<< マスコミの捏造、偏向報道はどうなのよ、毎日さん | home | ちょっと優雅に歌会始 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
正義の毎日新聞が長崎県西海市に鉄拳
毎日新聞、わが身を振り返ることなく、己の正義のみを信じ、西海市市長をマスコミ・リンチにかけました。他人の言い分を聞かないのが体質の毎日新聞が何を言うかです。なぜ市長にそのようなことを言われたかを考え、真摯に反省し、見解を何度も求めるのが常道。それを報道という公器を用い、晒し者にし、リンチにかけようとしているわけです。

市民に対する説明は、毎日新聞経由でなくても出来ます。その方がきちんとした(歪められない)説明が出来ると思われたのでしょう、市長。

そういえば、佐賀県のお隣ですね、長崎といえば。佐賀には、天皇を侮辱した記者がいましたよ。朝鮮にも近く、微妙な地域なんでしょう、きっと。・・ただし、毎日全体はすでに朝鮮新聞。

島じま:市長の責任 /長崎
-- (引用開始)(毎日新聞 2009年1月27日 地方版) --
 西海市が受け入れた外国人農業研修・実習生が不当に働かされていた問題への、同市の山下純一郎市長の対応には驚いた。
 取材を申し込んだ際には、市長は「うそばかり書くところとは話はしない」の一点張り。こちらの言い分を聞くことはおろか、市長としての見解すら示さなかった。
 また市議会に対し、「(制度の理念を理解するような)奇特な人はいない」などと発言。市が国の指針や計画通りに事業を実施しなかったことや、農家の不正を見逃した責任にはほとんど触れなかった。
 入国管理局が複数の農家を処分したことからも、不正があったことは事実だ。不正を繰り返した農家や担当課の言い分を聞くだけではなく、この事業を推進した自治体のトップとして、原因究明と再発防止について市民にきちんと説明する責任があるはずだ。改めて市長に見解を求めたい。【阿部弘賢】
〔長崎版〕
-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
毎日新聞 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< マスコミの捏造、偏向報道はどうなのよ、毎日さん | home | ちょっと優雅に歌会始 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。