<< 水の自給、食糧の自給 | home | 現代のバベルの塔 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
朝日、毎日の黄昏ですか?
どこの山の中だろう、赤とんぼの大群に囲まれたことを思い出します。読み応えがありましたよ。ぜひお読みください。こちらで週間新潮に飛びます。

週刊新潮20081016

【毎日新聞を「精神的苦痛」で訴えた「司法浪人」】
ROM人さんのwaiwai訴訟について、半ページほど載っています。(P37)
原告のお名前は佐橋宏さん。仮名で載っています。元婚約者とのトラブルがネット上に晒されたことなども載っていますが、陰湿な攻撃、個人情報開示についてはスルーです。まあ、仕方がありませんか。

【変見自在/高山正之】
「ごね得」について、役人のごね得の検証をしています。やはり、天下りシステムは問題がありますね。日教組、単一民族発言については、良識的なコメントですね。異論もあるでしょうが、こんなものでしょう。

【日本ルネッサンス/櫻井よしこ】
「金融危機、日本の価値で打開せよ」です。
早々に三菱とかがお金を出す表明をしましたが、私は早すぎたんだと思います。
日本の価値といいますが海外の標準は「金を出すには魂胆がある」ですからね。なかなか難しいと思います。韓国には金を出さないことを期待しますけれど。

【「朝日」社長メッセージ「毎日」組合報 「大新聞の悲鳴」が聞こえる】
朝日は社内のホームページで、社長のメッセージ。八百万部の攻防のようですが、一時減少するが、具体策も無いのに2020年には戻るという楽観的な見通し。結局、経営陣は、マーケットからのメッセージを聞き取ることは出来ないのですね。
毎日新聞は労組の機関紙でメッセージ。売り上げが二十年ぶりに1500億円を割った。広告売り上げが明らかに減少しているという状況だそうです。
新聞の実売数をJRの駅売りで見ると、ここ一年間で朝日18%、毎日24%、読売17%、産経15%の各社売り上げ減だそうです。全社苦しいでしょう。
昨年からの景気の悪化に伴う広告料の減少は販売店の体力を奪い、「押し紙」を押し付けられなくなりそうです。また、広告の質も落ちてきており、怪しい企業の広告が載るようになってきたと。
新聞そのものの情報発信能力が落ちてきている、存在そのものが疑われてきているということでしょうか。

【福田和也の闘う時評/福田和也】
日本の女性小説家の実力を讃えています。村上春樹のノーベル文学賞期待絡みですけれど。
川上弘美を別格としていますが、江国香織、富岡多恵子、川上未映子の名を上げています。誌面では絲山秋子「ばかもの」を紹介しています。ネタばれになりそうなので読むのを止めました。何か一冊読んでみよう。

【(7)「ネットカフェ出産」まで現れた「野良妊婦」最新事情】
ネットカフェのトイレで出産するケースが実際にあるそうで・・・。妊婦が難民化、病院に飛び込みで出産するとか。分娩のリスクも大きく、費用踏み倒しのリスクまでと病院は踏んだり蹴ったり。お父さんはどうしているんでしょうか・

【(2)「リア・ディゾン」ライブチケット大暴落で「黒船沈没」寸前】
どうしちゃったんでしょう。賞味期限切れですか。事務所の営業方針の誤りのようですが。頑張れ、綺麗なお姉さん。


BlogContest3



スポンサーサイト
息抜き | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 水の自給、食糧の自給 | home | 現代のバベルの塔 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。