<< 本日の毎日新聞(8月26日版) | home | 本日の毎日新聞(8月25日版) >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
北京オリンピック 宴の後
中国万歳の記事がオリンピック後半から溢れてきました。どこがそう言っているかを見極めましょうね。

【<北京五輪・関連>中国人のスポーツ観、ナショナリズムを越え成熟へ―中国紙】
結局、中国人が活躍しているというだけの話ですね。アメリカ・チームと中国チームが対戦して、アメリカが勝った場合にどうなるでしょうか。
-- (引用開始)(Record China2008-08-24 23:51:59) --
2008年8月23日、新京報は中国人のスポーツ観がナショナリズムを越えた成熟に向かっているとのコラムを発表した。
23日、24年ぶりに決勝に進出した女子バレーアメリカ代表は、ブラジルに敗れたものの堂々の銀メダルを獲得した。同チームを率いるのは、24年前に中国代表のエース選手としてアメリカを倒した郎平(ラン・ピン)監督だ。同監督の指導の下、アメリカ代表は実力を伸ばし、現中国代表以上に「中国バレー」の長所を引き継いだ好チームに成長した。
一部にはアメリカに渡った郎監督への批判もあり「売国奴」と罵る者もいるが、大多数の中国人は好意的で、会場内外で「郎平、愛している!」との声が上がっていると同紙は指摘する。また中国人監督が海外に渡るだけではなく、フェンシングやアーチェリーをはじめとした17競技で外国人コーチが中国代表を指導している事実を挙げ、このようにスポーツが海外に開放され交流を深めていくうちに、中国人のスポーツ観はナショナリズムを越えた成熟に向かっていると評価している。(翻訳・編集/KT)
-- (引用終了) --

【<北京五輪・関連>外国との交流が中国人を変えた、芽生える「世界市民」意識―新華社】
ようやくカンフー・サッカーが恥ずかしいと思う人が出てきたようですからね。アジアだけでは効き目がありません。どんな応援をしていたかは、そこにいた日本人はよく分かっているようですけれど。
-- (引用開始)(Record China2008-08-24 21:57:22) --
2008年8月22日、新華社は「五輪が中国人の世界市民意識を強めた」とのコラムを掲載、五輪を通じた中国人の変化を報じた。
五輪開会式は孔子の言葉「四海の内、みな兄弟なり」「友あり、遠方より来る」との言葉で始められ、またパフォーマーが文字「和」を作るなど「和をもって貴しとなす」という中国のメッセージが世界に発信された。
こうしたメッセージは中国の一般市民にも大きな影響を与えている。五輪という舞台で自国選手だけではなく外国人選手にも声援を送るなど中国人の態度には明らかな変化が見える。清華大学の史安[文武](シー・アンビン)研究員は「五輪は中国人が世界市民となることを学ぶきっかけとなった」と指摘する。異なる文化、価値観と衝突し交流することで視野が広がったのだという。
新華社は中国ではより理性的かつ開放的で自信と包容力を備えた世界市民としての意識が高まりつつあると報じている。(翻訳・編集/KT)
-- (引用終了) --

【「五輪は大成功」警備強化し不測に備えた当局 】
-- (引用開始)(産経2008.8.25 00:42) --
 【北京=野口東秀、古川有希】北京五輪最終日の24日、閉幕式を前に開かれた男子マラソンで、中国中央テレビは国内向けの中継を5秒遅れで放送した。チベット問題などへの抗議があった場合に放映しないようにする措置だ。沿道も閉幕日とあって女子マラソンよりも警備を強化し、妨害行為に備えた。コース上の多くの場所に動員された市民が陣取り、“友好的な中国”を醸し出す演出が施され、市民の多くは「五輪は成功した」と口をそろえた。
 「五輪は大成功」。マラソンのコース沿いで市民14人中、12人が中国の五輪開催を成功と認識していた。
 しかし、「失敗」と明確に回答した者が2人おり、女子大学生(21)は、その理由として「(チベット騒乱やウイグル関連の襲撃事件など)事件があちこちで発生した」と指摘。自営業の男性(30)は「五輪に伴う再開発により友人が強制立ち退きで仕事場を失った」と話すなど、少数だが五輪の“負の側面”に注視する市民もいた。
 沿道には、中高年者や学生ら「治安ボランティア」が多数動員された。35キロ地点の知春路では、女子マラソンでも動員されていた同じ団体がそろいのシールを胸につけ沿道前列に座るなど、警備はボランティアを含め女子マラソンを上回ったようだ。コース上では二重のさくに警官らが約10メートル間隔で立った。
 邦人の応援者は女子マラソンと同様、36キロ地点に用意された“日本人エリア”で約200人が日中双方の国旗を手に声援を送った。中国国旗にはトラブルを防ぐ「安全措置」の役割を期待したようだ。女子マラソンではこのエリアは日本人専用だったが、トラブルがなかったため、男子マラソンでは中国人も入ることができるようになった。
 日本大使館の宮本雄二大使も応援に駆けつけたため、警察当局は不測の事態に備え、複数の警察官が大使の周囲を警戒したが、観客同士のトラブルも発生せず、日本人の応援責任者を務めた柳田洋氏は「何事もなく、本当にほっとした」と胸をなでおろした。
-- (引用終了) --

