<< 自衛隊は日本国民を守らなくてはならない by 立川市 | home | 夢見る鳩ポッポ >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
鳩山兄、政権は要らないと洩らす
鳩山兄、いつも自分が何をしゃべっているか認識できていない方なんですが、こんなことを言ってよいのでしょうか。民主党代表選挙で、張り切りすぎ。

「天下を取ることは小事に過ぎず、義を貫き背筋を伸ばすことの方が大事である」・・義のために天下を諦めるという意味ですよ。続いた戦国の世を終わらすことにつくしたのが上杉家。その家老が直江兼続。・・どうも鳩山兄は、天下を取るのは当然のことという理解をしているようですな。

それから、戦国時代の愛と、現代の愛は違うと思うのですよ。日本は違いましたが、世界では奴隷制が当たり前でしたし。

官僚に丸投げしないで民主ができるという根拠が全く分かりませんね。小沢の恐怖支配ですか。そういえば、鳩山兄、官僚に踏み絵を行うと言ってましたね。それがその根拠ですか。人権蹂躙ですな、これは。

>>2月9日13時25分配信 時事通信
>> 民主党の鳩山由紀夫幹事長は9日、大阪市内で講演し、同党の政権構想について「どのように官僚政権から国民政権にするかに最大の力を注がなければならない」と強調した。その上で「例えば(各省庁の)局長クラス以上には辞表を提出していただき、政策を遂行してくれるかどうかを確かめたい。発想を切り替えてもらえるなら、また任命することにした方がいい」と述べ、各省庁幹部に「踏み絵」を迫ることを検討する考えを示した。



【ポスト小沢】鳩山氏会見詳報(1)「小沢代表として歩まれた道は決して間違ってはいなかった」(14日午前)
-- (引用開始)() --
一言で私の政策を申し上げれば、友愛社会の建設、愛のある政治でございます。かつて私がそのことを申し上げたときに、中曽根元総理から、ソフトクリームのように甘く、すぐに夏がくれば溶けてしまう、そのように揶揄(やゆ)もされました。果たして、そうでしょうか。今まさに、ご覧のように、弱肉強食、そしてマネーゲーム、強いものが勝てばよい、そんな時代になってしまっています。今こそ必要なのは、まさに友愛、愛の政治でなければなりません。

 大河ドラマで直江兼続がかぶとに愛を掲げて戦った、そのような話が今、有名になっておりますが、その直江兼続が師と仰ぐ上杉謙信の言葉がございます。「天下を取ることは小事に過ぎず、義を貫き背筋を伸ばすことの方が大事である」。まさに、その通りだと思います。天下を取ることは小事に過ぎません。私は愛を貫き、背筋を伸ばすことの方がよほど大事だと、そう申し上げたい。

 すなわち、愛のあふれたりんとした国家を建設することでございます。なぜ今、その対極になってしまっているのか、それは長期自民党中心の政権が続いた結果、政策は官僚に任せ、一方の自分たちはポスト争いに興ずる始末。結果として愛の乏しい国民との接点のない政策が続いてしまったのでございます。

 今、私たちは、官僚中心のまさに官僚起点の政治から生活者、納税者、あるいは地域の皆さん方の起点に立った政治というものを行わなければなりません。それはまさに、革命として大きな事業だと思います。私たちは今、道半ばでございますが、新たな道をつくり出すこと、大変、至難の業ではありますが、多くの国民の皆様方のご協力をいただければ、必ず官僚政治から国民中心の政治に大きく大転換することができる、そのように思っています。

 そのためには政権交代が必要でございます。そして、そのためには挙党態勢が望まれております。そのために一身をささげる決意をきょう申し上げ、私の代表選出馬の決意表明といたします。ありがとうございます」

-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
売国 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 自衛隊は日本国民を守らなくてはならない by 立川市 | home | 夢見る鳩ポッポ >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。