<< チベットの騒乱僧侶は中国の便衣兵?? | home | 大丈夫か、日本経済?? >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
日本人を愛せない日本人
ちょっと古いねたで済みませんが、どうしても・・・

餃子事件で中国製の食材が売れなくなってきました。生協が震源(?)でしたので、注目されていますね。

生協って、昔は無添加、無着色などをうたい、生活者の味方というアイデンティティを誇っていましたね(事実は知りません)。おかげさまで、大学の生協では、赤くない福神漬けを食べさせられました。最初は、戸惑いましたが、赤いという先入観を取り除けばどうということもありませんでした。

北海道の、コープさっぽろ、中国産の販売を取りやめるらしい(?) 取りやめるとは書いてないですね。

-- (引用開始) --
北海道新聞より(3/6)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/economic/79906.php

コープさっぽろ 韓国公社と提携 食材販売強化(03/06 06:36)
 生活協同組合コープさっぽろ(札幌、大見英明理事長)は五日、韓国の政府系機関で海外市場の開拓を手掛ける韓国農水産物流通公社と、業務提携することで合意した。同公社が韓国産農水産物の人気商品や売れ筋に関する情報を提供、コープさっぽろは販売情報として活用し韓国産品の取り扱いを拡大する。十二日に東京都内で調印式を行う。

 コープさっぽろは二〇〇五年から毎年秋に同公社の協力を得て、水産物や野菜、調味料などを即売する韓国フェアを開催。数日間の開催で千三百万-千五百万円と順調な売り上げを確保したことから、通年で韓国食材の販売を強化することにした。

 都府県と比べると道内はキムチなど韓国食品の消費が少ないとされることから、同公社は北海道への売り込みに力を入れてきた。同公社の李鍾堅(イチョンギョン)東京支社長は「料理教室やイベントも積極的に開きたい」。コープさっぽろも「韓国とのパイプを太くして韓国食材の浸透を図りたい」としている。
-- (引用終了) --

国産に切り替えると思いきや、韓国に行きましたね。韓国も「餃子問題」があるのですけれど、ご存じないのでしょうか。中国毒餃子に、韓国のごみ餃子。

生協には、日本での製品開発を行う気はないのでしょうか。やはり、うわさどおり共産党のための、就職斡旋組織、集金組織なのでしょうか。仮にそうだとしたら、やはり共産党は日本人なんてどうでもいいんですね。

BlogContest3
よろしかったら、クリックしてください。



アクセス解析出会い


スポンサーサイト
未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< チベットの騒乱僧侶は中国の便衣兵?? | home | 大丈夫か、日本経済?? >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。