【「参加でき幸せ」「格差の方が大切」 北京市民、光と影】
いろいろな人がおりますね。海外メディアがいてもどうにもならないんだから、いなくなったらどうなるかは容易に想像できますが、この中国人には分からないのでしょうか。
-- (引用開始)(朝日2008年8月25日0時54分) --
 「声と健康には自信があるからね。中国百年の夢に参加でき、これほどうれしいことはない」
 北京五輪の柔道会場で案内役ボランティアを務めた元オペラ歌手尚慕周さん(85)。若者の模範になろうと外に立ち、誘われても会場には入らなかった。「近頃の若者は甘やかされているから、きついボランティアはいい経験。メダルより、もっと大事なものを学んでくれたはずだ」
 「鳥の巣」の外でサックスや笛を吹き続けた殷妙芳さん(70)は「中国と五輪のために自分にもできることがあって幸せ」と振り返った。
 「五輪歓迎演奏会」と称して期間中、1人で野外演奏をしてきた。音楽を始めたのは60歳を過ぎてから。一度だけ「鳥の巣」に入り、陸上競技を観戦した。「どの国の人も自分の国のために一生懸命頑張っていた。中国も同じ」
 五輪の「成功」を喜べない人たちもいる。
 今年6月、地方に住む姉一家宅が悪質な開発業者に壊されるなどした北京市内の会社員男性(31)は、その窮状を訴えようと、期間中に公安当局が設けた公認デモの申請窓口に通った。
 公安当局が「デモになる前の相談でほとんどの案件が解決した」と説明しているのをテレビで見たからだ。だが、申請は受理されず、担当者は「調べる」といった、その結果の連絡はまだない。
 陳情と申請に追われ、何の競技も見ないまま五輪は終わった。9月6~17日の北京パラリンピック中も公認デモの申請窓口が設けられるはずだ、と望みをつなぐ。
 「デモが1件もないまま終わり、関心を持つ海外メディアが帰ってしまう。政府が本当に声を聞いてくれるのか全く分からない」。男性の不安は消えない。
 9月下旬に司法試験を控える北京市内の男性(25)は「環境や地域格差などの問題の方が大切ではないか」と訴える。期間中は大学構内の自習室から閉め出された。
 01年の誘致決定時は地方の大学1年。卒業後、故郷に戻ると、植物が減り、赤トンボも見なくなった。無造作な開発が悲しかった。でも思いは打ち明けない。「中国で国を批判するには勇気がいる」
 厳しい規制をかいくぐり、ダフ屋行為で1万元(約16万円)稼いだというトラック運転手の男性(33)は「金もうけが一番。いい五輪だったよ」と笑った。「閉会式も関係ないよ。もうけを家に持って帰って、8歳の長男の学費にするんだ」。稼いだ額は給料の3カ月分にのぼった。
-- (引用終了) --

