<< 北京オリンピック 二次会はまだか | home | オリンピック疲れ? >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
北京オリンピック 中国の逆襲
中国から、勝利宣言、逆襲ネタが続々と到着。不思議とソースはRecord Chinaと人民網だけ。分かりやすいですね。でも、痛いところもあります。


【<点描・北京五輪>朝倉浩之の眼・回憶 北京五輪(2) 評判のよくなかった日本の五輪取材記者】
どこの特派員かは分からないが、産経と言いたいのかな。論理の展開は香ばしい感じはするが、日本の記者もしっかりしてもらいたい。
-- (引用開始)(Record China2008-08-28 12:04:34) --
■■■■■2008年8月25日■■■■■
「日本の記者は凶暴だ!(中国語で「凶」)」
ある競技場で、メディア担当の大学生ボランティアが私に漏らした言葉だ。
穏やかでないことをいうので、事の真相を聞くとこうだ。
記者席に座っている某日本の新聞記者に試合の資料を配ろうとしたところ、その記者にシッシという手振りをされた上に、英語で「×××」という“文字にはできない”罵りの言葉を浴びせかけられたというのだ。恐らく、その記者も、試合中に周りをうろうろされて、いらだっていたのだろう。その記者はサングラスをつけてかなり強面の形相で、「ボランティアの態度が悪い」と同業の記者たちに大声で叫んだり、資料を配るタイミングが遅いとクレームをつけたりし、ボランティアたちに“恐れられて”いた。
僕は「記者は忙しい仕事。連日の取材で、彼らもいらだっているんだよ」となだめたものの、同時に、その記者の人間性を疑わざるを得なかった。
北京五輪の会場で、日本人記者の評判がよろしくない。そう言うと「そんなこと報道されていない」と思うかもしれないが、報道する本人たちの評判だから、それは当然のことだ。他にも、試合が終わってスタジアムを出るよう何度もアナウンスが聞こえているのに席を立とうとしなかったり、大学生ボランティアをまるで手下のようにアゴで使うような態度を見せたりと、ボランティアたちの口から次々と愚痴が出てくる。
また私が直接目にしたところでいうと、試合が終わった後の記者席が最も散らかっていたのは、日本人の記者が集団で座っていたエリアだった。飲みかけのペットボトル飲料や必要のなかった資料などが散在し、散々な状況だった。
記者たちからすれば、忙しい仕事が終わって、ゴミを拾って帰るなんて“暇”なことはできない、ということなのだろうが、その程度のことは社会人として当然の礼儀ではないか。それをあとで掃除するのは、金銭的な見返りも求めずに大会運営に身をささげるボランティアたちなのだ。記者たちに素晴らしい環境を提供するために働いている彼らだが、それは別に記者たちのアシスタントや部下として下働きをするためではない。記者は「サービスを受けて当然」という立場ではないのだが、残念ながら、国際大会の華やかな舞台で、彼らの目は曇ってしまっているようだ。
もちろん、中にはボランティアや会場スタッフに丁寧に接し、素晴らしい印象を残していった日本人記者もいる。だが、少数の記者の行動によって、「日本人記者は怖い」「態度が悪い」というイメージが若い彼らの中に根付いてしまったのは、同じ日本人の取材者として残念で仕方がない。
ちなみに、冒頭の記者は日本の大手新聞社の特派員。その新聞社は、今回の北京五輪の報道方針について、「中国がオリンピックを開く資格があるかどうかを検証する」ことに置いているという。
うがった見方をすれば、敢えて“理不尽な”行動を取って、ボランティアの対応や大会運営の様子を試そうとした、なんて可能性も考えられるが、そうだとすれば、とんだ勘違い行動だ。
そして、その“北京五輪を検証”しにきた記者さんに言いたい。「あなたもまたスタッフから“検証”されているんですよ」と。
中国人のマナー向上を呼びかけるのもいいが、自らのマナー向上も大切ではないか。自戒を込めて、問いかけたい。
<注:この文章は筆者の承諾を得て個人ブログから転載したものです>
筆者プロフィール:朝倉浩之
奈良県出身。同志社大学卒業後、民放テレビ局に入社。スポーツをメインにキャスター、ディレクターとしてスポーツ・ニュース・ドキュメンタリー等の制作・取材に関わる。現在は中国にわたり、中国スポーツの取材、執筆を行いつつ、北京の「今」をレポートする中国国際放送などの各種ラジオ番組などにも出演している。
-- (引用終了) --

