<< 北京オリンピック 宴の後 | home | 北京オリンピック 総集編 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
本日の毎日新聞(8月25日版)
毎日新聞は放送局です。電波流しまくり。今回のは2ちゃんで見つけたネタです。ふつうはうっかりと見落としますね。で、社会が悪いと言いたいのでしょう。やっておられることは大変で、大切なことだと思うのですが、何か違うと思われるだけです。こういう事を訂正してあげないと、梅田さんのやられていることが全部無駄になりますよ。

【会いたい聞きたい:銀河カレッジ施設長・梅田伊津子さん /熊本】
毎日新聞というのは、言いたいことを何でも言っていい新聞何でしょうか。違いますね。コラムニストに書かせる新聞です。電波を発信してくれる人に原稿を依頼しているだけです。それにしても、少し原稿を査読してもらえないのかな。別の便だったらベルトなしで乗れたというのは本当でしょうか。見つからなかっただけでしょう。
-- (引用開始)(毎日新聞 2008年8月24日 地方版) --
 ◇「外部社会との交流を」--梅田伊津子さん(63)
 知的障害がある人の就職が進まない。コミュニケーションが苦手で、周囲に理解されにくいことが背景にあるという。知的障害者の親で、宇土市築籠(ついごめ)町の就労支援施設「支援センター銀河カレッジ」で施設長を務める梅田伊津子さん(63)に、施設の活動と知的障害者を取り巻く現状を聞いた。【遠山和宏】
 --どのような施設ですか。
 ◆知的障害のある約25人がお菓子作りや農作業、アート活動などをする作業所です。
 --設立の経緯は。
 ◆1978年に生まれた私の三女(30)は知的障害があります。86年に障害のある子供の親たちと共同で「宇土星の子おもちゃ図書館」を開館し、おもちゃの貸し出しをしたり、キャンプなどの活動をするなど遊び場を作りました。
 --その後、作業所をつくったのですか。
 ◆ある子どもが、あと1年くらいで養護学校高等部を卒業するという時期になり、就職が困難と分かりました。卒業後はどうするか。以前から憂慮していた問題に直面しました。そこで県に相談し、96年に通所作業所の認可を受けて作業所を開所しました。現在は、夫が理事長を務める「社会福祉法人銀河の会」が運営しています。
 --知的障害のある人を取り巻く環境は変わりましたか。
 ◆まだまだ厳しいです。先日、羽田空港から飛行機に乗った時、娘がシートベルトを付けるのを嫌がりました。私が上から抑えていたので問題はないと思うのですが、しっかり締めずに声を出していたこともあってか「シートベルトをしていない人を乗せることはできない」と、降ろされました。別の便に乗って帰りました。
 --どうしてなかなか環境が改善されないのでしょう。
 ◆知的障害のある人と接した経験が少ないからだと思います。もっと外部社会との交流を増やせれば、一般の人たちの理解も進むと思います。
 --作業所の近くに飲食店「昭和カフェ 銀乃船」も開いていますね。
 ◆銀河カレッジの利用者が、店員として働いています。昭和の雰囲気がする趣のある場所でゆっくりしていただけます。これも彼らの社会交流の場になっています。
 --目標はなんですか。
 ◆施設利用者が社会の中で、一人の人間として独立して生きていけるようにしたい。親と一緒に暮らしている利用者が多いですが、いつまでも親が生きているわけではありません。下宿暮らしをしながら働けるような施設をつくれたらいいなと思います。
==============
 ◇プロフィル
 東京都新宿区生まれ。81年に家族で宇土市に移住した。夫は陶芸家。自身も多摩美術大学卒の陶芸家でもある。音楽が好きでフルート演奏が趣味。1男3女の母親。


-- (引用終了) --

【】

-- (引用開始)() --

-- (引用終了) --

【】

-- (引用開始)() --

-- (引用終了) --

【】

-- (引用開始)() --

-- (引用終了) --

【】

-- (引用開始)() --

-- (引用終了) --

BlogContest3



スポンサーサイト
毎日新聞 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 北京オリンピック 宴の後 | home | 北京オリンピック 総集編 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。