<< 8月15日、靖国に | home | 海の向こうの8月15日 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
北京オリンピック 第7日 (Day Seven) 8月15日
今回の五輪は失敗だったとスウェーデンの選手が宣言したようです。

【中国に言論による迫害や軟禁はない】
語るに落ちるとはよく言ったものですね。デモを行った実績がないということは、許可を与えていないと女子サッカー日中戦 終戦の日警戒「サクラ」8千人動員

2008年8月15日8時2分いうことですね。それを言うのならば、デモの申請が無かったといわねばなりません。よく読むと言論の制約がないとは言っていませんね。
-- (引用開始)(「人民網日本語版」 2008年08月14日14:59 ) --
 外交部の定例会見で13日、秦剛報道官が記者の質問に答えた。
 ――中国側が指定した3カ所の公園でデモを行った民衆はこれまでのところいない。デモを申請した市民が中国政府に拘禁されたとの報道があるが、これについてコメントは。
 中国は法治国家であり、他の国と同様、集会・行進・デモを行うには、法律上の規定と手続きに従う必要がある。これには、前提として関係当局に申請し、認可を得る必要も含まれる。これは私たちの一貫した政策であり、私たちが五輪期間に起きた問題を処理する上で従う原則でもある。デモを申請したために拘禁されるということはあり得ない。五輪期間のデモ活動の具体的状況については、わたしは外交部の報道官でありまだ把握していない。さらなる情報は関係当局に問い合わせていただきたい。(編集NA)
-- (引用終了) --

【北京五輪、各国のダフ屋も活躍?額面の10倍以上のチケットも】
水泳の正規入場料が3,200円とは高いものですね。で、八万円も出すお金持ちっているんでしょうか。偉い人はおねだりして入れてもらいますけれどね、ブッシュさんのバスケットがそうでしたね。
-- (引用開始)(AFP) --
【8月13日 AFP】北京五輪の各競技会場の多くでは空席が目立つとして問題になっているが、会場の外では外国人や中国人のダフ屋たちが、拘束される危険もものともせず、額面の10倍以上の値段でチケットを売買している。
 五輪組織委員会側は、チケットが売り切れている会場で見られる多くの空席は問題だとの認識を示し、問題解消に取り組んでいるとしている。スポンサーや企業などがチケットを無料配付したことも原因のひとつと考えられるという。
 「鳥の巣(Bird's Nest)」の愛称で親しまれる、北京五輪のメーン会場の「国家体育場(National Stadium)」の近くでも、AFP記者はさまざまな競技のチケットを販売するダフ屋の姿を目撃している。ダフ屋の国籍もカナダやモロッコ、米国などとさまざまで、特に目立つのは英国だ。
 チケットの値段については、水泳を例にとると、正規の値段は1枚200元(約3200円)だが、ダフ屋では5000元(約8万円)で販売されている。ある米国人ダフ屋は、開会式のチケット3枚を2万ドル(約220万円)で販売したことを明らかにした。また、ある北京(Beijing)市民は「男子バレーボール・米国対中国のチケットが1万元(約16万円)で売られていた」と語った。
 北京五輪組織委員会(Beijing Organizing Committee for the 2008 Olympic Games、BOCOG)の王偉(Wang Wei)執行副会長は、チケットや空席の問題があることを認めた上で、多くの五輪スポンサー企業が、予選に興味がなかったり1試合しか観戦しないような顧客や友人などにチケットを無料配付していると指摘している。(c)AFP
-- (引用終了) --

