<< 軟弱ネットカフェ進化論(その2) | home | ベンチマークがばれたニダ >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
軟弱ネットカフェ進化論(その1)
真面目に読まないでくださいね。いろいろな目的で利用している人たちがいます。それぞれの視線があります。ですから、私の視線ということです。

【個室は快適です】
漫画喫茶と呼ばれていた時代もありました。いつの間にか、ネットカフェという呼び方が主流になりましたね。私が通いだした頃には、椅子席だけでした。隣の人との距離も極めて近かったです。

その頃、利用者の目的は大きく分けて、マンガを読む人たちと、hotmail(ウェブメイル)を使って母国に連絡を取る人たちの2種類が主流だったようです。あ、私の通っているネットカフェの近所には外国人がたくさん住んでいるんで、ちょっと特殊かもしれません。

ところが、最近はゆったりしたスペースの個室タイプが主流となりました。どうしてなんでしょうか。値段もそんなには変わりません。ただ、長時間滞在者が増えたのでしょうね。夜間の場合、やはりゆったりした個室タイプが快適です。机に突っ伏して寝るのは学校の授業だけで十分です。

【hotmail利用者が減った】
外国人が減った気がします。原因はたぶん、携帯電話の普及です。海外電話も安くできます。IP電話で安く連絡できるのでしょう。ネットカフェに支払う金額よりも安く、しかも音声で、いつでも、どこでも家族、親せきと繋がることができます。

【漫画を読まなくなった】
最初は読みたい漫画がたくさんあったので、ガツガツ読みました。ですから、狭い机席でもただひたすら読み続けていました。しかし、探せばいろいろあるもので、たくさんの隠れ名作ってあるものです。日本の漫画界の奥行きには驚いています。それでも、ガツガツとは読まないですね。個室でひっくり返りながらとか、リクライニングにして時には寝たりして読んでます。元が取れない場合も多々あります。
新しい人たちだと、がんがん読んでいるんでしょうね

【読みっぱなしの人が増えた】
お店の人が後片付けをしている時に、大量の本を抱えているのを見かけます、最近。自分が読んだ本くらい、元に戻してもらいたいんですけれど、日本の常識が崩れていくのが散見されます。

・・ということで、また今度。ごきげんよう。


BlogContest3



スポンサーサイト
読書 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 軟弱ネットカフェ進化論(その2) | home | ベンチマークがばれたニダ >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。