<< 海江田万里と日中友好 | home | 北京オリンピック 宴の後の強気 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
北京オリンピック そして口パクが残った

口パク少女の記事を少しだけ抜き出してみました。並びは時間の逆順です。

【「口パク少女」学校そっちのけで芸能活動!破格ギャラでCMも?―中国】
まあ、こうなるんでしょうね。
-- (引用開始)(Record China2008-09-05 12:57:12) --
2008年9月5日、北京五輪開会式の「口パク少女」として一躍有名になったリン・ミャオコー(林妙可)ちゃんが、小学校を欠席して芸能活動に励んでいるという。中国娯楽網が伝えた。
開会式で一躍「時の人」となったミャオコーちゃんには、CMやドラマ、映画からもオファーが殺到中。以前から子役として活動していたミャオコーちゃんだが、今月から新学期を迎えた小学校には一度も出席せず、出演ドラマの撮影にいそしんでいるという。また、タオルメーカーから500万元(約 7500万円)という子役には破格の金額を提示され、CM出演を引き受けたとの噂も。
ミャオコーちゃんの父親によると、現在は実家の北京を離れてドラマ撮影に入っていることは事実だという。しかし、CM出演の巨額オファーについては否定しており、ネットユーザーらも、ミャオコーちゃんの知名度を利用したメーカー側の売名行為に違いない、と非難している。(翻訳・編集 /Mathilda)
-- (引用終了) --

【「口パク少女」の名誉挽回?本人希望の「ナマ歌」をテレビで披露―中国】
彼女の歌のうまい、下手が問題になったわけではないんで、どうでもいいんですけれど、商品価値を上げるのに必死のようです。
-- (引用開始)(Record China2008-09-01 15:21:21) --
2008 年9月1日、北京五輪の開会式で革命歌曲「歌唱祖国」を独唱し、一躍話題となった後、そのパフォーマンスが口パクだったことが判明した少女・林妙可(リン・ミャオコー)ちゃんが、国営テレビ局・中央電視台の番組に出演、歌を披露することがわかった。大手ポータル・網易(NETEASE)のエンタテイメント版の報道。
妙可ちゃんが出演するのは中央電視台の経済チャンネルで放送される特別番組「開学第一課」で、今晩放送される。番組関係者によると、妙可ちゃんは番組冒頭で、四川大地震被災地の「英雄少年」と呼ばれる林浩(リン・ハオ)くんと共にデュエットを披露する。番組としては、このプログラムを通じて、五輪精神と被災地救援を呼びかける意図があるとしており、教育部でも全国の小中学生に、番組を視聴するよう呼びかけている。
妙可ちゃんの父親によると、今回の出演に際し、「口パクはしないこと」を唯一の条件に掲げたという。また、数日前に収録が行われた現場では妙可ちゃん自身が「今度はちゃんと歌いたい。わたしも歌えるから」とディレクターに直訴したという。
妙可ちゃんはこれまでも子役として50以上のCMやポスターに出演しており、五輪開会式出演においては、演出担当のチャン・イーモウ(張芸謀)監督に見初められてキャスティングされた。ところが、本番での妙可ちゃんのパフォーマンスは口パクで、実際に歌を歌ったのは楊沛宜(ヤン・ペイイー)ちゃんという別の少女だということが判明。沛宜ちゃんは抜群の歌唱力を持ちながらもその容姿が「国益を損ねる」として問題となり、楊さんが舞台に立つことは許されなかったと関係者が説明している。(翻訳・編集/愛玉)
-- (引用終了) --

【<北京五輪・関連>少女らの心とウラハラに、まさかこんなことになるとは!】
実際に歌った女の子も、十分に可愛い子だと思いましたが。口パクした女の子も可愛いけれど、どこにでもいるんじゃないの。子供って、可愛いものなんですよ。隠すものではありません。
-- (引用開始)(Record China2008-08-25 07:54:00) --
2008年8月、北京五輪開会式での「口パク少女」問題は大きな波紋を呼んでいるが、歌を担当していた少女・楊沛宜(ヤン・ペイイー)さん自身も大きな衝撃を受け自傷行為を行っていたことがわかった。20日、担当教員のブログで伝えられた。
8日の開会式では絢爛豪華なショーが繰り広げられ世界中を驚かせた。なかでも注目を集めたのはリン・ミャオコー(林妙可)さんの歌だった。しかし後にリンさんは舞台に登場しただけで、実際に歌っていたのは楊さんであることが明らかとなった。抜群の歌唱力を持ちながらもその容姿が「国益を損ねる」として問題となり、楊さんが舞台に立つことは許されなかったと関係者は説明している。中国国内でもこの是非について議論となったほか、世界各国で華美に飾られた北京五輪の虚飾を示すものとして批判の的となった。
しかしながら同問題で最も深く傷ついたのは実際の少女たちだろう。担当教員のブログによると、開会式に関する番組を見た楊さんは遊び仲間でもあったリンさんたちが登場したことに大喜び。しかし番組は楊さんについて1回も触れることがなく失望していた様子だったという。その翌朝には楊さんの腕には歯形の跡がくっきりと残っており自傷行為に走ったことがうかがえたという。担当教員はブログの末尾に「もう彼女を傷つけないで」と呼びかけている。(翻訳・編集/KT)
-- (引用終了) --

