<< 軟弱ネットカフェ進化論(その1) | home | 最高裁の権威失墜 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
ベンチマークがばれたニダ
チェコ、チャスラフスカのチェコです。相当古いですね。そこで、現代自動車が評価されているようです。しかし、あれだけ日本の会社であるかの様にに振舞っていたのに、ばれて大丈夫でしょうか。

現代自動車のエンブレムは、ホンダのパクリですね。HyudaiだからHを使うのは分かりますが、頭文字が同じでよかったねというほどの、似せたものです。

それから、アメリカでの広告で小錦を用いていたのは現代ではなかったでしょうか。SUMOが日本のものであるのは、分かっているアメリカ人には分かります。どうしてそのような紛らわしいことをするのでしょうか。

中央日報の記事は、日本車と間違われるほど良い車だといいたいのでしょう。車のデザインはよく研究されているようですね、ベンチマーク。日本も、昔の車は欧米とそっくりでした。

「現代車を日本車だと錯覚、広告見て気づいた」
-- (引用開始)(中央日報2009.04.27 09:22:18) --
19日午後、チェコの首都プラハの中央駅。ドイツ・オーストリアと結ぶ交通の心臓部だ。

駅を出ると駅舎の壁に設置された縦横20メートルを超える2つの大型看板が目に引く。一つには「メード・イン・チェコ」と大きく書かれている。その隣には同じ大きさで現代(ヒョンデ)車チェコ工場で生産される「i30」広告がある。この広告は現代車チェコ法人の現地採用者のアイデアで制作されたもので、現地消費者に好評だ。

駅で会ったコフリバさん(29)は「現代車は日本メーカーだと思っていたが、広告を見て韓国車だと知った」とし「技術力の高いチェコ人の手で作られるというので、今後は新車購買候補としてi30を考えたい」と話した。

現代車がチェコ自動車市場で「メード・イン・チェコ」を前面に出して躍進している。今年1-3月期、3685台を販売し、前年比で35%伸びた。チェコ自動車市場が今年10%以上減少していることを考えれば良い実績だ。

チェコ自動車市場は年間14万台程度。昨年、現代車がシェア5%を記録した。今年は「i30」を主軸に7%以上を目標にしている。チェコは自国ブランドのシュコーダのほか、プジョー・トヨタがまず現地工場を設立して市場シェアを確保している。

ベ・ジョングク・チェコ法人長(48)は「チェコ市場は自国企業であったシュコーダがまだ半分以上をシェアを占めるが、‘メード・イン・チェコ・を前面に出して2-3年以内にシェア10%を超えるのが目標」と述べた。
-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
韓国 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 軟弱ネットカフェ進化論(その1) | home | 最高裁の権威失墜 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。