<< サカタのタネの株主総会に行ってきた(その2) | home | 分配の経済学しか持たない民主党 >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
サカタのタネの株主総会に行ってきた(その1)
私はサカタのタネの株主である。タネは農業の基本であり、国の基本であるから、陰ながら応援するつもりで株を持っている。夏休みを一日取り、ぶらりと出かけた。出席は去年と今年の二度目。去年は感じなかったのだが、総会開始前にやたら「撮影、録音はご遠慮ください」と聞こえてきた。去年もそうだったのかもしれないが。

録音しておけば良かったなあというのが総会後の実感である。それほど「不様」な総会であった。

その前に、私もいい加減な応援団であり、ある株主が質疑応答時に言うまで知らなかったのだけれど、「穀物の種は扱っていない」である。どうやら資金、遺伝子、その他に相当な壁があり、できないようである。そういう意味で、日本の本当の農業を支える会社でないということに気がついた。>おせーよ、俺。

気になったのは、回答時に覇気がないのである。やっていない事実はともかく、回答に元気がない。ネガティブなんだ、とにかく。穀物をやっていないことに、相当な引け目を感じているのだろう、たぶん。


BlogContest3



スポンサーサイト
息抜き | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< サカタのタネの株主総会に行ってきた(その2) | home | 分配の経済学しか持たない民主党 >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。