【2016年五輪が東京なら「カンフー」が五輪正式競技になるかも?―中国】
東京が開催地になるかどうかは、中国で決まると思うのですが。韓国がえらく反対するでしょうねえ、もどき競技のテコンドーは当然なくなるでしょうから。テコンドーよりも視聴率が悪いとは思えませんけれどね。とりあえず、カンフー・サッカーで満足して置いてください。
-- (引用開始)(Record China2008-08-25 13:29:54) --
2008年8月24日、中国青年報によると、ドイツのラジオ局「ボイス・オブ・ドイツ」ウェブサイトは22日、「中国武術がオリンピック正式競技になるには日本の協力が必要だ」とし、「2016年のオリンピック開催地が東京になるか否かで決まるだろう」と伝えた。
国際オリンピック委員会(IOC)のジャック・ロゲ会長によると、今回の北京大会における武術競技は、中国の強い意向により、特別競技として実施。名称も「北京2008年オリンピック武術大会」とされ、オリンピックの正式競技でもなく、公開競技でもないという異例の扱いだった。
中国武術は、映画「カンフーパンダ」の公開などもあり、世界的に認知度も上昇しているが、正式競技入りはやはり難しく、2012年のロンドン五輪でも正式競技入りは見送られたと、ボイス・オブ・ドイツは指摘。現在、正式競技化が最も有力なのは、東京がシカゴとマドリード、リオデジャネイロを抑えて2016年の開催地に決まった場合だ。「空手と中国武術をあわせて申請すれば正式競技になる可能性が高い」と中国は強く望んでいる。
また、経済的な後押しも不可欠だ。英国ガーディアン紙は、「中国武術が正式競技に選ばれるには視聴率が取れて、有力なスポンサーを探せるかどうかにかかっている」と報じている。(翻訳・編集/岡田)
-- (引用終了) --

【<北京五輪・関連>閉会式でも「人工消雨」、ロケット弾241発を発射―中国】
当然やりますよね。利いたのかは分かりませんが、良く出来ました。
-- (引用開始)(Record China2008-08-25 14:01:20) --
2008年8月24日、北京市気象局の郭虎(グオ・フー)局長は、この日行われた閉会式に備え、雨雲を蹴散らすロケット弾を使用したことを明らかにした。新華社通信(電子版)が伝えた。
郭局長は、「24日の正午(現地時間=以下同)ごろ、河北省西部および内モンゴル自治区で雨雲が発生していることがわかった。それらの雨雲はゆっくりと北京に向かって移動しており、閉会式への影響は必至だと考えた」と説明した。
「人工消雨」作戦は、同日午後2時から午後8時50分までの間に実施。計8機の飛行機を飛ばし、北京北部の張家口、房山区、延慶県などの上空に雨雲を消す作用のある硅藻土などを10数トン散布した。このほか、北京、天津、河北省などの発射基地からも、計241発のロケット弾を発射したという。(翻訳・編集/NN)
-- (引用終了) --

【<北京五輪・関連>大気汚染対策、閉会後「さらに厳しく」―北京市】
日本にとっては良いことですね。これで北京の産業は天津やその他の地域に移っていくことになるのでしょう。結局日本にとっては同じですか。たぶん、中南海にお住みの方が「キモチイー」とおっしゃったのでしょう。
-- (引用開始)(Record China2008-08-25 15:55:10) --
2008年8月24日、北京市環境保護局の杜少中(ドゥ・シャオジョン)副局長は23日、北京国際メディアセンター(BIMC)で記者会見を開き、北京五輪開催期間中の大気汚染改善状況について説明。五輪閉会後も北京市は引き続き大気汚染改善に努力することを示した。地元紙「京華時報」が伝えた。
北京五輪開催中の市内の大気汚染レベルは空気汚染指数「2級(良)」が7日、空気汚染指数「1級(優)」が9日あり「北京五輪にきれいな空気を提供することができた」と杜副局長。「五輪に向けての臨時措置として実施された各種環境保護政策について延長はあるのか?」との質問には、「いくつかの排ガス規制については継続して実施する。今後は五輪期間中に得られた経験を有効に生かして、さらに都市環境レベルの改善を目指す」と答えた。
さらに、「五輪閉会後は汚染源となる車両の規制範囲を現行よりもさらに広げる」と述べ、「北京市は粉塵をまき散らす建設現場や施工主を許さず、排気ガスを噴出させるダンプカーの走行も許さない」と強く語った。また、汚染企業に指定された企業は汚染源の除去などの基本的な解決が見られない限り、五輪閉会後も生産停止措置がとられるという。(翻訳・編集/本郷)
-- (引用終了) --

