<< ありがたや、魏志倭人伝 | home | 保守の敵は保守 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
楽天、新興企業の哀しさ
経済的行為ですからね、何が悪いのでしょうか。産経新聞の記事を見ている限り、何の問題もございません。ただ、産経には書いてないけれど、こんな文章が出回っていますけれど。

 「既に完売してらっしゃいます! すごい勢いで売れていますね! 650円で仕入れたマスクが2万ちょいで売れているらしいですよ」(楽天から届いたメールの文面)

 「昨日、600万売った店舗さんもレディースファッションの店舗様です! カテゴリーなんて関係ありません! 配送は20日先になっても構いませんので、とりあえず注文をとって、売りましょう、商売はタイミングとスピードです!」(楽天から届いたメールの文面)

で、 楽天の広報室は、次のように答えているようです。
 JNNの取材に対して、「地域によるマスクの偏りを是正するのが私たちの目的。ネット上で買えば、店で並ぶより感染拡大を防止することもできる」とした上で、その表現についても、「文面が過激だとすれば、相手がプロの加盟店だからで、特に問題はないと考えている」と話しています。

楽天の広報室の答えはどこに行ったのでしょうか。信念を持って答えたのに、上が否定してしまったということでしょうか。

そもそも、楽天に社会的責任を求めることが無理なのです。真っ当な企業だったら、適正な価格で売ることを求めたでしょう。そこが新興企業の哀しさ。人材の薄さです。楽天が今後どう発展して行くかは人材の入れ替わりが鍵を握るでしょう。それにより、ダイナミズムが失われる可能性も大きいのですけれど。

「日商○万円の店がゴロゴロ」楽天、マスク仕入れ推奨で謝罪
-- (引用開始)(産経新聞2009.5.27 12:32) --
 楽天市場の出店店舗に対して、楽天がマスクの積極的な仕入れや販売を推奨していたとの一部報道について楽天は26日、コメントを発表した。事実を認めた上で、新型インフルエンザが広がる中でマスクが不足している地域があると説明。マスクの仕入れや販売を推奨したのは、「インターネット販売の特性を活かし、マスクの在庫がある地域から、入手が困難な地域にマスクを円滑に流通させるため」だとしている。

 その一方で、楽天が出店店舗へ送ったサポートメールには、「不適切で品性に欠ける表現が含まれていた」と説明。同社は、マスクが不足している地域へ円滑に商品を届けたいとの思いで営業活動を進めてきたとしているが、「行き過ぎた行為」により店舗や楽天グループのサービス利用者に不快な思いをさせてしまったとして謝罪している。

 楽天が店舗に送ったサポートメールとして一部報道では、「ここ何日かでマスクを売っている店舗様は、なんと日商1000万円以上売れているそうです。日商5000円以下の店舗様が600万円以上売ったとか。そんな店舗様がゴロゴロ、すごいですね」などの文面を紹介している。

 楽天は今後、出店店舗へのサポートメールについて適切な表現を徹底するとともに、原因追及を進め防止策などの改善案を適宜伝えるとしている。
-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
売国 | トラックバック(0) | コメント(1) |permalink
<< ありがたや、魏志倭人伝 | home | 保守の敵は保守 >>
コメント
ろくでもない話しですね。人の命を売り買いする気持ちなのでしょうか?
ろくでもない話しですね。人の命を売り買いする気持ちなのでしょうか?

マスコミ出身の僕は、ソウルの総合商社に取材をかけて、「マスクを日本語で格安個人輸入する方法」を教えてもらいました!! 感染が広がっていないソウルには、在庫があるそうです。僕のブログでアップしましたので、よかったら参考にしてみてくださいね。

それと、「たいしたことのない話」「騒ぎすぎ」と報道する一部マスコミやコメンテーターの情報が、間違っていることも突き止めました。良かったら、見てくださいね。
2009/05/27 Wed| URL | 道産子
[ 編集 ]
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。