【<北京五輪・関連>口パク少女、五輪知名度ランキングで「堂々」の2位を獲得―米調査会社】
水泳ではそんなにカリスマ性を維持することは難しいでしょうね。
-- (引用開始)(Record China2008-08-23 10:01:57) --
2008年8月22日、米グローバルランゲージモニター社は全世界のメディアを対象にしての五輪期間中に名前が掲載された回数の多い著名人の調査結果を発表した。中国日報が伝えた。
1位に輝いたのは金メダル8枚という前人未踏の記録を打ち立てた水泳のマイケル・フェルプス選手。同社はフェルプス選手がタイガー・ウッズ、マイケル・ジョーダン、ペレ、モハメド・アリに並ぶ伝説的スーパースターになったと評している。
数々の名アスリートを押しのけ2位の座についたのがリン・ミャオコー(林妙可)ちゃん。開会式で話題となった口パク少女だ。同事件がまさに世界的な話題となったことがうかがえる。中国男子バスケ代表の姚明(ヤオ・ミン)選手は3位に屈した。調査では4位にとどまった男子100メートル、200メートルで2冠を達成したジャマイカのウサイン・ボルト選手だが、調査は200メートル決勝前に行われたものであるため、現在では順位が入れ替わっている可能性もある。(翻訳・編集/KT)
-- (引用終了) --

【<北京五輪・関連>商品価値を上げた芸能人が話題に、あの口パク少女も―中国】
開会式、そんなにお金を払うんですか。ほとんどボランティアかと思いましたが。
-- (引用開始)(Record China2008-08-15 12:02:59) --
2008 年8月14日、中国の芸能ネタを紹介するサイト「中国娯楽網」は、五輪効果で一気にその商品価値を上げた芸能人をリストアップした。開会式の総監督を務めたチャン・イーモウ(張芸謀)監督は、2年前の約5倍にあたる2000万元(約3億円)に達したと伝えられている。
開会式で中国の名曲「歌唱祖国」の口パクパフォーマンスを披露した美少女タレントのリン・ミャオコー(林妙可)ちゃんも一気に国民的アイドルに躍り出た。開会式で“歌った”3分間のギャラはなんと60万元(約900万円)。平均すると1分間20万元(約300万円)となるから、驚きだ。
「飛び込みの女王」グオ・チンチン(郭晶晶)選手もアテネ五輪に続く金メダルで、CMなどのギャラ倍増は確実。アテネの時は60万元(約900万円)から100万元(1500万円)クラスにアップしたと見られており、今回はそれ以上が期待される。現在はマクドナルド、バドワイザー、コカコーラなど多数の外資企業のイメージキャラクターを務めている。
そして、聖火リレーの最終ランナーとして聖火台を灯したロサンゼルス五輪体操金メダリストのリー・ニン(李寧)氏。開会式で宙を舞った姿が最高のコマーシャルとなり、自身が経営する「李寧有限公司」の株価は一気に上昇。李氏の個人資産は16億(約240億円)に達したといわれている。(翻訳・編集 /NN)
-- (引用終了) --

【<北京五輪・関連>開会式ソロの美少女、大人気でネット上にファンクラブ―中国】
口パクの子はバリバリのプロだったんですね。で、出演が十五分前に決まったなんて、そりゃー信じちゃいけないでしょう。
-- (引用開始)(Record China2008-08-11 13:52:29) --
2008年8月11日、北京五輪開会式で「歌唱祖国」をソロで歌い、翌日のニューヨーク・タイムズのトップページに登場した9歳の美少女、林妙可(リン・ミャオクー)がメディアの注目を一身に集めている。捜狐網が伝えた。
今回、数千人の中から選ばれたミャオクーだが、最終的には2人に絞られ、ミャオクーの出演が決定したのは、何と登場の15分前。出演前後も緊張した様子は一切見せず、開会式で最も印象に残ったのは、「国旗旗手のカッコいいお兄さんたち」と話す余裕ぶりだったという。
さらに、ステージでミャオクーが着ていたのは、母親が用意した衣装で1着わずか150元(約2300円)。中国メディアによると、ミャオクーは北京市内の小学校に通う3年生で、祖父は著名画家の林[金皆]氏。子役として50以上のCMやポスターに出演し、五輪のキャンペーンフィルムに出演したところ、開閉会式総指揮のチャン・イーモウ(張芸謀)監督に見初められたという。
中国のネット上では、早くも「妙族」というファンクラブが登場。ミャオクーの可愛らしい写真が大量に登場し、大フィーバーぶりを見せている。(翻訳・編集/Mathilda)
-- (引用終了) --

【】
-- (引用開始)() --
-- (引用終了) --



BlogContest3



スポンサーサイト
北京オリンピック | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 海江田万里と日中友好 | home | 北京オリンピック 宴の後の強気 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。