【五輪開会式リハーサルで著名舞踏家が転落、半身不随か】
過剰脚色が非難されている開会式ですが、こんな事件・事故もあったんですか。それにしても、当局の発表は金太郎飴ですね。知らん顔するばかり。
-- (引用開始)(AFP) --
【8月13日 AFP】中国で最も著名な舞踏家の一人、劉岩(Liu Yan)さん(26)が7月下旬、北京五輪の開会式のリハーサル中に高さ3メートルから転落し、脊椎を骨折する重傷を負っていた。
 13日の国営新華社(Xinhua)通信によると、中国伝統舞踏界の新星と期待される劉さんは、7月27日に行われた五輪開会式のリハーサル中、高さ3メートル地点で動いていた演技台から転落。脊椎を骨折し、7時間におよぶ手術を受けたが、下半身の感覚がまひしたままだという。
 公式ウェブサイトには、開会式を総指揮した映画監督チャン・イーモウ(Zhang Yimou)氏に見舞われる病室の劉さんの写真が掲載されている。チャン氏は劉さんを「国民的ヒロイン」と絶賛していた。
 一方で、当局は劉さんの事故に関し、発生から約3週間、情報を公にしていなかった。この間、劉さんのけがは重傷ではないとし続けていた。
 事故直後AFPでは、開会式の制作現場に近い筋から、国営テレビの有名ディレクターの妻であるこの舞踏家が半身不随となる事故に遭ったとの情報を得ていた。しかし、劉さんが入院した病院も、また所属する舞踏団もこの情報を認めていなかった。
 北京五輪組織委員会(Beijing Organizing Committee for the 2008 Olympic Games、BOCOG) の王偉(Wang Wei)執行副会長は13日の会見で、「彼女のけがは重傷だと思うが、不随となったのかどうかは分からない」と述べ、劉さんの身体のまひについて認めることも否定することも避けた。
 開会式では、古代王朝から21世紀までの中国をたどった壮大な歴史絵巻が、一糸乱れぬ舞踊で演じられたが、劉さんの事故が起こった部分は「シルクロード」を表現した箇所だったという。(c)AFP
-- (引用終了) --


【中国・新疆で171人拘束 五輪安全対策】
一網打尽ですか?? 違いますね、闇夜に鉄砲。下手の鉄砲、数打ちゃ当たる。ひどいもんです、One China。
-- (引用開始)(産経2008.8.14 19:30) --
 中国新疆ウイグル自治区当局が運営するインターネット新聞「天山網」は14日、同自治区ウルムチの警察が7月以降、北京五輪の安全対策として逃走中の容疑者の捜索を強化し、計171人を拘束したと伝えた。
 容疑者の一部は傷害致死や窃盗などの一般の刑事犯。テロ容疑者が含まれるかどうかは明らかにしていない。新疆では今月、武装警察官16人の殺害など大型事件が相次いでおり、地元当局は徹底した検問の実施など警戒を強めている。(共同)
-- (引用終了) --

【「銅」なんかいらんわ! レスリング表彰式で激怒、メダル投げ捨てる】
肌の色を見ると、生粋のスウェーデン人ではないように見えますが。移民が起こしたものだったらスウェーデンも涙目ですね。・・アルメニアからですね。それ以前は分かりません。移民は怖いですね。国籍とって、税金を払っていればいいというものではないぞ。(間違ってアメリカと思っていました。失礼。)
Ara Abrahamian (born July 25, 1975) is a Swedish wrestler of Armenian ancestry, who has won two world championships and a silver and a bronze medal in the 2004 Summer Olympics and the 2008 Summer Olympics respectively.
-- (引用開始)(産経2008.8.14 22:35) --
 「銅メダルなんかどうでもいい。俺は金メダルが欲しいんだ!」。中国農業大学体育館で14日に決勝まで行われた北京五輪のレスリング男子グレコローマン84キロ級の表彰式で、3位に入ったアラ・アブラハミアン(スウェーデン)が敗退した準決勝での判定を不服として、首にかけられた銅メダルをはずし、マットの上に投げ捨てて立ち去る一幕があった。
 ロイター通信によると、アブラハミアンは前回2004年のアテネ五輪で同じ種目で銀メダルを獲得しており、今回は金メダル獲得に大きな期待がかかっていた。
 ところが、同日の準決勝でアンドレア・ミングッツィ(イタリア)にわずかの差で判定負けし、決勝進出を逃した。ミングッツィは決勝にも勝って最終的に金メダルを獲得した。
 アブラハミアンは「負けたのは判定がまったくでたらめだったからだ」と激高し、なだめる同僚らも振り切って表彰式で怒りを爆発させた。
 よほど納得がいかなかったとみえて即座に「引退」も表明。「試合はこれが最後。すべては金メダルだけだ。今回の五輪は失敗だ」と言い放った。
 前代未聞の表彰式に当惑したのは国際オリンピック委員会(IOC)。「判定がフェアではなかった」というアブラハミアンの主張に基づき、国際レスリング連盟(FILA)と調査に乗り出す意向を示した。
 ただ、いい迷惑なのは相手のミングッツィ。「表彰式の途中で立ち去り、勝者を称える儀式を台無しにしてくれた。判定に疑問を持つことは確かにあるが、スポーツマンシップを見せて結果を受け入れることが大切だ」とアブラハミアンの態度を非難した。(北京五輪取材班)
-- (引用終了) --

