<< 最高裁の権威失墜 | home | シナと呼ぶな、中国様とお呼び >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
福田前首相が「指揮権」を発動した日 2008年4月26日
実はチンパンジー福田が指揮権発動し、日本人を守らず、中国人の暴動を許した日である。あれから1年、長野に翻った五星紅旗を忘れてはならない。なぜあの時、暴動を許さないという指示ができなかったのだろうか。警察官僚も上司である福田の顔色をうかがっていたからだ。福田があの後に、血を吐くような公開の言葉を吐き、中国に対してクレームをつけたという話は聞かない。五月の初めにはコキントウを日本に迎えたのだから、本当にお花畑の首相だった。

あの時、なぜ日本人を守れなかったか。それは、福田が中国に丸め込まれて日本人としての矜持を棄ててしまったから。あの時に、中国人がどれだけ暴れ、機動隊などともめても抑え込まなかったツケを日本は払い続けなくてはならない。日本は「中国の属国」と宣言した日である。



長野五星紅旗


BlogContest3



スポンサーサイト
反日 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 最高裁の権威失墜 | home | シナと呼ぶな、中国様とお呼び >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。