世界中で問題視されるようになった。
さらに5月12日(5+1+2=8)には、四川大地震が発生。現時点で死者は約7万人に上り、なおも約1万8000人が行方不明となっている。
いずれも、「月日の数字を足すと8になる」日に、国家を揺るがす“災い”が起きているのだ。
しかも地震が起きた5月12日は、五輪開会式の88日前にあたる。地震のマグニチュード(M)は、当初のM7・8からM8・0に変更されている。不気味なほど、「8づくし」だ。
「足して8」というのはいささか強引だが、数字や文字などで縁起を担ぐことが慣習となっている中国人の間では、ネットを中心に、この「8のジンクス」があっという間に広がった。
中でも、「8並び」の日時に開始する五輪開会式で、「今度は大規模テロが起きるのでは」と懸念する声は多い。7月21日には、雲南省昆明市で路線バスが相次いで爆破され、2人が死亡。今月4日には、新疆ウイグル自治区で過激独立派とみられる組織による武装警察隊襲撃事件が起き、警官16人が死亡している。
もっとも、「足して8」のジンクスがあてはまる日は、物理的に8、9月にはない。ジンクス通りならば、次の“厄日”は10月7日(1+0+7=8)ということになるが…。
-- ( 引用終了 ) --

【北京五輪:早くもドーピング45人 出場禁止命じる】
ほーら、始まった。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2008&d=0808&f=national_0808_024.shtml
-- ( 引用開始 ) --
国際オリンピック委員会(IOC)と世界アンチ・ドーピング機関は、これまでに禁止薬物の使用が確認されたアスリート計45人に対して北京オリンピックへの不参加を命じたと発表した。8日付で新華社が伝えた。
この中にはギリシアとブルガリアの重量挙げ選手それぞれ11人やロシアの陸上選手7人などが含まれるという。IOCのロゲ会長は「ドーピング撲滅は北京オリンピックに限らずこれまでにも明確に実施されてきた措置だ」と述べた。(編集担当:麻田雄二)
-- ( 引用終了 ) --

【】
-- ( 引用開始 ) --
-- ( 引用終了 ) --

【】
-- ( 引用開始 ) --
-- ( 引用終了 ) --

総集編はこちらです(クリック)。

BlogContest3



スポンサーサイト
北京オリンピック | トラックバック(1) | コメント(0) |permalink
<< 今、韓国が熱い(8月9日編) | home | 今、韓国が熱い(ノージャンル編) >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
たっかいヒールを履いたギャルたちの熱いレース画像をアップ!
ネタ画像道 | 2008/08/08 Fri |
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。