【中国各紙が五輪絶賛、メダル数では自制も 当局指示受け】
朝日は時々こんな記事を流しますね。らしくないというのか、ポーズなのか。
-- (引用開始)(朝日2008年8月25日15時0分) --
 【北京=峯村健司】北京五輪の閉会式から一夜明けた25日の中国各紙は一斉に、「過去に例をみない五輪」と成功を祝った。一方で、最多となった金メダル数については、「冷静かつ理知的に見つめる必要がある」と呼びかける記事が目立つ。「肯定的かつ民族精神を高揚させる記事を書きながらも、過度にあおらないように」という五輪直前に中国当局から出された通達が色濃く反映されている。
 「五輪を通じて中国は世界と未曽有の親密な関係となり、新しい時代に突入した」。中国共産党中央機関紙、人民日報は1面に、閉会式で手を振る胡錦濤(フー・チンタオ)国家主席(共産党総書記)の大きな2枚の写真を掲載し、共産党がもたらした成功であることをアピール。閉会式に取材に来た英BBC記者の「最高の音楽と色彩を使ったすばらしい祭典」というコメントなど海外メディアの称賛ぶりも大きく取り上げた。
 国際情報紙・環球時報は学者のコメントを引用する形で「五輪成功は、中国人民の愛国と政府への高い支持を世界にしらしめた。中国の自信は数百年来最高点に達した」と絶賛した。
 だが、世界中で話題になった開会式での少女の「口パク問題」など過剰演出や、会場周辺で取材中の外国人記者が相次いで拘束されたことは触れられていない。
 こうした報道の背景には、8月上旬、五輪批判を禁じてプラス面を強調するよう中国共産党中央宣伝部が各社幹部に指示した通達がある。国際社会による五輪の成否の評価は、中国メディアの報道やインターネットの書き込みで決まるとして、「特に閉会式直後の報道を重視している」(中国筋)という。
 通達は「メダル数に固執したり予測したりする報道をするな」とも指示。世論形成に強い影響を持つネット上で獲得メダル数に関心が集まり、ナショナリズムが暴発することを恐れたためとみられる。
 中国の金メダル数が米国を追い抜いたことについて、国営新華社通信は論評記事で「主催国のメリットを考えなければならず、メダル獲得に狂喜するのではなく、中国スポーツ全体をいかに発展させるかが今後のポイントだ」とクギを刺した。共産主義青年団の機関紙、中国青年報も「総合的な国力が勝ったわけではない」と冷静さを保つよう呼びかけた。
 主な欧米メディアは北京五輪のスムーズな運営は評価しつつ、人権問題などで前進がなかった点などを指摘した。米CNN(電子版)は「言論の自由や政治的な抗議に対するスタンスに問題が残る」と批判。英紙フィナンシャル・タイムズは4年後のロンドン五輪は「より質素なものにすべきだ」と主張。中国当局がインターネットへの接続を制限したことやデモを許可しなかったことを挙げ、「(環境問題や人権状況で)改善への兆候はほとんどない」と論評した。
-- (引用終了) --

