<< 北朝鮮応援団(その3) | home | 北朝鮮応援団(その1) >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
北朝鮮応援団(その2)
今朝の朝ズバッでも、麻生さんへの批判が集中しています、「首相が限界と言ってはいけない」と。方向が違うよ。

限界を超えているのは、また朝日が変な質問をするということ。国際社会が甘やかしているうちは、北朝鮮を止めることはできないと答えたら、どういうことになるのでしょう。とりあえず言えませんよね。麻生総理のお話は一応のつぼを押さえていませんか。

北朝鮮は、国際社会に核保有国としての認定と、権益をもらいたいということです。恫喝の道具として使う認定を求めているのです。

で、今回本当に脅威に感じているのは日本ではなく、韓国でしょうね。

北朝鮮核実験「NPTに対する重大な挑戦」 5月25日午後4時45分ごろ~
-- (引用開始)(毎日新聞05-25) --
 ◇北朝鮮核実験

Q:よろしくお願いします。フジテレビです。まずは北朝鮮についてです。北朝鮮が核実験を行ったと発表しました。まず総理の受け止めと日本政府の今後の対応をお願いします。

A:北朝鮮が核実験を実施した、と発表しております。北朝鮮による核実験というものはPRP(秘書官がNPTに訂正)、核不拡散体制に対する重大な挑戦であって、安保理決議に明確に違反をいたしております。断じて容認できるものではない。

 これは国際社会が一致して対応していかねばならないという大事な局面だと思いますんで、既に安保理の緊急招集というものを要請を致しております。多分、日本時間の明日未明に開催されると存じます。

 先ほど李明博(イ・ミョンバク)韓国大統領とも電話の……電話で会談をしていますけれども、今後、日韓もちろん日米韓で緊密に連絡をして、毅然(きぜん)とした態度で対応していかねばならんとこだと思っています。日本としては今、5時30分に安保会議を招集してるとこです。
 ◇制裁措置

Q:そのですね、明日開かれる緊急会合なんですけれども、日本政府としては……。

A:緊急会合っていうのは?

Q:国連安保理の今回のことを受けて明日未明にも行われるという会合なんですけれども、日本としてはその場で追加の制裁を求めていくと、制裁決議を求めていくということでよろしいでしょうか。

A:今回の核実験は安保理決議、この前行われた安保理決議への明確な違反。従って安保理決議を求めていくのは当然です。

Q:日本独自の制裁についてはどうお考えでしょうか。

A:今回の核実験を実施したというのがきちんと確認をしたうえで、我々としてはどのような対応をしていくかを検討します。まずは国連安保理の話からスタートさせていくのが順当なとこだと思っています。
 ◇周辺事態の認定

Q:朝日です。今回の事態を受けて周辺事態を認定する考えはあるかどうか。

A:我々として今の状況は極めて地域の緊張感を高める事態だと思っていますけど、直ちにこれが周辺事態法に適用すべきものかについては、そうは考えていません。
 ◇核実験を止められない理由

Q:総理、朝日ですが、これで2度目の核実験になるわけですけれども、北朝鮮の核実験を国際社会がこうやって止められないのはどうしてだと思いますか? 一方であの……。

A:どうしてだと思いますか? 私に答えられる限界を超えています。
-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
売国 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 北朝鮮応援団(その3) | home | 北朝鮮応援団(その1) >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。