<< 祝・20周年(日本編) | home | 朝日が応援した羽生が勝った >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
KYな朝日新聞の謝罪
将棋名人戦で、やりたい放題やって、あとはしれっとしている朝日新聞。謝罪の内容がまたすごい。

観戦記を依頼したが、フリーであると強調したいようですね。名前も出さないし。2ちゃんの情報によると「東 公平」氏。wikipediaによれば、朝日新聞社に観戦記者として入社。「紅」のペンネームで多くの名勝負の観戦記を執筆。バリバリの朝日新聞関係者じゃないですか。

羽生名人のコメントもさりげなく入れているが、きちんと「羽生名人のコメントがありがたい」くらい入れておいてもらいたい。蛙の面にしょんべんという感じの書き方だからね。まあ大朝日帝国にとっては、こんなのは不祥事のうちに入らないのでしょうけれど。

羽生名人が負けていたらどうなったのだろう。首の皮一枚つながった感じだけれど、観戦記者は完全引退となるのでしょうね。お気の毒です。また依頼してくださいよ。

朝日新聞社依頼の観戦記者、名人戦対局中にサイン求める
-- (引用開始)(朝日新聞2009年4月10日21時49分) --
 将棋名人戦第1局2日目の10日午前9時45分ごろ、本社が観戦記を依頼したフリーの観戦記者(75)が、対局者の羽生善治名人に対し、扇子を差し出してサインを求めた。羽生名人は44手目を考慮中だったが、これに応じた。昼休みの休憩中に本社の担当者が観戦記者に厳重に注意した。観戦記者は「うかつだった」と話している。羽生名人は対局後「突然だったのでちょっととまどったんですけど、別に10秒20秒の出来事なので、その後は気になったことはなかった」とコメントした。

■厳重に注意した

 朝日新聞社広報部の話 今回の行為は、対局者に対して礼を失した行為で、両対局者には対局終了後に謝罪しました。また観戦記者には厳重に注意しました。両対局者はもちろんのこと、共催の日本将棋連盟など関係者にご迷惑をおかけしたことを深くおわびいたします。
-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
朝日新聞 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 祝・20周年(日本編) | home | 朝日が応援した羽生が勝った >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。