<< もうひとつの爆弾・・3月10日 | home | 面白すぎる週刊新潮 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
海の伝道師、シー・シェパード
日本人の目からすると、環境テロリストとしか思えませんが、彼らは真面目なんでしょう。
私が思い出すのは、カソリック教会が理論的裏づけとなって起ったアメリカ大陸での大虐殺です。それとアフリカ、アジア大陸での植民地支配。それを可能とした宣教師団。

ならず者集団なんですが、環境を人質に取ったカルト集団にしか見えません。そのバックグラウンドに、キリスト教があるらしく、本当に一神教のキリスト教は困ったちゃんです。バイブルに鯨が出てくるとは思わないのですが(当然全部は読んでいません)、変に位置づけると、一神教の偏執な性格から譲ることができない。
・・ノアの方舟には、鯨は乗っていないはずだから、鯨は存在してはいけない動物??

シー・シェパードが、一月の違法乗船・拘束に懲りずに、今月に行った、薬品投げつけによる船員負傷、日本大使館不法侵入(駐英国)などが繰り返されるのは、カルトとであろうが信念があるからです。そして、それを後押しする勢力があるからです。

単純ではないが、潰していかなくてはなりません。鯨肉だけの問題ではありません。
海洋資源の問題については、またいつか。



BlogContest3
よろしかったら、クリックしてください。



アクセス解析出会い

スポンサーサイト
大虐殺 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< もうひとつの爆弾・・3月10日 | home | 面白すぎる週刊新潮 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。