<< 今、韓国が熱い(8月17日編) | home | 北京オリンピック 第8日 (Day Eight) 8月16日 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
北京オリンピック 第9日 (Day Nine) 8月17日
オリンピックも半分くらい終わりましたか?? よくわかっていないんですが、日本選手団も頑張っています。中国の公安の警備も頑張っています。報道管制なんかも凄そうですね。

【チベット結ぶ青蔵鉄道の利用客32万人減 中国「暴動の影響」】
新路線発表ですか。NHK、中国様からの指令だよ。再びよいしょ番組を放送。再来年の新年の特番ですね。
-- (引用開始)(産経2008.8.16 20:32) --
 中国鉄道省の王勇平報道官は16日、記者会見し、チベット自治区ラサと青海省西寧を結ぶ「青蔵鉄道」について、3月にラサで起きた暴動などの影響で3~7月の乗客が前年同期と比べ32万7000人減少したことを明らかにした。
 王報道官はチベット暴動について「ダライ(・ラマ14世)集団が引き起こした暴力行為」と指摘。乗客の減少は「比較的大きかった」と述べたが、「運行に影響なかった」と安全性をアピールした。
 青蔵鉄道関連の新路線として2010年までに青海省ゴルムド-甘粛省敦煌、ラサ-ニンチー、ラサ-シガツェの3線、2020年までにゴルムド-新疆ウイグル自治区コルラ、ゴルムド-成都、青海省西寧-甘粛省張掖の3線をそれぞれ完成させる計画を明らかにした。(共同)
-- (引用終了) --

【外国メディア 中国の現状座視のIOCへ不満】
たっぷり賄賂づけですからね。いまさらIOCが中国を批判しようにも。IOCの報道官も、オリンピック開催側の論理で答えているようですね。まあ、一体いくらの賄賂を貰ったんだろう。まあ、額ではなく弱みを握られたということでしょうけれど。
-- (引用開始)(産経2008.8.16 21:41) --
 【北京=藤本欣也】北京五輪は16日、大会日程の半分を終えた。だが、国際社会に約束していた報道の自由や抗議集会を認めようとしない中国への批判とともに、現状を座視する国際オリンピック委員会(IOC)への不満が外国メディアの間で募っている。
 「中国政府は人権問題と報道の自由に関する約束を守らなかった。IOCは約束をほごにされて恥ずかしくないのか」。五輪公園のMPC(メーンプレスセンター)でほぼ毎日行われているIOCの記者会見で14日、英国のメディアから厳しい質問が飛んだ。
 これに対し、IOCの報道官は「五輪が社会体制に良い影響を与えるかもしれないという希望が確かに2001年にはあった」としつつ、「多くの分野で尽力がなされたことは留意しなければならない」と指摘。「競技がスムーズに行われているという事実を誇りに思う」と強調した。
 中国への批判を避けるIOCの態度にメディア側からは、「開催国の中国を怒らせないように自制しているのか」といった不満の声が上がっている。
 外国メディアの批判の背景には、中国政府が北京五輪を誘致する際に、「報道の自由」や「人権問題の改善」を国際社会に約束したという経緯がある。
 しかし、五輪開幕後も中国当局はインターネットの一部サイトへのアクセス規制を継続。8月に入ってからは新疆(しんきよう)ウイグル自治区で取材中の産経新聞などの記者を拘束したり、暴行を加えたりした。五輪会場近くでも13日、チベット独立支持者を取材中の英国人記者が一時拘束されている。
 中国当局は国内メディアに対する報道規制も継続し、開会式の少女の“口パク”問題に関する記事掲載を禁じ、過去の記事もネットから削除させた。
 基本的人権に対する規制も同様だ。中国政府は五輪期間中、北京の公園3カ所をデモ容認区域(事前許可制)に指定し、集会の自由の規制を緩和する姿勢をみせた。だが、まだ1件も許可されていない。北京五輪組織委員会は「管轄するのは公安当局で、われわれではない」と答えるのみだ。
 「共産党支配の現実と五輪前の約束の矛盾が露呈するのに1週間もかからなかった」(英紙フィナンシャル・タイムズ)と失望感が広がる中で、IOCは「北京五輪の評価は閉会後に行う」との立場を取り続けている。
-- (引用終了) --

【最強防衛!吉田沙保里、連覇で金/レスリング】
7個目の金ですか。勝つべくして勝ったようですね。ロンドンの宣言もありがとうですね。
レスリングを久しぶりにテレビ観戦しましたが、ルールが随分と変わってしまったようで、あまり面白くなかったというのが印象。
-- (引用開始)(サンスポ2008.8.16 18:42) --
 レスリング女子55キロ級(16日、中国農大体育館)吉田沙保里(綜合警備保障)は決勝で許莉(中国)にフォール勝ちし、前回アテネ大会に続く金メダルを獲得した。
 1回戦こそ硬さの見られた吉田だが、勝ち進むにつれて本領を発揮。得意の高速タックルもさえ、決勝で許莉を下した。アテネ大会との連覇は、競泳の北島康介(日本コカ・コーラ)柔道の内柴正人(旭化成)谷本歩実(コマツ)上野雅恵(三井住友海上)に続いて5人目となる。
 昨年の世界選手権で女子として初の5連覇を達成した吉田は今年一月、中国の太原で行われた国別対抗戦のワールドカップ(W杯)で連勝記録が「119」でストップ。そのショックから立ち直り、五輪の大舞台で再び栄光を手にした。
吉田沙保里・・「1月に連勝がストップし、半年間苦しい思いをした。今日は不安で仕方がなかった。2連覇を目指していたけど、アテネの時と比べたら、もっともっといろんなものが詰まっている。また4年後。ロンドンで3連覇を目指したい」
-- (引用終了) --

【伊調馨が連覇…レスリング女子63キロ級】
8個目の金メダルですか。3才上のお姉さんのことを「千春」って呼ぶんですね。個人的にはびっくりしました。
-- (引用開始)(2008年8月17日18時08分 読売新聞) --
 北京五輪のレスリングは17日、女子63キロ級が行われ、アテネ五輪金メダルの伊調馨(かおり)(綜合警備保障)は、決勝でロシアの選手を破り、2大会連続で金メダルを獲得した。
-- (引用終了) --

【フェルプスが最多8冠 400メドレーリレーで米国が金】
本当に金メダル8個取ったんですね。凄いのですが、金メダルの価値に上下をつけなくては。陸上は4種目までしかエントリーできませんよね。
-- (引用開始)(朝日2008年8月17日12時15分) --
北京五輪第10日の17日、競泳男子400メートルメドレーリレーで、米国が3分29秒34の世界新で金メダルを獲得し、第3泳者のバタフライで出場したマイケル・フェルプス(米)が史上初の8冠を達成した。72年ミュンヘンでマーク・スピッツ(米)が記録した1大会最多記録の7冠を塗り替え、金メダルの通算最多獲得記録も14に伸ばした。
-- (引用終了) --

【】
-- (引用開始)() --
-- (引用終了) --

【】
-- (引用開始)() --
-- (引用終了) --

【】
-- (引用開始)() --
-- (引用終了) --

【】
-- (引用開始)() --
-- (引用終了) --

【】
-- (引用開始)() --
-- (引用終了) --

【】
-- (引用開始)() --
-- (引用終了) --



BlogContest3



スポンサーサイト
北京オリンピック | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 今、韓国が熱い(8月17日編) | home | 北京オリンピック 第8日 (Day Eight) 8月16日 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。