<< 毎日新聞、本紙の劣化 | home | 北京オリンピック 第4日 (Day Four) 8月12日 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
今、韓国が熱い(光復節編??)
朝鮮日報に、たぶん光復節のための記事が載っている。光復節と呼ぶのも??なのであるが、ここでは問題にしない。相変わらず韓国人はこねくり回した文章がありがたいと思っているので、私が要約を示す。

【コラム】5000年VS60年

-- (要約開始) --
大韓民国誕生時には主権在民の概念さえなかったが、米国を通じて民主主義を学び、「過剰主権」を身につけた。五千年の歴史の中、ほとんどの歳月を中国に押さえつけられてきた。近代では日本である。我々は他国を苦しめたことが無く、中国と日本は恨(はん)と怨(えん)の対象である。ようやくこの六十年、大韓民国建国により、五千年の歴史の中ではじめて人間らしい生活を営むことが出来るようになった。

しかし、北東アジアでは経済力を土台とした日本と中国による覇権争いが再び始まった。例えば日本による竹島編入、中国による東北工程(高句麗・渤海の歴史を中国の歴史に編入しようとする企図)である。その間に挟まれた朝鮮半島では南北が自虐的な方向に進んでいるが、韓国としては「植民地としての思い出」を忘れない。中国の宗主国としての郷愁を許さない。

では、東アジアはなぜ欧州のように連合できないのか。欧州のように戦争の経験が十分ではないためである。そして、中国と日本は連合できないし、望んでもいないからだ。

韓国が選択すべき進路は、中国と日本の間にとどまらずに、世界へと出ていくことである。米国は領土的野心を持つ国で無いから、取引を行える相手である。

韓国は、六十年間の成長に伴う副作用に悩んでいる。短期間ゆえのリーダー層の薄さ、国富の蓄積の不足による貧富の差、そして冷戦下におけるイデオロギー右翼・左翼の対立の未解消である。また、世界の常識に対する理解の不足も挙げられる。しかし、立ち止まれば他国に抜かれるため立ち止まることが出来ない。具体的な策は無いが、この六十年間の延長線上で頑張るしかない。

-- (要約終了) --

要約秘話
中国憎し、日本憎しといった表現をちりばめたいために、文章の構成はおかしくなるし、問題定義したものに対する答えはきちんと出てない。文章であるから再構成が可能なのにしない。日本語に直したためか、主語のバランスが悪い。不要な飾りが多く、前後の矛盾も多い。例えば反米を挙げておきながら、頼りになるのもアメリカぐらいだという。で、結論は私たちの六十年間は正しかったので、五千年の歴史と決別して頑張るしかない、具体策は無い。そんな文章である。不要な部分はずいぶん削ったが、それでも贅肉は多い。


【コラム】5000年VS60年
朝鮮日報 http://www.chosunonline.com/article/20080812000042

-- (引用開始) --
 大韓民国が誕生したわずか60年前の時点でも、われわれには主権在民の概念さえなかった。そのような国が「キャンドル集会」のように、今や国民の一人一人が主権者であるかのように憲法第1条を口にし、「過剰主権」の世の中といえるほどに急成長した。実に大きな変化と言わざるを得ない。他国では数世紀をかけて通過してきたプロセスを、われわれはわずか60年余りで「封建体制の副産物にすぎなかった臣民から抜け出し、社会的能力を身に付けて自分の運命を自らが決め、主権者として決定を下す近代的概念を持つ国民へと新しく生まれ変わった」(キム・ヨンホ著『建国60年の再認識』)ということだ。

 何がこのようなことを可能にしたのだろうか。多くの学者がさまざまな意見を提示しているが、われわれの発展のプロセスを一言で言えば、「中国と日本の影響下から抜け出し、米国を通じて民主主義を学んで世界へ飛び出すことができるようになったから」という点は否定できない。われわれは5000年の歴史を誇るが、その長い歳月のほとんどの期間においてわが国を押さえ付けてきたのは中国であり、近代以降にわれわれを抹殺の危機にまで追いやったのは日本だった。わが民族は彼らを一度も苦しめたことはないのに、彼らはわれわれを数千年も苦しめてきた。わが民族にとって恨と怨(えん)があるとすれば、それは中国と日本に対するものだ。

 大韓民国建国から60年間で、われわれは中国と日本の影響から抜け出し、彼らと対等な決定を下せるほどに成長した。わが民族が5000年の歴史の中で初めて人間らしい生活を営むことができたのも、この60年だった。この短い期間は、価値的にはその前の5000年をも超えるものとなっているのだ。

 そのような国とその周りの北東アジアで復古の機運が高まっている。北東アジアで60年前にあったような反動の兆候が再び見られ始めたのだ。金大中(キム・デジュン)政権での「わが民族同士」、盧武鉉(ノ・ムヒョン)政権での「北東アジアのバランサー」、さらに左派勢力による反米がそれらに衝動を与えてきた。その間に日本は独島(日本名竹島)を自国の領土と主張し始め、中国は東北工程(高句麗・渤海の歴史を中国の歴史に編入しようとする企図)などを通じ、自ら東アジアの本来の主人であると声を高めてきた。経済力を土台とした日本と中国による覇権争いが再び始まったのだ。日本がたとえ経済大国となったとしても、韓国としては「植民地としての思い出」を忘れるはずもなく、中国は経済力の成長とともに韓国に対する宗主国の郷愁を思い出さずにいられないようだ。その間に挟まれた韓半島(朝鮮半島)では、南北が自虐的な方向へと進んでいるような状況にある。

 東アジアはなぜ欧州のように連合できないのか、という疑問はかなり以前からあった。しかし北東アジアは欧州連合のような方向には進むことはできない。欧州は2回の世界大戦を含め何百年にもわたり戦争を起こしながらも、過去に対する反省の上で手を握った。欧州の国々は消耗的な対立よりも連合を通じた世界化の競争を選択したのだ。しかし中国と日本は連合できないし、またそれを望んでもいない。それがアジアと欧州との違いなのかもしれない。韓国が中国や日本と対等な国力を持たない限り、彼らのエサとなるだけで「バランサー」にはなれない。それが5000年の歴史を通じて得た結論だ。

 結局、大韓民国が選択すべき進路は、過去60年の延長線上から探し出すしかない。つまり中国と日本の間にとどまったりせず、果敢に外へ、世界へと出ていかなければならない。中国と日本は韓半島に対して領土的野心を持った国だ。時代は変わったとはいうが、中国や日本が領土に対する欲深さを捨てたという兆候はなく、まったく逆ともいえる状況だ。しかし米国は少なくとも韓国に対して領土的野心を持つ国ではない。米国と取り引きを行って損害が出るかどうかは、われわれ自身にかかっている。

 今われわれは60年の圧縮された成長に伴うさまざまな副作用に悩んでいる。リーダーシップが薄っぺらで貧富の差や左右の対立が深刻だ。また世界化に見合った訓練も未熟であるなど、さまざまな問題がわれわれの足を引っ張っている。そのためなおさら、われわれはこのまま立ち止まることも振り返ることもできない。立ち止まればほかの国にすぐに追い越され、振り返れば中国と日本の覇権主義が待ち構えているだけだ。建国60年の教訓として得たものは、われわれが進んできた道は正しかったのであり、またそれ以外に別の道はないということだ。

金大中(キム・デジュン)顧問
-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
韓国 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 毎日新聞、本紙の劣化 | home | 北京オリンピック 第4日 (Day Four) 8月12日 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。