<< ウイグル漢人(?)暴動 | home | 産経新聞、六四事変 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
買い物籠はいつ無くなった
近頃はエコバッグという名称で復活しているようですが、昔は買い物籠を下げて買い物に行くのが当たり前でしたね。いわゆるレジ袋など有りませんでしたから。スーパーが普及したのは昭和四十年代(?)でしょうか。その頃から徐々に(?)か一気に(?)か無くなってしまったようです。それ以前は、八百屋、果物屋などでは、新聞紙でくるむことはあっても、籠持参で行くのが当たり前でした。

レジ袋はゴミ捨てに便利だったのですけれど、十何年か前、燃やすと有害ガスが出るということで、地方自治体推奨の大きな袋に変えられたような記憶があります。私の友人は、推奨の袋は珪酸カルシウムが入っており、燃やしてもゴミが増えると怒っておりました。化学に疎いので分からないのですけれど。

レジ袋は有害という事で、石油化学業界の一部で工夫をしたと思います。コンビニのレジ袋に「焼却しても・・・有害ガスは発生しません」と書いてあったりします。それでも、ごみ収集のシステムとか、いろいろな絡みで以前のような脚光を浴びることにはならなかったかな。で、エコロジーというイデオロギーが幅を利かしてきた最近では、レジ袋はすぐに捨てられるものであり、自然に優しくない、使うべきでないという考えが出てきました。使用量抑制のために、スーパーでも有料化をするという手段を取るようになりました。何らかの態度を示さないと、祭りになってしまうような「ファッショ」なのはイデオロギーたる所以でしょう。

では、レジ袋を止めるとどうなるのでしょうか。資源の有効活用になるのでしょうか。どうもそうでも無さそうというのこの問題の根の深さです。レジ袋の原料の大元は原油です。原油の中から、必要な成分を取り出します。取り出すといっても、ガソリンが欲しいから、全部ガソリンにするわけにはいきません。いろいろな成分を抜き取っていき、最後には残渣という形になります。つまり、利用価値の無い成分が残るわけです。レジ袋は、以前は残渣と言われていた成分を利用して作られているという
のです。つまり、資源の有効利用にレジ袋は貢献しているのです。

この構造は「割り箸」によく似ています。割り箸は無駄でしょうか。間伐材を用いて割り箸を作れば、資源の有効活用となります。また、森林を育てる人に資金が還流する良い手段です。太い木材が欲しいから、太い木材だけを採るとバランスが崩れます。それこそエコロジー(生態系)を知らない人の、机上の空論です。ですから、割り箸も、レジ袋も、もうイデオロギーです。信念(思い込み)に基づいた行動ですから、冷静な判断が出来なくなります。それに反対することには、議論さえ許さない風潮を作り出します。学生運動が盛んな頃には「ナンセンス」と連呼すれば簡単に言論を封じ込めた頃とダブります。

議論さえ許さないテーマというのは他にもあります。牛乳の紙パックです。資源利用の最もシンボリックなものですね。再利用をするのは良い事です。ここで疑問に思ったことは、紙パックを回収前に水で内部をすすぐかどうかです。気持ちとして、綺麗にしたいですね。コーラ、お茶のペットボトルもすすいで再利用に回しています。ただ、牛乳は油脂分を含んでおり、その油脂を下水に流してよいかという問題があります。その質問に、回収推進派は、とにかくすすいでくださいとしか答えていなかった記憶があります。それ以上の議論は許さないのです。分からない事を分からないと言わないのです。

良く考えると、再利用する場合は熱をかけるなりしますから、すすぐこと自体にはたいした意味は無いと思います。空き瓶回収の場合、空き瓶の中は良く洗いますよね。中が綺麗であるということは期待できないからです。・・まあ、牛乳パックの場合、複雑な計算をしたのかもしれませんけれどね。

最近、私が聞かなくなった言葉として、「ダイオキシン」、「環境ホルモン」というのがありますが、お聞きになりますか。


BlogContest3



スポンサーサイト
息抜き | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< ウイグル漢人(?)暴動 | home | 産経新聞、六四事変 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。