【中国の「嫌韓」感情、傲慢な態度が反感生む―韓国紙】
韓国への逆襲です。中国が嫌韓の理由を韓国が考えました。とても正しい分析とは思えません。
それを韓国、日本との関係に当てはめると、日本が「韓国製品をパクリ、品質が悪いと思っている」から、韓国は反日と言うことらしいです。よく分かりました。
-- (引用開始)(Record China2008-08-29 12:40:21) --
2008年8月28日、韓国紙・朝鮮日報は「中国の嫌韓感情はわたしたちが呼び起こしたものかもしれない」とのコラムを掲載した。中国新聞社が伝えた。
近年中国では嫌韓感情が大きな広がりを見せている。ネットには韓国が中国の歴史や文化をパクろうとしているとの書き込みがあふれているばかりか、一部新聞までが誤報を報道する始末。今月17日には駐中国韓国大使が事態を危惧するコメントを出すほどにまで、韓国バッシングは高まっている。
朝鮮日報に掲載されたコラムの作者はこの夏休みに中国を家族旅行したところ、出会ったのは親切な中国人ばかりだったという。その理由を「二人の子どもを連れていたため、波風を立てないように謙虚な態度を取り、「中国はすごいですね」などと相手をたてる発言をしていたため」と作者は分析。韓国人が品質の悪い中国製品、ニセブランド製品のイメージで中国全体を捉え、馬鹿にするような傲慢な態度が中国人の嫌韓感情を招いているのではないかと指摘している。(翻訳・編集/KT)
-- (引用終了) --

【<北京五輪・関連>シンクロ井村氏も?外国人コーチ、大半が辞任か―中国】
辞めるのか辞めさせるのか。続けたくない環境なのか。まあいろいろあるのでしょうけれど、韓国人が日本の技術援助に対する態度を思い出しますね。
-- (引用開始)(Record China2008-08-31 21:09:50) --
2008年8月30日、「中国青年報」は北京五輪で中国人選手の活躍を支えた外国人コーチの進退にスポットを当てた。
先ごろ成功裏に閉幕した北京五輪。メダル総数では米国に及ばなかった中国だが、金メダル数では五輪史上初めて首位に立った。同紙は、「中国が招聘した外国人コーチ38人の存在なくしては有り得なかった」と称賛。中国が海外から招聘したコーチは、過去最多数だった。
同紙によれば、五輪閉幕後、メダル獲得など中国人選手の活躍に大きく貢献した外国人コーチに対して、中国側は強く慰留する方針だが、辞任の意向を示しているコーチも多いという。
中国女子ホッケーは今大会、初めて決勝進出を果たして銀メダルを獲得。韓国人コーチ・金昶伯氏は、弱小チームを世界の強豪へと押し上げた。チームを9年間指導してきた金氏だが、「少なくとも2~3年は休養したい」として辞意を表明。野球中国代表監督のジム・ラフィーバー氏もまた、今大会をもって野球が五輪実施競技から外れることから、すでに辞任の意向を固めている。
シンクロナイズドスイミング団体は、ヘッドコーチ・井村雅代氏の指導のもと中国初の銅メダルを獲得。同紙は、「自らの進退について、井村氏は明言を避けている」としながら、「中国チームを離脱する可能性が高い」との見方を示している。(翻訳・編集/SN)
-- (引用終了) --

【イラクの油田開発権を取得、米政府は反発か―中国】
終わればこっちのものということなんでしょうね。いろいろな面で表れています。
-- (引用開始)(Record China2008-08-29 17:25:45) --
2008年8月28日、米ラジオ局・ボイスオブアメリカのWEBサイトは中国がイラク政府と油田開発契約を取り交わしたと伝えた。契約費用は30億ドル(約3280億円)となる。
1997年に中国とイラクは油田開発契約を取り交わしていたが、国連の制裁及びイラク戦争により開発は中断されていた。今回の契約は97年の契約を新たに更新したもので、採掘量は以前計画されていた1日当たり9万バレルから11万バレルに上方修正された。契約期間は20年間。3年後からの生産開始の予定。
米政府は今回の契約締結に不満を漏らしていると伝えられる。一方、中国外交部の秦剛(チン・ガン)報道官は28日の記者会見で、「契約は市場原則に則ったもので第三者に損害を与えるものではない」とコメント、米政府との関係に問題はないとの見方を示した。(翻訳・編集/KT)
-- (引用終了) --

