<< 金大中大統領の晴れ姿を見よ | home | イチロー、殿堂入りニカ >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
南京から無事生還した父親
何で地方議会で歴史認識を問う質問が、・・そのことはさておいて、河村たかしって結構しっかりしているんですね。親父さんの話が、この人の原点にあるのでしょう。どんな理屈をつけても、理屈のほうが負けると思います。

河村たかし元衆議院議員の質問趣意書
同政府答弁書

政府の答弁書を読んでもよくわからないのですが、「非戦闘員の殺害または略奪行為等があったことは否定できないと考えている」とは書いてありますが、「便衣兵」のことかも知れませんし。

そもそも、包囲された段階で、市民を人質にとった行為は中華民国軍のルール違反。オープン・シティとするのが戦闘ルールだったと聞いていますが。便衣兵はテロリストですし。

河村・名古屋市長:南京大虐殺「誤解だ」 議会で「30万人ありえぬ」
-- (引用開始)(毎日新聞毎日新聞 2009年9月15日 中部夕刊) --
 名古屋市の河村たかし市長は15日開かれた市議会9月定例会の一般質問で、1937年の南京大虐殺事件について、30万人以上が死亡したとする説について、「当時の南京の人口より多いので絶対違う」と否定し、「一般的な戦闘行為はあったが、誤解されて伝わっているのではないか」などと述べた。

 河村市長は「おやじは終戦を南京で迎えた。南京の人に本当に優しくしてもらい、名古屋に帰ることができたと言っていた。30万人の虐殺があったら8年後に南京の人が優しくしてくれるのか」と疑問視。「一般的な戦闘行為で市民が亡くなったことはあった。捕虜収容所で放火があって市民が亡くなったり、残っている日本人を逃がそうとして銃撃戦になり、市民が亡くなった。そういうものが誤解されて伝わっているのではないか。事件そのものについて日中友好のためにきちんと検証し直す必要がある」となどと述べた。

 東郷哲也議員(自民)の市長の歴史認識を問う質問に答えた。

 河村市長は議会後、発言の真意について「日中友好を深めるため、正確なことを調べた方がいい。(死者数は)30万人説があれば、25万、3万もある。国会議員時代にも質問主意書を出している」などと語った。

 河村市長は著書の中で、「南京大虐殺は国民党のプロパガンダだったかもしれないとか言っていると、『河村たかしは陰謀史観』とかいう声が聞こえてくる。ワシは特別変わったことを言っているわけではない」などと記している。

 衆院議員時代の06年には、政府に対し「いわゆる南京大虐殺の再検証に関する質問主意書」を提出。教科書などに「市民や捕虜の殺害」などが記載されている根拠や、政府見解を改めてただした。当時の小泉内閣は「1937年の旧日本軍による南京入城後、非戦闘員の殺害または略奪行為等があったことは否定できないと考えている」と答弁書を出した。【月足寛樹、丸山進】
-- (引用終了) --


BlogContest3



スポンサーサイト
息抜き | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 金大中大統領の晴れ姿を見よ | home | イチロー、殿堂入りニカ >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。