<< 台湾の次は日本 | home | チベットの騒乱は、便衣兵により起こされたようだ >>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |permalink
さて、胡錦濤をどう歓迎するか
チベットの件で、胡錦濤訪日へのインパクトがあるかどうか、中国のスポークスマンがないと言ったことを、日本の官房長官が追認していませんでしたか??

ということで、避けることができないようです。困ったことは、国賓級待遇だそうで、そうなると、天皇陛下が面会されるとの事です。天安門のときに、中国に対する免罪符として利用されてしまった天皇陛下。また再び利用されるのでしょうか。

餃子を投げつけようにも、そばによることもできないでしょう。
・・近づくための、便衣兵を配置できるかなあ??
チベットの国旗で歓迎するというアイデアもあります。
これについては2ちゃんへのリンクをたどってください(次の行です)。
「胡錦涛をチベット国旗で歓迎しよう!」 ネット発「中国抗議行動」活発化

胡錦涛のそばで、みんな道端で寝てしまうのはどうだろう??

福田が首相である限り、胡錦濤を最上のおもてなしとするのでしょうが、天皇陛下が雅子る事を期待します、不敬罪といわれても。

BlogContest3
よろしかったら、クリックしてください。



アクセス解析出会い


スポンサーサイト
息抜き | トラックバック(0) | コメント(0) |permalink
<< 台湾の次は日本 | home | チベットの騒乱は、便衣兵により起こされたようだ >>
コメント
コメントする

管理者にだけ表示
この記事のトラックバックURL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。