【紅い大地!秋を告げる涼風に色づく菊畑―新疆ウイグル自治区】
いいニュースを流しますねえ。しかし、地元の大切な収入源を国家機関が押さえているという意味でしょうか。被征服者は収入減を取り上げられているわけですよ、きっと。
-- (引用開始)(Record China2008-09-01 18:32:43) --
2008年8月29日、新疆ウイグル自治区は、新疆生産建設兵団(辺境防衛を行う国家機関)が営む広大な菊畑を有しており、秋の訪れと共に真っ赤に色づいた菊の収穫がピークを迎えている。
菊は秋を告げる風物詩として、中国でも愛されている。旧暦の9月9日にあたる「重陽節」には満開の菊の花をめでる習慣があり、毎年この頃は多くの人が熱心に菊を育てる時節でもある。
05年には国家の関連部門から「中国菊の里」という称号も与えられたほど盛んに生産されているかの地の菊だが、菊花油などの加工製品が香港や欧米諸国へ向けて多く出荷されており、地元の大切な収入源となっている。五輪に沸いた熱い夏も去り、一面の紅色に染まった菊畑は、かの地の潤沢の象徴でもあるのだ。(翻訳・編集/愛玉)
-- (引用終了) --

【福州 道路工事のため教会を「大移動」】
共産党の下では、神も人民も等しいということですね。移動後は新たなスポットと自画自賛。今だって十分に価値のあるものではないのかな。
-- (引用開始)(「人民網日本語版」 2008年09月01日) --
福建省福州市にある泛船浦天主教会は8月30日より、道路建設のため、1日10メートルほどの速度で「大移動」を開始した。
 同教会は、建設が予定されている福州ミン江大橋の南江浜道路の中央に位置し、100年近い歴史を誇る省級の文物保護単位だ。移転に伴う設計・工事を担当するのは福建省建築科学研究院。同教会は約半月で東に75.6メートル移動し、建物全体を90度回転させた後、さらに南へ30.7メートル移動する予定。
 移動後の教会は、もともと東西を向いていたのが90度向きを変えて、ミン江に向かい合う形となる。美しい南江浜道路の風景に、歴史と文化の新たなスポットが加わることとなる。
 同教会は清の時代に建てられ、1932年に再建された。福建省のカトリック教会の中心であり、福建省最大のカトリック教会でもある。(編集SN)
-- (引用終了) --

【中国は十倍速で成長、政治無策が経済停滞に―台湾】
こっちのみーず(水)はあーまい(甘い)ぞ。と、おいで、おいでしてますね。プロパガンダの原則どおり、台湾人に言わせてますね。実在する人がどうかは知りませんが。で、最後に日本に対するメッセージでしょうか。一番良いところと、全体を比較してますね。ある程度行くと成長の速度はどうしても落ちますけれど。
もうひとつのプロパガンダの原則として、朝日新聞がやったように、中国がこの世の楽園であるかのように台湾の新聞に言わせなくては。
-- (引用開始)(Record China2008-09-02 12:31:04) --
2008年9月1日、台湾紙・中国時報は大陸の経済が急成長を遂げる一方、台湾経済は「今なお泥沼でもがいている」と酷評した。中国新聞社が伝えた。
2001年の北京五輪招致決定以来、北京市と上海市で働いていた台湾人・ペギーさんは「台湾に帰ると、まるで都市から田舎に戻ってきたよう」に感じるという。台湾と比べれば、北京市、上海市の発展速度はまるで10倍速。息をつく暇すらないという。
この7年間で上海市の1人当たりGDPは3000ドルから9000ドルへ(約32万4000円から97万2000円)、北京市朝陽区、海淀区に至っては1万9000ドル(約207万円)へと大きく成長した。一方台湾はほとんど変化を見せていない。この事態にも政治は何も手を打つことなく、政敵を相手にみにくい罵り合いを続けているだけだとペギーさんは批判する。
もちろん大陸にも格差の拡大など多くの問題がある。しかし優れた建築物が次々と完成し、無線LANのエリアが急速に拡大、交通網の整備が進むなど大きく前進していることは疑いない事実。ペギーさんは「台湾もがんばらなくては」ともらした。
停滞する経済に効果的な対策を打ち出せず、政界内の争いに終始している政治家たち。「がんばらなくてはいけない」のは台湾だけではないだろう。(翻訳・編集/KT)
-- (引用終了) --