【“口パク”報道はダメ 党宣伝部がメディアに指示】
報道管制ですね。朝日ソースを探しましたが無いですねえ。・・朝日ソースありました。後ででてきます。
-- (引用開始)(産経2008.8.15 01:41) --
 中国メディア関係者は14日、北京五輪の開会式で少女が革命歌曲を歌う場面が別の少女の“口パク”だった問題について、共産党の北京市委員会宣伝部から同日、報道しないよう通知があったことを明らかにした。
 口パク問題に対し国際的な批判が集まる中、国内でも否定的な意見が多く、メディアの報道を禁止して共産党や北京五輪組織委員会への批判が広がるのを抑えるのが狙いとみられる。
 共産党と北京市当局は五輪成功をアピールするため、イメージダウンにつながる報道をしないよう国内メディアにこれまで何度も通知。14日の通知では、北京五輪のメーンプレスセンター入り口に12日、武装警察の装甲車が配備されたことも報道しないよう指示があったという。
 口パク問題は当初、中国の通信社、中国新聞社が報道。中国紙はほとんど報じていないが、インターネット上では「人々の感情をもてあそんだ」などと議論の的になっている。(共同)
-- (引用終了) --

【これが中国 日本バレーに不快なブーイング】
前々から言われていたことですが、やはりですか。でも、今まであまり言われていませんでしたね。この手の話は、公平性を期すために朝日ソースを探すことにしています。まだ見つかりません。
-- (引用開始)(サンスポ08月14日 23:49) --
 【北京五輪・バレーボール】北京五輪の男子バレーボールで14日、日本が中国と対戦し、2―3で破れた試合で、日本がサーブを打つ際にほぼ毎回、観客席から大きなブーイングが起きた。中国当局は観戦マナーを守るよう市民に呼び掛けてきたが、日中が団体球技で初めて対戦した首都体育館では日本人観客から不満の声が多く聞かれた。約1万8000人を収容する会場は、観客のほとんどが中国人。日本がミスをするたびに大歓声を上げ、日本チームにプレッシャーをかけた。
 中国人観客はブーイングについて問われると「みんなやってるから」と言ったまま口をつぐむ人ばかり。「日本に圧力をかけるためさ。雰囲気も盛り上がって良い感じだ」と話す中国人男性もいた。
 ▼植田辰哉・男子監督の話 アウェーのこんな雰囲気は初めて。予想していたが、乗り切れなかった。サーブが機能しなかった。あと2試合しっかり戦って、若い選手に何かつかんでもらいたい。 (共同)
-- (引用終了) --

【五輪閉会式出席取りやめも 米長官グルジア情勢受け】
閉会式ですからね、中国涙目ってことは無いんでしょう。アメリカが裏で画策していた騒動だって言う告白でしょうか。
-- (引用開始)(産経2008.8.15 10:18) --
 米国務省当局者は14日、記者団に、北京五輪閉会式への出席を予定しているライス国務長官がグルジア情勢を受け、訪中を取りやめる可能性があると述べた。
 ライス長官は24日の閉会式に、米国代表団の団長として出席する予定。しかし同当局者は「目下の最優先課題はグルジアだ」と指摘。情勢次第で長官が訪中を見合わせる可能性が「十分ある」と強調した。
 長官はグルジア情勢協議のため欧州を歴訪中。月内の中東訪問の日程も調整している。(共同)
-- (引用終了) --

