<< 韓国マスコミの闇・・朝鮮日報変 | home | 今度の土曜日は映画の日 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
これでもか、バベルの塔
現在建設中のバベルの塔についてご存知でしょうか。「ブルジュ・ドバイ」ってやつですね。先日、それを追い抜くビルが発表されました。拙ブログでも十月七日に取り上げました(現代のバベルの塔)
それと混乱してはいけないのですけれど、もう一本、「企画」が発表されました。

【高さ2.5kmのビル(当然ドバイ)】
-- (引用開始)(GIZMODO Japan) --
申し訳ありませんが、先日世界一とお伝えした約1kmの高さの「Nakheel Tower」のことは、どうぞ速やかに忘れてください。
なんと高さ約2.5kmの高層ビルの建築が計画されていることがわかりました。場所はもちろんドバイ。あまりにも高いので、エレベーターが、垂直方向に時速200kmでぶっとばすという、新幹線みたいなことになっています。ビルの電力消費量も相当になることが予想されますが、そのほとんどを風力、熱エネルギー、太陽エネルギーでまかなうとのことです。
以下、より詳細を説明した写真を置いておきますので、ぜひご覧ください。 
・・ 写真はリンク先でご覧ください ・・
デザインもいけてるし、完成したら度肝を抜く建築物になることは間違いないですね…この金融危機の中で、完成するんですかね…
[Luxury Property via Dark Roasted Blend]
Jesus Diaz(MAKI/いちる)
-- (引用終了) --

身内同士で競り合っていてどうするのでしょう。他国に負けないという見栄っ張りならば理解できますけれど。なんとなく、韓国人にあおられたかの様な感触です、この歯止めの無さは。

そもそも、このようなビルの経済性は極めて悪いはずです。容積に対する表面積が極めて大きく、空調のエネルギー効率が悪いです。風力、熱エネルギー、太陽エネルギーで賄えるのだったら、現在の国際的なエネルギー問題もかなり軽減されますね。エレベータでの移動のコストも相当なものとなるはずです。

それにしても、風力発電が出来るような土地だったら、ビルの強度も相当必要ですね。まあ、遠くから引っ張ってくるのでしょうけれど。・・小さくてよく読めないのですが、風力発電はビルの頭が風車になるんですね。つまり、風をもろに受けるという設計です。世界最大の人工梃子(テコ)ということですか、はぁ。


BlogContest3



スポンサーサイト
息抜き | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 韓国マスコミの闇・・朝鮮日報変 | home | 今度の土曜日は映画の日 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。