【中国、止まらぬ賃金上昇 「所得倍増計画」に企業悲鳴】
物価高騰という側面もあるようです。給料を上げられる会社に勤めていれば良いのですけれど。低賃金を求めてやってきた外資は逃げ出しますか。日本企業は機械化しますか、だったら日本に戻ってきて機械化してください。逃げ出せなくなった会社も多いのでしょうね。
-- (引用開始)(朝日2008年8月25日6時1分) --
 中国での賃金上昇が止まらない。「世界の工場」として多くの国の企業が進出する沿岸部の都市では今年、最低賃金が前年比で約2割上昇。広東省は12年までに所得を2倍にする計画を打ち出した。人民元高や原材料の高騰も響き、企業の経営環境は厳しさを増している。
 7月3日、広東省深セン(センは土へんに川)の北部にある日本の中小企業向け工業団地「テクノセンター」に、1枚の通知が届いた。深セン市の労務当局からだった。
 「今月から最低賃金を月900元(約1万4千円)とする」
 6月までの最低賃金は750元。一気に20%の引き上げだ。深セン市政府は04年から毎年、最低賃金を引き上げており、この3年でほぼ2倍になった。「上がるのは覚悟していたが、まさか2割とは」。テクノセンターの佐藤征洋社長はため息を漏らす。
 賃金の上昇は、消費者の購買力を底上げし、企業にとってもプラス効果が大きい。ただ、コストの削減に追われる中小・零細企業には負担となってのしかかる。
 テクノセンターには、自動車や機械の部品などをつくる49社が入っている。いずれも大企業からのコスト削減要求に苦しむ中小企業だ。入居企業の一つ、プラスチック加工業の日彩化工は、原油高の影響で赤字に転落した。そこに、今回の賃上げ。川副哲社長は「月1500万円の人件費が約300万円増える。苦しいよ」と訴える。
 深センの経済特区内は7月に中国で初めて最低賃金が1千元の大台に乗った。上海も4月、840元から960元に改定された。7カ月前に12%引き上げたばかりで、上昇ペースが速まっている。
 さらに広東省は7月初め、個人所得を12年までに07年の倍にする計画を明らかにした。08年から少なくとも3年間は、最低賃金を毎年、1割以上引き上げるという。
 上がっているのは最低賃金だけではない。「高温手当」という新たな制度が、今年から各都市で始まった。6月から10月まで、気温が33度以上の職場だと月150元、33度未満なら100元を支払う制度だ。
 広州でメガネレンズを製造するHOYAも、6月から約400人の従業員に高温手当を払い始めた。現地法人の北田信孝社長は「工場は冷房がきいているけど、全員に100元払っている」という。
 賃上げの最大の要因は、物価の高騰だ。中国の消費者物価指数の上昇率は2月から3カ月連続で8%台。肉など食料の値上がりが激しく、「物価上昇以上に給料を上げないと、実質減収になる」(上海の精密機械メーカー)という事情がある。
 賃金への不満は、ストライキにつながることもある。
 広東省東莞で複合コピー機を製造するコニカミノルタ。2月末、4800人の従業員のうち約500人が昼食後に職場放棄を始めた。職場放棄は翌週にもあり、規模は1千人近くに膨らんだ。
 現地法人の鈴木誠一社長は「会社が史上最高益という情報をネットで容易に入手できるようになり、待遇改善を求める動きにつながりやすい」と話す。
 05年から20%以上切り上げられた人民元、天井知らずの原材料高……。台湾企業でつくる深セン台商協会の黄明智会長は「今年に入って、深センだけで台湾企業の約8%、約150社が閉鎖、またはベトナムなどへ移転した」と話す。
 台湾や香港の企業には、家具やおもちゃ、靴製造などの労働集約型が多い。総コストに占める人件費の比率が3~4割と高く、急激な人件費上昇は経営にとって致命的だ。
 ただ、日本企業の工場が閉鎖に追い込まれた例は少ない。自動車や精密機械など付加価値の高い商品が多く、コストに占める人件費の比率が10%前後と低いためだ。
 しかし、テクノセンターの佐藤社長は、人件費の上昇がさらに続いた場合への危機感を募らせる。「これからは日本と同じように機械化を進め、なるべく人を使わない工夫も必要になってくる」(香港=奥寺淳)
-- (引用終了) --

【「日本海」表記に韓国反発 北京五輪閉会式で上映の世界地図】
また随分とつまらないことが外交問題となりそうですね。ちなみに中国の東海と言ったら、東シナ海のことですからね。線が一本も引かれていなかったということで、何かあるんでしょうか。自分たちだったら喜んで日本に対してやるのにねえ。
-- (引用開始)(産経2008.8.25 11:57) --
24日の北京五輪閉会式で上映された世界地図の映像が、日本と朝鮮半島の間の海域を「日本海」と単独表記したことに対し、韓国で不満が噴き出している。メディアによると韓国外交当局は対応に乗り出し、25日に中国の胡錦濤国家主席が訪韓して行われる中韓首脳会談前に新たな懸案が生まれた。
 韓国は竹島(韓国名・独島)の領有権主張と同じく、日本海を「東海」と表記するよう国際社会に求めている。不満はインターネットの書き込みで始まり、メディアも批判的に報道。中国政府が日本の肩を持つことを示す意図があるとして、首脳会談で抗議するよう求める声が出ている。
 映像の中で世界中から北京へ光が向かうことを表現したシーンにも「日本からは3本の光が北京へ伸びているのに朝鮮半島からは一つもない」との不満が出ている。(共同)
-- (引用終了) --

【金メダル選手に560万円 中国】
おめでとうございます。中国でこの金額はちょっとしたものですね。マイナーなスポーツの方は本当に干天の慈雨ですね。
-- (引用開始)(産経2008.8.25 11:27) --
中国政府系のウェブサイト「中国網」によると、中国国家体育総局の肖山(しょう・ざん)副局長は二十四日、一部地方紙の取材に対し、北京五輪で金メダルを獲得した中国の選手に一人35万元(約560万円)を支給することを明らかにした。前回のアテネ五輪では20万元だった。
 中国は北京五輪で51個の金メダルを獲得、国別で初のトップとなった。
 また同体育総局の劉鵬(りゅう・ほう)局長は二十四日、選手養成など中国政府の対スポーツ投資が毎年8億元に上っていることを明らかにした。(共同)
-- (引用終了) --



BlogContest3



スポンサーサイト
北京オリンピック | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 本日の毎日新聞(8月26日版) | home | 本日の毎日新聞(8月25日版) >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。