<< よき観戦者 | home | キムヨナの意気込み >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
小沢が秘書を切り捨てた・・いつものことだが
結局、この人は、自分のために働いた人を切ることに何のためらいもない。そのような姿を見せても平気というのか、切り捨てたということに気がついていないのでしょう。

  「私自身が、収賄罪等の犯罪に手を染めていたと言うことであるならば」
  「私があたかも犯罪を犯したかのような世間の状況の中で、」


私はやっていないよ宣言ですね。でも逮捕された人がいる。何のために、その人は罪を犯したのか。普通の日本人ならば疑問に思います。植草さんはかばってくれているみたいです。

小沢さんの場合、韓国人秘書の件もあります。政治資金で購入した不動産が個人名義になってしまった件もあります。そんなことに対してマスコミが突っ込まないのはなぜでしょう。橋本龍太郎が中国の女性と関係が有ったとか、随分と突っ込んでいませんでしたか?野党だから良いですか。政権盗ったらどうしますか。

民主・小沢代表 記者会見の要旨
-- (引用開始)(2009年3月24日23時42分 読売新聞) --
 「私自身の政治資金団体を巡る問題で、国民の皆様に心配と迷惑をかけたことを心からおわび申し上げる。
 今月3日に、秘書の大久保(隆規容疑者)が逮捕されて以来、私自身が犯罪を犯したような印象を与える状況の中で、本当に自分自身、悔しい思いと無念の思いを抱きながら必死に耐えて頑張ってきた。
 そのような状況にもかかわらず、仲間の皆さん、そして大勢の国民の皆さんから励ましの言葉を頂いた。私はこの激励がなかったならば、今日まで耐えてくることは出来なかった。
 私自身が、収賄罪等の犯罪に手を染めていたと言うことであるならば、それはどのような捜査でも、どのような処罰でも甘んじて受ける。しかし、自分にはそういう事実はないことを繰り返し申し上げてきた。本日は、その意味で、私の主張してきたことが事実であるということが明らかになったのではないか。
 秘書の起訴の理由を聞くと、(政治資金)収支報告書の記載の仕方についての問題が理由とされている。過去の例を見ても、この種の問題で逮捕、強制捜査、起訴という事例は記憶にない。政治資金規正法の趣旨から言っても合点がいかない。特に衆院選がまさに秒読みの段階に控えている今日において、私の責任の重大さを感じると同時に、自分としては納得できない。
 従って、先程来、役員会、常任幹事会で私の心境を述べた。私は、40年になんなんとする政治生活だが、別に代表の地位や、政権を取って首相(に就任)うんぬんというたぐいのことに何の未練も執着もない。ただ、何としても日本に議会制民主主義を定着させることが、私の自民党を離党して以来の大目標であり、政権交代を実現することで、官僚機構の上に立った自公政権を覆し、本当に国民の皆さんの側に立った政治を実現させる、それが私の最後の政治家としての仕事だ。
 役員会でも、とにかく大目標、大いなる使命を達成するために一緒に頑張ろうという本当に温かいご支援の声を頂いた。民主党の、そして国民の皆さんの期待に応えるよう、今後も頑張って参りたい。そのように決意を新たにしたところだ」
 ――代表続投による衆院選への影響は。
 「プラスかマイナスか、私に判断することはできない。すべて国民の受け取り方次第だ」
 ――衆院選に勝利したら、首相に就任するのか。
 「民主党の代表として、過半数を国民の皆さんにいただいたら、責任を果たすのは当然だ」
 ――西松建設からの非常に多額の献金は、国民感覚で理解できない。
 「大きなお金であることは間違いないが、隠していたわけではないし、使い道をマスコミに全部公開した。あとは主権者の皆様が判断する問題だ」
 ――なぜそんなに政治資金が必要なのか。
 「若い政治家の方々以上にはるかにスタッフもいるし、選挙をはじめいろんなお手伝いもしている。政治活動経費も他の人よりかかっているのは間違いないし、代表として、年長の者としてごく自然のことだ」
 ――涙を浮かべたのは?
 「私があたかも犯罪を犯したかのような世間の状況の中で、多くの国民の皆さんから励ましの言葉をもらった。胸が詰まって不覚の涙ということだ」
 ――WBC決勝戦のイチロー選手のような起死回生のクリーンヒットを打つため、企業・団体献金全面廃止の方針をまとめ、衆院選の争点にする考えはあるか。
 「(私と)同じ名前だが、イチロー選手のような役割を自分が果たせたら、この上ない喜びだ。企業献金にまつわる色々な問題があるとすれば、今回のことも考慮に入れて、やるならばすべて禁止する方策しかない。(全廃が)民主党の総意ということになれば、衆院選の争点になる」
-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
反日 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< よき観戦者 | home | キムヨナの意気込み >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。