【女子サッカー日中戦 終戦の日警戒「サクラ」8千人動員】
朝日の記事を待っていました。オリンピック開催中とはいえども、8月15日に中国にいること自体が避けるべきなんですよね。
-- (引用開始)(朝日2008年8月15日8時2分) --
 【北京=峯村健司】15日夜に中国河北省秦皇島で開かれる北京五輪女子サッカーの日本対中国戦で、日中両当局が警戒を強めている。この日は日本の終戦の日だが、中国にとっては「日本投降の記念日」で、ナショナリズムや反日感情が高まる。関係筋によると、観客席の3分の1を地元当局派遣の「サクラ」で埋めるなど、異例の厳戒態勢を敷いている。
 会場の約2万4千席のうち、約8千席を地元警察当局が応援方法やマナーを訓練した大学生や当局の家族らで埋める「人海戦術」で、ブーイングや暴動などを起こさせないようにする。すでにサッカー会場向かいにある大学施設には、大量の武装警察隊員らが待機し、警戒している。
 日本大使館も急きょ、邦人保護のためナンバー2の公使ら3人の派遣を決めた。15日の試合前、地元当局と安全対策を協議する予定で、外交筋は「敏感な日にぶつかったので、万一に備えて万全の態勢で臨む」と話す。
 当局が神経をとがらせる背景には、4年前の夏に中国で開かれたサッカー・アジア杯での苦い経験がある。重慶では、中国人の観客が日本人サポーターに罵声(ばせい)を浴びせたりゴミを投げつけたりした。北京での日中決勝戦では、当時の駐北京日本公使2人が乗った大使館の車が、中国人サポーターの暴力を受け窓ガラスが割られた。
 北京五輪組織委員会関係者によると、14日の段階でまだ4割のチケットが売れ残っている。開会式とは異なり、購入の際の身分証検査などはなく、当局者は「日本に良くない感情を持った観客がわざわざチケットを買って入場する可能性も否定できない」としている。
-- (引用終了) --

【中国、国内メディア規制 「違反なら廃業も」通達】
事実とはいえ、朝日も良く報道したと思います。報道管制、ばっちりですね。
-- (引用開始)(朝日2008年8月15日3時2分) --
 【北京=峯村健司】北京五輪開幕直前の8月上旬、中国当局が国内メディア各社に対し、五輪期間中の独自取材を厳しく規制し、違反には廃業や罰金などの処分を科すとする内部通達を出していたことが明らかになった。中国当局はメディアへの開放度をアピールしているが、足元では引き締めを強めていた。
 8月上旬に中国共産党中央宣伝部から各社幹部に出された。五輪への批判やマイナス面の報道を禁じ、「肯定的かつ民族精神を高揚させる記事」を書くように指示。爆破事件や食品安全にかかわる事件が頻発していることについて「五輪に悪影響を及ぼしかねず、きわめて深刻な事態」と危機感を示し、これらの独自取材・報道も禁じた。メディアの商業化が進み、スクープ競争が過熱する現状に対し「いかなる企業の利益も、国家の利益と比べれば小さい」とくぎを刺している。
 同時に、宣伝部の責任者が口頭で(1)中国選手のメダル獲得数予測(2)テロへの恐怖をあおるような、過剰な警備態勢(3)「食の安全」にかかわる事件(4)北京市当局が期間中に「公認デモ実施地」に指定している3カ所の公園での抗議活動――を禁止する報道対象に挙げ、読者を過度に驚かすような見出しも禁じた。
 またインターネットについて通達は「北京五輪の評価を決定づけるのに最も重要な役割を果たす」と位置づけたうえで、匿名による掲示板などに「国家の利益に反する意見が書き込まれ、五輪のムードを盛り上げるのを妨げている」と問題視。五輪への批判や攻撃を加えるような書き込みを削除するよう求め、五輪を称賛する意見を大きく取り上げるように指示している。
-- (引用終了) --

