<< 神のいる場所 | home | 日本も「東海」と呼び始めたニダ >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
中国の日本天領化3大政策(その一)
どうも日本のおかれた状況を理解されて無い方々が多いようなので、さっくり書いてみましょう。

中国の日本天領化3大政策
ロシア政治経済ジャーナル(RPE) 2009/7/23号を参考にしました。
1、中国人の日本移民をすすめる
2、在日外国人に参政権を与える政策をすすめる
3、東アジア共同体をすすめる


この三つを強力に推し進めようとしている政党は、正真正銘の売国奴政党です。

【1】中国人の日本移民を進める

なぜ問題かというと、3K移民だからです。単純労働で、付加価値を生み出さない移民です。出稼ぎかも知れませんが。少子化で、労働力が不足する、経済が縮小し、国の借金が返せなくなるとか理屈はつけていますが、そんなものはなるがままにさせておけば良いのです。

3Kの仕事は日本人でやらなければなりません。言い方は悪いですが、3Kの仕事しか出来ない人は居るのです。水商売しかできないお姉さんも居るのです。自国の需要は自国で賄うべきです。鳩山兄も、あと何年かしたら、「中国から来てもらった人たちに、3Kの仕事をやらせていたら友愛が成り立ちません。良い仕事、良い給料を与えなくては日本が世界から非難される。」と言い出すでしょう。

そのとき、中国服従の鳩山のやることは、日本人から仕事を奪うことです。すでに奪われているのですけれどね。

中国人労働者を入れたら、経済は逆に縮小します。安い労働力で日本人の仕事を奪っているのですから。同一労働、同一賃金という名の下に、日本の3K労働者の賃金が下がります。現に、仕事は奪われるし、賃金は下がるし、ろくなことは行っていないのです。

失業率はどうでしょうか。RPEから引用しますよ。

移民をたっぷり受け入れている欧州・アメリカ・ロシアでは、どこも失業率が10%に迫る勢いです。移民をあまり受け入れていない日本では5%ちょい。ちなみに欧州では、景気がいい時でも7%くらいの失業率は普通。皆さまもご存じのように、欧州でも少子化が深刻です。

マスコミは、このことを時々報道するだけで、ほとんどの場合黙っています。なぜでしょうか。

少子化って本当に悪いことでしょうか。それさえも議論されていません。日本のGDPは、中国に抜かれるに決まっています。十倍以上の人口がいるのですよ。借金ですか、それはほとんどが国民からの借金で、まあ何とかなりますよ。

3K移民を受け入れたらどうなるでしょうか。彼らが合法的に生活の拠点が増えたら、所帯を持ちます。子供が出来ます。教育が必要となります。で、学校はどうしますか。日本政府が作らなくてはなりません。で、何語で教えますか。日本語で大丈夫ですか? 一緒になった日本人生徒は、外国人の日本語レベルに引きづられて、きちんとした教育を受けられていないのが現実です。そうなると、日本人がそのエリアから出て行きます。地価も下がり、逆に中国人のなすがままとなるわけです。租界地が拡大します。

結局、中国人用と日本人用の二重の教育システムが必要となります。それは費用の問題だけでなく、日本国民の二分化を引き起こします。そのうち、中国語を役所が受け入れなくてはならなくなりますが、どうしますか。法律も日本語だけでなく用意しなくてはなりません。日本語、中国語、どちらが正本ですか。

疲れました。ここいらで休憩。その二を作りましょうね。


BlogContest3



スポンサーサイト
売国 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 神のいる場所 | home | 日本も「東海」と呼び始めたニダ >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。