<< 東京裁判をどう思いますか。 | home | 小沢一郎、中国を独裁国家認定 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
鳩山兄、八紘一宇、大東亜共栄圏を唱える
鳩山兄、友愛の精神で頑張っております。いわゆる大東亜共栄圏を唱え始めたようです。しかし、国を丸ごと中国様に差し出すような提案ですね。ナショナリズムは無くなるものではないし、世界をブロック化して、世界と対立しようという考えですね。

日本が戦前、台湾、韓国を育てる気持ちで接したのに対し、アジアの盟主を気取る中国は、チベット、ウイグルで今何をしているかを知らないのだろうか。それが明日の台湾、明後日の日本となることを考えたことは無いのだろうか。

幕末の武士は、アヘン戦争の結果を知って、国を割ることのおろかさ、富国強兵の大切さを知ったのに。情報過多の現在で、鳩山は何を理解しているのだろうか。


-- (引用開始)(引用元を忘れました) --
民主党の鳩山由紀夫代表が10日発売の月刊誌「Voice」9月号に、「私の政治哲学」と題した論文を 寄稿していることが6日、分かった。鳩山氏は持論の「友愛」について「われわれが目指す
『自立と共生の時代』を支える精神」と強調。「友愛が導く国家目標」として、「東アジア共同体」の創設を挙げ、 アジア共通通貨の実現を訴えている。

鳩山氏は「米中両国のはざまで、日本はいかにして国益を守るのか。これはアジアの中小規模国家が思い悩んでいるところだ」と提起。「各国の過剰なナショナリズムを克服し、経済協力と安全保障のルールを創り上げていく道を進むべきだ」として、東アジア地域で恒久的な安全保障の枠組みを構築し、共通通貨をつくるべきだと提案した。

地方分権に関しては、「『地域主権国家』の確立こそ『友愛』の現代的政策表現だ」と強調。地域経済の再生に向け、基礎自治体(市町村)への権限移譲を進めるとした。
-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
売国 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 東京裁判をどう思いますか。 | home | 小沢一郎、中国を独裁国家認定 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。