<< 北京オリンピック 第5日 (Day Five) 8月13日 | home | 今、韓国が熱い(光復節編??) >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
毎日新聞、本紙の劣化
毎日本社はどう考えているのでしょうか。オンライン事業の不祥事どころか、毎日本紙の記事の内容の劣化は目を覆うものがあります。日本人が書いている記事ではないですよね。日本の文化は理解していないし、日本語も怪しいです。脳内記事、売国記事の羅列でしょ。閉じるのは「毎日jp」ではなく「毎日新聞」であるべき。

署名記事と言いながら、通名を利用していないかな。本当に一人一署名かな??

【毎日新聞、反発を受けて「毎日jp」の閉鎖を検討】
-- (引用開始)(Technobahn) --
【Technobahn 2008/8/12 16:18】毎日新聞がオンライン版毎日新聞となる「毎日jp」の閉鎖を検討していることが12日、関係者の証言により明らかとなった。
 オンライン版毎日新聞の英語版コーナー「WaiWai」で事実には反する低俗的な記事を長年に渡って掲載していたことに関連して、ネットを中心とする幅広い層からの反発が生じていることを受けてのもので、毎日新聞の営業関係者は匿名を条件にインタビュ-に応じて「来春になっても事態が沈静化しない場合は『毎日jp』そのものを閉鎖することも検討課題に上っている」と述べた。
 ここにきて毎日新聞がオンライン版の閉鎖を検討する状況となったのは、「WaiWai」における低俗記事掲載問題の余波が一向に解消する見通しとなっていないことが背景。ネット上の掲示板には「毎日jp」の時事解説や一般記事が多数、無断で転載されると同時に「毎日新聞が書いても説得力ゼロ」「お前が言うな」といった書き込みが連なる状況が続いており、ネット上の反毎日的世論を沈静化させるためには「毎日jp」の閉鎖もやむを得ないという声が社内からは上がってきているとしている。
 大した収益を上げていないオンライン事業の不祥事のため、肝心の紙媒体の広告営業にまで大きな影響が生じる事態となっていることなども「毎日jp」の閉鎖論が浮上してきた背景となっているようだ。
 毎日新聞の営業関係者によると、事態が一向に沈静化しないことに関して、ここにきて上層部の間においても問題の余波を懸念する動きが拡大。しかし、6月 28日には社として正式な謝罪を行い、関係者の処分を含む対応策の発表は行ったということもあり、この上、何ができるのか対応策には苦慮しているとしている。
 同じ関係者は「WaiWai」の一コーナーの問題がここまで大問題化した背景には反毎日的世論を形成しようとする敵対勢力の存在があるといった陰謀説も社内ではまことしやかに噂されているとも述べた。
 毎日新聞は2004年までは自社サイト上でニュース記事の提供を行ってきたが、黒字化が困難な状況となったことから、2004年4月からはマイクロソフトと提携することによって「msn」のサイト上で、「MSN毎日インタラクティブ」という名称でニュース記事の提供を行う方向に切り替えた。しかし、マイクロソフトとの蜜月関係もマイクロソフトが産経新聞社との提携に乗り換えたために破綻。昨年、10月からは改めて独自のサイト(毎日jp)を立ち上げてオンライン事業の再展開を進めていた最中の問題発覚ともなる。

-- (引用終了) --

関連スレ(毎日のコラム、記事に我慢できなくなって、アップしたものです。)
毎日新聞本紙のwaiwai化
洛書き帳:「病院には遺体に対して『不浄』という意識がある」… /京都
電波出しまくりの毎日新聞
【福田首相:日韓会談開けず…竹島問題しこり】
【余録:楊逸さんと「代表」】
【憂楽帳:ハッカーはどこへ】
お前が言うな、毎日新聞
【記者の目:安い割には美味 中国・台湾産ウナギ=小島正美】
【ショートメール:匿名という安全地帯 /静岡】
どうなる毎日新聞(その3)
【ショートメール:「テラワロス」? /静岡】

問題は、毎日新聞自身が記事を校閲する機能を持たないことである。半島系の人間が書いたものをチェックする権限は毎日新聞にはない。つまり、毎日新聞はもう日本の新聞ではないことは明らかである。毎日新聞は、即日会社を閉めることを望む。

毎日新聞は変態新聞、侮日新聞、反日新聞なんでしょうかね、やはり。

BlogContest3



スポンサーサイト
毎日新聞 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 北京オリンピック 第5日 (Day Five) 8月13日 | home | 今、韓国が熱い(光復節編??) >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。