【「使い捨て」の日本人技術者が大量流入―中国】
この道はいつか来た道。明治政府も外国人技術者を雇いましたね。技術者、職人というのは日本ではそういうものなんですよ。給料はそうなのですが、尊敬はされていると思いますけれど。金が全てならば違う結果かもしれませんが。
-- (引用開始)(Record China2008-09-02 14:43:20) --
2008年9月1日、新華網は、日本の雑誌に掲載された日本人技術者の現状を紹介した。資料によればここ5年間で大量の日本人技術者が中国に流出しているが、待遇の違いに理由があるという。
それによると、日本でリストラされたり、退職した技術者が中国のために働くという現実がしばしば見られるようになった。例えば、三菱電機の場合。ここ5年で経営不振により1万人がリストラされたが、その大多数は三菱とハイアールの合資会社で働く。日本で再就職した場合、年収は300~400万円だが、中国企業では500万~700万円にもなるという。こうした待遇が彼らを惹きつける魅力だ。
日本の人材が流出するという現象は今に始まったことではなく1980年代まで遡る。韓国のサムソン電子が大量の日本人技術者を引き抜き、その結果、現在では日本の製造業を圧迫するまでの存在になっている。団塊世代が大量に職場を去る中、こうした現象が再現される可能性がある。
日本では技術者の地位は決して高くない。福田内閣(9月1日現在)の18人の閣僚のうち、理系出身者はわずかに1人。明治維新から数えて理系出身者が総理大臣になったのは東京水産大学出身の鈴木善幸氏のみだ。それに対して中国の歴代の指導者は理工系出身者が占める。(翻訳・編集/小坂)
-- (引用終了) --

【<四川大地震>「英雄」たちの救援活動、小中高の教材に義務づけ―中国】
中国の勝利宣言が続々と来ます。洗脳しますよって高らかに謳い上げてますね。
-- (引用開始)(Record China2008-09-02 11:56:00) --
2008年9月1日、中国の学校では新学期が始まったが、上海教育出版社の中学3年生向け「語文(日本の国語に当たる)」の新教科書のなかに、今年5月12日に発生した四川大地震を題材にした記述があった。北京市の「法制晩報」が報じた。
教育部関係者によると、教育部はすでに全国各地の学校で使用される小中高の新しい教科書に関して、四川大地震の救援活動とそれに携わった多くの「英雄」たちについて記述するよう要求しているという。だが新学期から使用される教科書のほとんどがすでに出版済みであり改訂も間に合わないため、四川大地震を採り上げた教科書は早くて来年の春から全国の学校で導入される見込み。
教育部の李衛紅(リー・ウェイホン)副部長は「四川大地震の際に行われた救援活動は、思想政治教育の生きた教材であり豊富な資料である。各教育部門と学校は抗震救災(地震と戦い被災者を救う)精神の高揚に努め、生徒1人1人の脳裏にこの精神を浸透させるべきだ」と語っている。(翻訳・編集/本郷)
-- (引用終了) --

【】
-- (引用開始)() --
-- (引用終了) --



BlogContest3



スポンサーサイト
北京オリンピック | トラックバック(0) | コメント(2) |permalink
<< 北京オリンピック 二次会はまだか | home | オリンピック疲れ? >>
コメント
ひとつ見えたらたくさん
一件でもあれば、針小棒大。それが世界標準です。日本人同士なんですが、中国におもねる場合もありますし、単に良かれと思って書いて、利用されているという場合もあります。
真実は分かりません。
2008/08/31 Sun| URL | mayo5
[ 編集 ]
実際どうなんでしょうね。
記者が程度が悪いのは確かなんですが、同じ仲間同士けんかすることもありますまいに。
2008/08/30 Sat| URL | あきつ
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。