【「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」】
ちょっと見落としていました。メルマガからです。近代国家入りの痛みと思えば仕方が無い・・わきゃないぞ。でも、これくらいしないとウイグル民族の積年の恨み晴らすぞ攻撃を抑えられないわけです。
-- (引用開始)8月12日(火曜日) --
 国内的には、商店街からの苦情が圧倒的。警備厳重のため客が少なくてモノが動かないからだ。
 博訊新聞網(8月12日)によれば、とくに北京駅周辺の商店街、食堂街がもろに影響を受けている。基本的に旅客が北京いりを制限されているため通行人まで激減している上に、付近での荷物検査が最低20回もあり、非能率このうえないという。
駅周辺の商店街の売り上げは通常の半分にも至らず、悲鳴をあげている。
 小生が北京駅を観察したのは五輪開会式直前だったが、サブマシンガンで武装した特殊部隊がずらり、駅構内に「指揮車」の公安パトカー。警官は随時、通行人の荷物を開けさせており、しかも地下鉄の連絡口を封鎖していた。
-- (引用終了) --

【北京五輪:李大統領の太極旗逆さま事件、その経緯とは】
ネチネチと。でも大事なのは自分の国の国旗だけ。他国のはどうでも良い。別に騒ぐことでもなければ、ましてや罰することなんて。中国の家内工場に乗り込んで、どうするっていうんだろう。韓国ネタで気分を悪くされたらごめんなさい。
-- (引用開始)(朝鮮日報/朝鮮日報日本語版
08/15 11:42:46)
--
 大統領府は9日、北京五輪で李明博(イ・ミョンバク)大統領に太極模様(中央のマーク)や四方に描かれた「卦」の模様が上下逆になっている太極旗(韓国国旗)が渡された経緯について調査・解明した。
 李大統領がハンドボール女子の韓国対ロシア戦が行われる会場に到着する約30分前、金烋鐘(キム・ヒュジョン)大統領室文化体育観光秘書官は李衍沢(イ・ヨンテク)大韓体育会会長(大韓オリンピック委員会委員長)に対し、「李大統領夫妻と大統領府の関係者が使う応援用の小旗などを準備してほしい」と依頼した。大統領府の関係者は「李会長の指示で、イ・エリサ泰陵選手村長や体育会関係者らが海外同胞らの応援団から太極旗十数本や応援グッズなどを手に入れ、李大統領の席にビニールのカバーをかぶせた太極旗1本を置いておいたことが分かった」と述べた。試合前半終了3分前に到着した李大統領は、すぐさま用意されてあった太極旗を振り、大統領府関係者らもインターネットに「太極旗逆さま写真」が掲載されるまで気づかなかったという。ただし、金潤玉(キム・ユノク)大統領夫人らほかの大統領府関係者が手にしていた太極旗には異常がなかった。
 大統領府の関係者は「太極旗は(大統領府)儀典チームが事前にチェックすべき必須項目の一つ。だが、試合会場の太極旗については事前にチェックが難しい状況だった」と話す。また別の関係者は「中国公安が随行団の試合会場入場を制限し、ごく少数の関係者しか入れなかった。その上、李大統領が座ったVIP席は実務者の座席と離れており、実務者が太極旗をチェックすることはできなかった」としている。この関係者は「問題の太極旗がどこで作られたものかは把握できていないが、中国で作られた可能性が高い」と話している。
 孔星鎮(コン・ソンジン)ハンナラ党最高委員は13日、「責任者を突き止め、絶対に処罰しなければならない」と述べたが、李大統領は関係者を処罰しない方針だという。大統領府の関係者は「決して繰り返されてはならないミスではあるが、オリンピック開催中に騒ぎ立てることでもない」と語った。
-- (引用終了) --

【緑と水にうるおう北京、干害に苦しむ隣省】
大紀元ならではの記事かもしれません。オリンピック前にはこの類の記事を読みましたが、最近掲載されているでしょうか。
-- (引用開始) --
 【大紀元日本8月15日】北京五輪会場の至るところに池や噴水が作られ、人々に涼しげな印象を与えている。しかしこれらの水のほとんどが隣接する河北省から引いてきた水で、すでに8年間干ばつに悩まされている河北省に更なる追いうちをかけ、長期にわたる渇水状態に陥る恐れがあるという。
 夏の盛りにある北京では常に水の律動が感じられる。五輪の為に主要な競技場の近くには池や噴水が作られ、多くの美観増加のための青々とした水は海の一部のようだ。また広場、公園の花木も枝葉を茂らせている。しかし、この美観は、周辺の地域に干ばつをもたらしている。
 カナダの環境保護グループ“国際調査”の報告によると、北京で使用されているこれらの用水が近隣の河北省から引かれているということを中国当局は否認しているという。
 北京周囲の河北省の多くの町や村を訪ねてみると、田畑には何の作物も育っておらず荒涼とした風景が続いている。水は全て北京へ導水してしまったために人々は遠くまで水汲みに行かなければならない。五輪競技会場のためにダムの水はほとんど底をつき、水量はわずか10%しか残っていないという。
 情報によると、北京の用水は本来ならば不足しており、市民ひとりひとりが使用できる水資源はイスラエルよりも少ないはずだという。五輪開催後、すでに8年もの間干ばつに悩まされている河北省が長期干害に陥る可能性は極めて高いと見られる。
-- (引用終了) --

【極少数の者が欠点をあら探しするが、中国は公約を達成 】
景気づけに人民日報から。
-- (引用開始)(「人民網日本語版」 2008年08月15日 ) --
 北京五輪組織委員会の王偉・執行副主席兼報道官は14日の会見で、記者の質問に対し「極少数の者は重箱の隅をつつくようにさまざまな欠点を探しに中国に来ているが、これは私たちが公約を果たしていないことを意味するものでは決してない」と表明した。王副主席の指摘は次の通り。
 30年間の改革開放により、中国が非常に急速に発展し、人々がより多くの自由と、より多くの言論の自由を享受できるようになり、福祉・経済面でも大きな進歩があったことは、事実が証明しており、これは誰の目にも明らかなことだ。
 無論いかなる部分にも例外はあり、不満を抱える者はどのみちいるだろう。だが私たちは法令と規定に基づき事を進めねばならず、国家を混乱に陥らせることはできない。無論、建設的な建議や意見は歓迎しており、これは誰もが提出することができる。
 極少数の者はあら探しをするために、批判するために、重箱の隅をつつくために、さまざまな欠点を探すために中国に来ているが、これは少数だ。これは私たちが公約を果たしていないことを意味するものでは決してない。誰もが進歩する中国を目にすることができるし、中国は皆さんを真に歓迎している。
 国際オリンピック委員会(IOC)のジゼル・デービス広報部長は「北京の組織側は選手のために良い五輪を組織している。これが最も重要なことだ」と指摘している。「新京報」が伝えた。(編集NA)
-- (引用終了) --

【新疆カシュガル 襲われたのは地元幹部らか】
レジスタンスって呼んだ方がいいんでしょうね。中国のメディアは報道規制が強く、歪曲、捏造と考えたほうがよいです。地元では義賊として評判でしょうけれど、中央政府は情報管理ができれば、委託もかゆくもありません。オリンピック中に何かが発覚するでしょうか。
-- (引用開始)(スポニチ2008年08月13日 13:41) --
 中国新疆ウイグル自治区カシュガル郊外の検問所で12日起きた襲撃事件で、13日付中国系香港紙、大公報は消息筋の話として、襲撃されたのは地元役場の幹部らだったと伝えた。国営通信の新華社は12日、警備員4人が襲われたと報じている。
 大公報によると、襲われたのは検問所のあるシュレ県ヤマンヤの地元役場の幹部ら2人と民兵2人。うち民兵2人と幹部1人が死亡、残る幹部1人が重傷を負った。
 さらに同紙は、事件が起きたのは午前2時ごろだったが、同9時ごろにようやく事件が発覚したと伝えている。
 新華社は、事件が発生したのは午前9時ごろで、車から降りてきた刃物を持った何者かに警備員らが襲われたと報じた。 (共同)
-- (引用終了) --

【】
-- (引用開始)() --
-- (引用終了) --



BlogContest3



スポンサーサイト
北京オリンピック | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 8月15日、靖国に | home | 海の向こうの8月15日 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。